全般

Q: Amazon AppFlow とは?

Amazon AppFlow は、Salesforce、Marketo、Slack、および ServiceNow などの Software-as-a-Service (SaaS) アプリケーションと、Amazon S3 や Amazon Redshift などの AWS サービスとの間で、たった数回のクリックでデータを安全に転送できるフルマネージド統合サービスです。AppFlow を使用すれば、スケジュール、ビジネスイベントへの応答、またはオンデマンドで、ほぼすべての規模において選択した頻度通りにデータフローを実行できます。AppFlow には、マッピング、マージ、マスキング、フィルタリング、および検証などの強力なデータ変換機能が搭載されているため、追加の手順なしで、フローの一部としてすぐに使用できるデータを豊富に生成できます。AppFlow は、動作中のデータを自動的に暗号化し、ユーザーが AWS PrivateLink と統合されている SaaS アプリケーションのパブリックインターネット経由で流れるデータを制限して、セキュリティ脅威への露出を減らします。

Q: AppFlow のメリットは何ですか?

AppFlow は、お客様が多大な時間を投資し、高度なスキルを持つ開発スタッフが SaaS アプリケーションとのデータを交換するために AWS のサービス向けにカスタム API コネクタを構築および維持するタスクから解放します。SaaS アプリケーション管理者とビジネスアナリストは、IT 部門が統合プロジェクトを完了するのを数か月待つことなく、必要なほとんどの統合をすばやく実装できます。具体的には、次のようなメリットがあります。

  • スピードと俊敏性: Amazon AppFlow を使用すると、数分でアプリケーションを統合できます。カスタムコネクタをコーディングするために数日または数週間待つ必要はもうありません。データのページネーション、エラーのログ記録、ネットワーク接続の再試行などの機能がデフォルトで含まれているため、コーディングや管理は必要ありません。Amazon Appflow にはデータフロー品質が組み込まれており、マスキング、マッピング、マージ、フィルタリング、および検証をフロー自体の一部として行うことで、データのフローを強化できます。
  • プライバシーとセキュリティ: AppFlow は、保管時および転送時にデータを暗号化します。AWS 管理キーでデータを暗号化するか、独自のカスタムキーを持ち込むことができます。また、AWS PrivateLink で有効になる Amazon VPC エンドポイントを使用して、パブリックインターネット経由でデータが流れるのを制限することもできます。これにより、インターネットベースの攻撃による脅威と機密データの漏えいのリスクが最小限に抑えられます。
  • スケーラビリティ: AppFlow は、リソースを計画またはプロビジョニングする必要なく簡単にスケールアップできるため、大量のデータを複数のバッチに分解することなく移動できます。Amazon AppFlow を使用すると、1 つのフローを実行しながら、何百万もの Salesforce レコードや Zendesk チケットを簡単に転送できます。
  • 信頼性: AppFlow は、冗長性のある分離されたリソースを含む可用性の高いアーキテクチャを使用して、弾力性のある AWS インフラストラクチャ内で実行している間に単一障害点が発生するのを防ぎます。

Q: AppFlow の使用を開始するにはどうすればよいですか?

AWS マネジメントコンソールに移動し、[Service] メニューから [AppFlow] を選択します。これにより、AppFlow ホームページが起動します。認可された IAM ユーザーは、以下の手順を使用してフローを作成および設定できます。

  • データソースと宛先を接続する – フローに名前を付け、統合アプリケーションのソースと宛先のリストから選択して開始します。
  • データフロートリガーを選択する – オンデマンドフローはすぐに 1 回実行されます。スケジュールされたフローは指定された間隔で実行されます。イベントベースのフローは、販売機会の創出やサポートチケットのステータス変更などのビジネスイベントに応じて実行されます。
  • ソースフィールドを宛先にマッピングする – AppFlow 内でフィールドマッピングを設定するか、フィールドが多数あるデータセットの場合は、バルクフィールドマッピングを含む csv ファイルをアップロードします。必要に応じて、財務上の機密情報のマスキングや姓と名の組み合わせなど、データフィールドの変換を追加します。
  • データフィルターと検証を追加する – 新しいデータフィールドや選択したデータフィールドのみをフローに含めるといったオプションのデータフィルターを追加したり、数値フィールドに数値が含まれていることを確認するといった検証を追加したりします。
  • 終了 – [Create Flow] をクリックすると、設定したトリガーに基づいてデータのフローが開始されます。ダッシュボードを見直して、いつでもデータフローを確認し、トラブルシューティングを行うことができます。

AppFlow は、データソースとデータターゲットの間でデータを転送し、選択した変換を実行して、処理をモニタリングします。AppFlow は、AWS PrivateLink、AWS KMS、Amazon CloudTrail などの基盤となる AWS のサービスと統合し、自動化、セキュリティ、モニタリングを行います。

Q: Amazon AppFlow では AWS のどのようなサービスがサポートされていますか?

リリース時にサポートされているサービスには、Amazon S3 と Amazon RedShift などがあり、今後も勢いそのままにサービスを追加していきます。

Q: Amazon AppFlow を使用して設定できるフローは、たとえばどういったものですか?

AppFlow は、独自のフローを設定する柔軟性を提供します。フローの例には次のものがあります。

  • Amazon S3 で Salesforce オブジェクト (つまり、機会、ケース、キャンペーン) のコピーを作成します。
  • Zendesk から Amazon Redshift テーブルにケースチケットを送信します。
  • レコードを Amazon S3 の CSV ファイルから Salesforce アカウント、連絡先、またはリードオブジェクトにプッシュします。
  • リードスコアやアカウントチャーンリスクスコアなどの結果を Amazon S3 から Salesforce に転送します。

Q: フローに使用できるトリガーメカニズムは何ですか?

ビジネスイベントやスケジュールに基づいて、オンデマンドでフローを実行できます。

  • オンデマンド: 「Run Flow」をクリックして一括転送またはテストを実行するとすぐに、データフローをオンデマンドで実行します。
  • イベントベース: 販売機会の作成、サポートチケットのステータスの変更、または登録フォームの記入などのビジネスイベントに応じてデータフローを実行します。
  • スケジュールに合わせて: データの同期維持のために選択した時間間隔でルーチンスケジュールに合わせてデータフローを実行するか、定期的にフローを実行します。
Q: AppFlow にはサービスレベルアグリーメント (SLA) はありますか?
 
A: はい。AWS では、月ごとの請求期間中、それぞれの AWS リージョンで少なくとも 99.99% の月間稼働率で AppFlow を利用できるよう、商業上合理的な努力を払っています。詳細については、 AppFlow サービスレベルアグリーメントをご確認ください。

SaaS 統合

Q: 今日、私の SaaS アプリケーションでパブリック API を利用できますが、AppFlow はどのような付加価値をもたらしてくれますか?

開発者は SaaS アプリケーションのパブリック API を使用してデータをプルまたはプッシュできますが、AppFlow は、さまざまな SaaS アプリケーションのコードを記述したり、API ドキュメントを学習したりしたくないお客様誰しもが一連の一般的な統合タスクを実装できるようにすることで、お客様は時間を節約できます。AppFlow は、カスタムコネクタに代わるフルマネージド API 統合サービスです。AppFlow はフローを調整および実行するためのコンピューティング、ストレージ、およびネットワーキングリソースをプロビジョニングします。SaaS アプリケーションの API 認証を管理し、アクセストークンと API キーのライフサイクルを管理するとともに、フローの一部としてデータを処理します。

Q: ソースおよび宛先としてサポートされている SaaS 統合は何ですか?

AppFlow は、Amazon S3、Salesforce、Marketo、Zendesk、Slack やその他多くのソースをサポートしています。フローの宛先として、Amazon S3、Amazon RedShift、Salesforce、Snowflake をサポートしています。詳細については、AppFlow 統合ページにアクセスしてください。

Q:AppFlow で別の SaaS 統合をサポートしてほしいと思います。それをリクエストする方法を教えてください。

SaaS ベンダーの名前とユースケースを当社までご連絡ください。

Q: 私は SaaS ベンダーです。AppFlow と統合したいと考えています。どうすればよいですか?

当社は常に新しい SaaS ベンダーのサポート対象に加えることに関心を持っています。お客様がお求めのユースケースを当社までご連絡ください。こちらで検討させていただきます。

プライバシーとセキュリティ

Q: AppFlow と SaaS アプリケーションを接続するには AWS PrivateLink が必要ですか?

いいえ。AppFlow は、AWS PrivateLink が有効になっていない SaaS アプリケーションのパブリック API エンドポイントと統合します。

Q: 暗号化キーを設定するにはどうすればよいですか?

AppFlow を使用すると、データは保存時および転送時に常に暗号化されます。デフォルトでは、AppFlow は暗号化に AWS マネージドのカスタマーマスターキー (CMK) を使用します。お客様独自のマネージドキー (暗号化用カスタマーマネージド CMK) を選択することもできます。AWS Key Management Service (KMS) でカスタムキーを作成してください。設定が完了すると、カスタムキーがフローの作成で自動的に使用できるようになります。

AWS のサービス

Q: AppFlow または AWS Glue はどのような場面で使用すればよいですか?

AWS Glue は、データエンジニアが AWS に保存されたデータを簡単に用意およびロードして分析できるようにするマネージド ETL サービスを提供します。これは、JDBC 準拠のデータソース (つまり、データベース) からデータカタログを作成します。これにより、メタデータを ETL で利用できるだけでなく、Amazon Athena、Amazon EMR、Amazon Redshift Spectrum を介してクエリを実行できます。AppFlow は API ベースのデータソースに接続し、基幹業務のユーザーがコードを記述せずにデータ統合を構築できるようにします。

Q: AWS DataSync はどのような場面で使用すればよいですか?

AWS DataSync は、大量のデータの移行、処理、バックアップまたは災害復旧のために、オンプレミスのデータソースと AWS クラウドの間で大量のデータを転送することを目的としています。AWS DataSync は、日常的に数十または数百テラバイトの 1 回限りまたは定期的な転送を行っている場合に最適です。この規模では、ネットワーク帯域幅を効果的に使用し、高いスループットを達成する必要があります。一方、AppFlow は SaaS アプリケーションと AWS のサービス間のデータ交換に使用されます。AppFlow は、人、イベント、またはスケジュールによってトリガーされる運用データフロー向けに設計されています。

Q: AppFlow または Amazon EventBridge はどのような場面で使用すればよいですか?

Amazon EventBridge により、開発者は SaaS アプリケーションや AWS のサービスとインタラクティブに機能するイベント駆動型アプリケーションを構築できます。EventBridge と統合された SaaS アプリケーションは、お客様のイベントバスにイベントを送信します。次に、イベントバスは、Amazon EC2 インスタンスや Lambda 関数などのターゲットにルーティングして処理できます。AppFlow は、UI、スケジュールやイベントを使用して人の手で開始できる SaaS アプリケーションと AWS のサービス間の双方向のデータ転送をサポートしています。そのすべてがポイントアンドクリックインターフェイスを使って行います。

Q: CloudFlowation テンプレートを使って AppFlow をデプロイできますか?

デプロイできませんが、サポートすることを予定しています。

Q: AppFlow は CloudTrail をサポートしていますか?

はい。ご自身のアカウントで行った AppFlow API 呼び出しの履歴を取得するには、AWS マネジメントコンソールで CloudTrail を有効にします。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
料金の詳細を確認する

Amazon AppFlow 製品ページにアクセスする

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
ドキュメントを見る

デベロッパーガイドで Amazon AppFlow の理解をさらに深めましょう。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon AppFlow の構築を始めましょう。

サインイン