AWS Application Migration Service

コストを削減しつつ、移行を簡素化および迅速化する

AWS Application Migration Service (AWS MGN) を使用すると、変更を加えることなく、最小限のダウンタイムで、アプリケーションをクラウドに移行するメリットをすばやく実現できます。

AWS Application Migration Service は、ソースサーバーを物理インフラストラクチャ、仮想インフラストラクチャ、およびクラウドインフラストラクチャから AWS でネイティブに実行するように自動的に変換することにより、時間のかかる、エラーが発生しやすい手動プロセスを最小限に抑えます。同じ自動化されたプロセスを広範なアプリケーションに使用できるようにすることで、移行をさらに簡素化します。

また、移行前に中断なしのテストを実行することで、SAP、Oracle、SQL Server などの最も重要なアプリケーションが AWS でシームレスに動作することを確信できます。

AWS Application Migration Service を使用すべき場合

AWS Application Migration Service (AWS MGN) は、お客様のアプリケーションを AWS にリフトアンドシフトするために推奨される主要な移行サービスです。CloudEndure Migration または AWS Server Migration Service (AWS SMS) を使用しているお客様には、将来の移行のため AWS Application Migration Service に切り替えることをお勧めします。 詳細はこちら »

AWS Application Migration Service の使用を開始しましょう » 

AWS Application Migration Service の概要

利点

アドバンストテクノロジーへのアクセス

AWS Application Migration Service と AWS Identity and Access Management (IAM)、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、およびその他の AWS のサービスとの統合により、運用を簡素化し、より優れた洞察を得ることができます。

移行中のダウンタイムを最小限に抑える

AWS Application Migration Service を使用することで、レプリケーションプロセスの間も、通常のビジネスオペレーションを継続することができます。ソースサーバーを継続的にレプリケートするため、パフォーマンスへの影響はほとんどないか、まったくありません。また、この継続的なレプリケーションのおかげで、無停止でのテスト実施やカットオーバー期間の短縮が可能になります。

コスト削減

AWS Application Migration Service では、複数の移行ソリューション、特殊なクラウド開発、またはアプリケーション固有のスキルに投資する必要がないため、全体的な移行コストを削減します。これは、AWS Application Migration Service を使用して、サポートされているオペレーティングシステム (OS) を実行する任意のソースインフラストラクチャから任意のアプリケーションをリフトアンドシフトできるためです。

仕組み

AWS Application Migration Service の構成

エージェントのインストール
実装は、ソースサーバーに AWS Replication Agent をインストールすることから始まります。インストールすると、レプリケーション設定を表示および定義できます。AWS Application Migration Service (AWS MGN) はこれらの設定を使用して、Replication Server および低コストのステージング Amazon EBS ボリュームとして機能する軽量の Amazon EC2 インスタンスを備えた Staging Area Subnet を作成および管理します。

継続的レプリケーション
Replication Server は、ソースサーバーで実行されているエージェントからデータを受信し、このデータをステージング Amazon EBS ボリュームに書き込みます。レプリケートされたデータは圧縮され、転送中に暗号化され、EBS 暗号化を使用して保存時に暗号化できます。AWS Application Migration Service は、継続的なブロックレベルのデータレプリケーションを使用して、AWS でソースサーバーを最新の状態に保ちます。定義された起動設定を使用して、中断なしのテストを実行するとき、またはカットオーバーを実行するときにインスタンスを起動します。

テストとカットオーバー
テストインスタンスまたはカットオーバーインスタンスを起動すると、AWS Application Migration Service はソースサーバーを自動的に変換して、AWS でネイティブに起動および実行します。起動したインスタンスが AWS で正しく動作していることを確認したら、ソースサーバーの使用を停止できます。その後、追加の AWS のサービスと機能を活用して、アプリケーションを最新化することを選択できます。

技術ドキュメントを読む »

「このサービスでは、すべてがサービスのウェブベースのコンソールからオーケストレートできるため、カスタム移行スクリプトを書く必要がなくなりました」。
- 西インド諸島大学オープンキャンパス (UWIOC)、IT インフラストラクチャのチームリーダー、Reeve Ramharry 氏

西インド諸島大学オープンキャンパス (UWIOC) は、老朽化したオンプレミスのハードウェアを AWS で置き換えることを決定しました。AWS Application Migration Service を利用して、70 台以上の仮想マシン、10 個のアプリケーション、5 つのネットワーク、6 TB のデータをリホストしました。UWIOC の IT インフラストラクチャのチームリーダーである Reeve Ramharry 氏は、「AWS Application Migration Service を選択したのは、高度に自動化されたリフトアンドシフトソリューションを提供し、複雑な環境をサポートしてくれたためです」と述べています。 移行に成功したアプリケーションには、エンタープライズリソースプランニング (ERP) システムである Ellucian Banner も含まれています。AWS への移行により、UWIOC はスタッフがハードウェアやソフトウェアのメンテナンスに費やす時間を削減し、デジタルトランスフォーメーション計画を加速させ、総保有コストを 50% 削減しました。

詳細はこちら »


「特にコロナウイルスに関する制約があったため、このような短い期間で移行ができると人々は思っていませんでした。しかし、私たちは計画通りに移行を実行しました」。
- Finnair、インフラストラクチャおよびサイバーセキュリティ部門責任者、Tiina Flytström 氏

Finnair は、2 つの既存のデータセンターから撤退し、これまで約 400 台のサーバーでホストされていた 70 のアプリケーションを AWS に移行することで、大幅なコスト削減を実現しました。 AWS Application Migration Service と AWS CloudEndure Migration Factory Solution を使用することで、Finnair は Windows と Linux ベースのアプリケーションを最小限の負担で迅速にリフトアンドシフトすることができました。移行はわずか 7 か月で完了しました。 この移行により、航空会社は、迅速で混乱のない移行と迅速なコスト削減に加えて、将来に備えたアジャイルなインフラストラクチャの利点を享受することができました。

詳細はこちら »


「同期プロセス全体において、パフォーマンスへの影響やサービスの中断はありませんでした」。
- Bosa Development、IT マネージャー、Maurice Lui 氏

Bosa Development は、レガシー IT インフラストラクチャの統合とアップグレードのために、AWS を採用しました。AWS アドバンストコンサルティングパートナーである OpsGuru (Carbon60 Company) と共に、「リフトアンドシフトファースト」の移行アプローチを決定しました。OpsGuru チームは、AWS Application Migration Service (CloudEndure Migration) を利用して、Bosa Development の Microsoft File Server ワークロードを Amazon EC2 インスタンスに迅速に再ホストしました。 その後、データが AWS 上で完全に利用可能になると、チームは Amazon FSx を利用して統合データをホストしました。最初のワークロード移行に続いてモダナイゼーションを行うという非常に効果的な方法により、Bosa Development はわずか数か月でサービスの可用性、回復力、スケーラビリティ、セキュリティの向上という恩恵を受け始めました。

詳細はこちら »


「AWS Application Migration Service のおかげで、移行が迅速に行われ、プログラム全体をスムーズにリリースすることができました」。
- WFS、クラウドインフラストラクチャ担当バイスプレジデント、Jason Astacio 氏

World Fuel Services (WFS) は、事業買収により 22 のデータセンターを蓄積し、その多くが Windows や Microsoft SQL Server のワークロードを稼働させていました。これらの自律的なレガシーシステムの運用には高いコストがかかっており、テクノロジーの近代化とデータセンターの統合の必要性が指摘されていました。迅速な移行のために、WFS は、クラウドへの移行を簡素化、迅速化、低コスト化するリフトアンドシフトの自動化ソリューションである AWS Application Migration Service を使用しました。同社はまず、第 1 四半期に 10 個のアプリケーションを移行し、次の四半期に 40 個、その次の四半期に 60 個のアプリケーションを移行しました。2020 年末までには、WFS は四半期ごとに 100 個のアプリケーションを移行しました。全体として、WFS はわずか 2 年間で 20 のデータセンターを AWS に移行し、7 桁のコスト削減を実現しました。

詳細はこちら »

ブログ投稿と記事

返される項目はありません。

返される項目はありません。

AWS CloudShell の機能
移行を加速

AWS Migration Acceleration Program を使用して AWS への大規模な移行を促進する方法についてご覧ください。

詳細はこちら 
AWS アカウントにサインアップする
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
AWS CloudShell で構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS Application Migration Service の使用を開始しましょう。

サインイン