これまでのオンプレミス型のビジネスでは、業務用アプリケーションを実行するインフラストラクチャは自前で構築・維持されてきました。これに対して、SaaS(Software-as-a-Service)モデルでは、オンラインホスティングされるアプリケーションを採用して、従量制課金により運用コストを削減し、機能のアップグレードもよりシームレスで手間無く実行でき、既存のデータやシステムの統合も、より簡単にできるようになりました。

SaaSベースのアプリケーションを構築しているアプリケーションプロバイダは、ホスティングされるインフラストラクチャを所有し運用することは、ときには高価であり、複雑化され、特に顧客の要求が明確でない場合は困難であることを早い段階で把握していました。

既存の業務用ソリューションを展開するクラウド環境を探している企業であれ、新しいアプリケーションまたはSaaS機能を展開するクラウドプラットフォームを評価するアプリケーションベンダーであれ、以下の点を考慮することが必要です。

  • プログラミング言語やアプリケーションプラットフォームを自由に選択して使用することができるかどうか
  • 既存のアプリケーションを展開しているオペレーティングシステムや環境を使用できるかどうか
  • クラウドプロバイダとの契約には何が必要か、先行投資が必要かどうか
  • カスタマーまたはアプリケーション負荷の需要の急激な変化に、どれだけ迅速に対応できるか
  • クラウドプロバイダには、グローバルで冗長な回復機能を持つインフラストラクチャ管理の経験があるか
  • クラウドプロバイダのセキュリティ対策はどのようなものか

Amazon Web Services(AWS)は、信頼性が高く、スケーラブルで、コスト効率の高いコンピュータリソースでアプリケーションをホスティングします。ユーザーは、以下のAWSコンポーネントを単独または組み合わせてアプリケーションをホストします。

Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)。Amazon EC2 は、クラウド内で自在に規模を変更できるコンピューティング容量を提供します。Amazon EC2 の仮想環境では、お客様が、ホストするアプリケーションに必要なオペレーティングシステム、サービス、データベース、アプリケーション プラットフォーム スタックを指定します。Amazon EC2 は、コンピュートリソースを管理するための高機能な管理コンソールと API を提供しています。詳細 »

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3). Amazon S3 は、あらゆるサイズのデータをいつでも、ウェブのどこからでも、格納し、取り出すことができるシンプルなウェブサービスインターフェイスです。堅牢性と可用性を兼ね備えていると同時に、高いセキュリティを実現しています。Amazon S3 は、データのコピーを複数行い格納することで冗長性を実現しています。詳細 »

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)。Amazon RDS を使用すれば、クラウド内でリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ、運用、拡張することができます。これにより、費用対効果が高く、サイズ変更が容易なデータベース能力が得られるとともに、時間のかかるデータベース管理タスクを処理できます。詳細 »

Amazon CloudFront。Amazon CloudFront は、グローバルに配布されるコンテンツのための高性能な配信システム(CDN)です。これにより、アプリケーションは Amazon S3 と Amazon CloudFront を統合して、待ち時間が短く、データ転送効率の高いコンテンツ配信や動画配信を、最低利用料や契約期間などの制約を受けることなく実現できます。詳細 »

Amazon Simple Queue Service(Amazon SQS)。Amazon SQS は、お客様のアプリケーションに、高性能で、セキュリティで保護されたキューシステムを提供します。これによって、アプリケーションのプロセス間で、信頼性の高い作業配分が可能となります。詳細 »

Amazon DevPay。 Amazon DevPay は、Amazon Web Services で構築した、または Amazon Web Services で実行するアプリケーションの販売を容易にする使いやすいオンライン請求・アカウント管理サービスです。詳細 »