AWS Application Migration Service を選ぶべき場合

AWS Application Migration Service (AWS MGN) は、お客様のアプリケーションを AWS に移行するために推奨される主要なサービスです。

AWS Application Migration Service を使用すると、物理インフラストラクチャ、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)、およびその他のクラウドから AWS にアプリケーションを移行できます。

Application Migration Service は現在、以下の各 AWS リージョンをサポートしています:米国東部 (オハイオ)、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (北カリフォルニア)、米国西部 (オレゴン)、アフリカ (ケープタウン)、アジアパシフィック (香港)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、アジアパシフィック (ムンバイ)、アジアパシフィック (大阪)、アジアパシフィック (ソウル)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (東京)、カナダ (中部)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (アイルランド)、欧州 (ロンドン)、欧州 (ミラノ)、欧州 (パリ)、欧州 (ストックホルム)、中東 (バーレーン)、南米 (サンパウロ)。

リージョンサポートの最新情報についてはAWS リージョン別サービスリストご参照ください。

Application Migration Servicを使用して、サポート対象のバージョンの Windows および Linux オペレーティングシステムで実行されるすべてのアプリケーションとデータベースを移行できます。

AWS Application Migration Service の使用を開始する »

別の移行サービスが必要になる可能性があるユースケースにはどのようなものがありますか?

AWS Outposts や AWS GovCloud、中国リージョンに移行する場合、CloudEndure Migration の利用を検討してください。

CloudEndure Migration を使用して AWS GovCloud リージョンに移行するには、CloudEndure Migration アカウントに登録してください

CloudEndure Migration を使用して AWS Outposts または AWS 中国リージョンに移行するには、Support チケットをオープンしてください。

注: CloudEndure Migration は、2022 年 12 月 30 日時点で、AWS GovCloud および中国リージョンでは引き続き使用可能ですが、その他の AWS リージョンでは使用できなくなります。 2023 年 1 月 1 日以降、CloudEndure Migration は AWS Outposts や AWS GovCloud および中国リージョンへの移行にのみ利用できるようになります。 詳細

AWS Application Migration Service と CloudEndure Migration の主な違いは何ですか?

Application Migration Service は、次世代の CloudEndure Migration であり、CloudEndure Migration では利用できない主要な機能と運用上の利点を提供します。例えば、AWS Application Migration Service を使用すると、次のことができます。

  • AWS マネジメントコンソールからサービスを運用します。
  • AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して許可とアクセスを制御します。
  • 公共インターネットに接続せずにサービスを運用します。
  • 移行メタデータは、移行されたインスタンスと同じ AWS リージョンに保存します。
  • 必要に応じて、エージェントレスレプリケーションオプション (vCenter 用) を活用します。
  • CLI と SDK だけでなく、移行固有のワークフローにより適した新しい API を使用します。
  • Amazon CloudWatch と AWS CloudTrail を使用して、AWS Application Migration Service をモニタリングします。
  • (Blueprints ではなく) Amazon EC2 起動テンプレートを使用して、テストインスタンスとカットオーバーインスタンスを起動する方法をより適切に制御します。
  • タグを使用してソースサーバーを整理し、アクセス許可を制御します。
  • 移行したアプリケーションへの最新化を自動化します。

Application Migration Service は、AWS GovCloud および中国リージョンでサポートされていません、また、CloudEndure Migrationでサポートされている一部のレガシーオペレーティングシステムは、現在サポートされていません。ご希望の AWS リージョンまたはオペレーティングシステムが現在 AWS Application Migration Service でサポートされていない場合は、CloudEndure Migration のご利用を検討してください。

注: CloudEndure Migration は、2022 年 12 月 30 日時点で、AWS GovCloud および中国リージョンでは引き続き使用可能ですが、その他の AWS リージョンでは使用できなくなります。 2023 年 1 月 1 日以降、CloudEndure Migration は AWS Outposts や AWS GovCloud および中国リージョンへの移行にのみ利用できるようになります。詳細

AWS Application Migration Service と CloudEndure Migration の詳細な比較

機能 CloudEndure Migration AWS Application Migration Service
(AWS MGN)

コンソールと API

独自のコンソールと API

  • AWS マネジメントコンソールの一部
  • 標準の AWS API、SDK、および CLI
  • コンソールは、AWS マネジメントコンソールの他のすべてのサービスと同様に機能します
リソース管理
  • レガシープロジェクト
  • EC2 で最新ではないレガシーブループリント
  • 標準の AWS メカニズム (タグやアカウント)
  • 起動設定と標準の EC2 起動テンプレート (ブループリントではなく)
  • 新しいインスタンスタイプの EC2 起動と AWS MGN 起動設定でのサポートの間のレイテンシーを排除します  
ユーザー管理
とモニタリング
  • 独自のユーザー管理
  • 事前設定された 3 つの利用可能な設定不可能なユーザープロファイル
  • レガシー形式で選択された 52 のイベント
  • メトリクスにアクセスできません
  • 標準の AWS ユーザー管理メカニズム (IAM)
  • フルカバレッジの標準 AWS 監査メカニズム (CloudTrail)
  • 標準の AWS メトリクスメカニズム (CloudWatch Events を介したカスタムイベント通知を含む)
  • IAM は、特定の API および AWS MGN リソースに対してきめ細かい設定可能な認証を提供します
消費モデル

90 日以内に完了した移行は無料、その後はブロック

  • 90 日以内に完了した移行は無料、その後は AWS の請求による計測
  • 詳細については、AWS MGN 料金表ページを参照してください。
料金

無料

90 日以内に移行が完了したサーバーは無料

コントロールプレーン
  • すべての商用リージョンのコントロールプレーンは、米国東部 (バージニア北部) でホストされています
  • 中国のコントロールプレーンは中国 (北京) でホストされています
  • コントロールプレーンはターゲットリージョンでホストされています
  • コンプライアンス上の利点
  • リージョン間の依存関係がないため、可用性が高くなります
パブリックインターネットアクセス

レプリケーションサーバーとコンソール間の接続に必要

  • レプリケーションとフェイルバック用のプライベートリンクをサポート
  • セキュリティ上の利点
エージェントレスレプリケーション

いいえ

はい、vCenter6.7 および 7.0 でサポートされています

AWS リージョン間レプリケーション

はい

はい

再起動時に再スキャンなし

Windows のみ

いいえ

オペレーティングシステムのサポート
  • 一般的なオペレーティングシステムがサポートされています
  • 詳細なリストは、ドキュメントでご覧いただけます。
  • 一般的なオペレーティングシステムがサポートされています
  • CloudEndure Migration でサポートされている OS (Microsoft Windows XP、7、Vista、Debian Linux 8、RHEL Linux 5.0) は、AWS MGN ではサポートされていません。
  • 詳細なリストは、ドキュメントでご覧いただけます。
次のコンプライアンスプログラムの範囲内
レプリケーションの開始/停止/一時停止/再開

はい

いいえ

追加されたディスクの自動検出

はい

いいえ

CloudEndure Migration Factory

はい

はい

Outposts のサポート

はい

いいえ

AWS GovCloud (米国) リージョン

はい

いいえ

中国リージョン

はい

いいえ

セキュリティ

AWS セキュリティポリシーに従って保護

AWS セキュリティポリシーに従って保護

利用可能な国や地域

CloudEndure 移行コントロールプレーンは米国東部 (バージニア北部) でホストされているため、サービスはターゲットリージョンに加えて、このリージョンの可用性に左右されます

  • このサービスは、サポートされている各 AWS リージョンで完全にホストされています
  • 他のリージョンへの依存はありません
AWS CloudShell の料金
移行を加速

AWS Migration Acceleration Program を使用して AWS への大規模な移行を促進する方法についてご覧ください。

詳細 
AWS アカウントにサインアップする
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
AWS CloudShell で構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS Application Migration Service の使用を開始しましょう。

サインイン