Amazon AppStream 2.0 は完全マネージド型で、安全なアプリケーションストリーミングサービスです。ウェブブラウザを使って、任意のデバイスに AWS からデスクトップアプリケーションをストリーミングできます。アプリケーションの書き換えは不要です。Amazon AppStream 2.0 を使用すれば、ユーザーは必要なアプリケーションに瞬時にアクセスでき、任意のデバイスで応答性の高いスムーズなパフォーマンスを実現できます。

多くのユーザーは、デバイスを問わずどこからでもアプリケーションにアクセスしたいと考えています。そのため、組織内でデスクトップアプリケーションの複数のバージョンを保持し、アプリケーションとデータを保護するために多くの手段を講じてきました。ブラウザベースのアプリケーションを使用すると、デバイスの互換性や IT の安全性の問題が解決されますが、それぞれの組織では、サポートが必要な従来のデスクトップアプリケーションを多数保持しているのが現状です。それぞれの組織では、時間と費用がかかるものの、ブラウザでネイティブに実行できるようにアプリケーションを書き換えるか、デスクトップアプリケーションの複雑なカタログを保持し、サポートし続けるかを選択する必要があります。 

Amazon AppStream 2.0 について
Amazon AppStream 2.0 について

Amazon AppStream 2.0 では、アプリケーションを書き換えることなく、ブラウザでネイティブに実行できます。Amazon AppStream 2.0 により、既存のデスクトップアプリケーションを AWS に簡単にインポートして、HTML5 と互換性のあるブラウザにストリーミングを開始できます。各アプリケーションは 1 つのバージョンのみ維持すればよいので、管理が容易になります。ユーザーはいつでも最新バージョンのアプリケーションにアクセスできます。アプリケーションは AWS のコンピューティングリソースで実行されるため、データはユーザーのデバイスに保存されません。そのため、いつでも高いパフォーマンスと安全性を利用できます。

デスクトップアプリケーションストリーミングの従来のオンプレミスソリューションとは違い、Amazon AppStream 2.0 は従量課金制です。そのため、先行投資やインフラストラクチャの維持が不要です。すぐに、グローバルにスケーリングできるため、いつでも最高の体験をユーザーに提供できます。

 


任意のデバイスでのデスクトップアプリケーションの実行

任意のデバイスでのデスクトップアプリケーションの実行

Amazon AppStream 2.0 では、Windows や Linux PC、Mac、Chromebook の HTML5 ウェブブラウザを使って、デスクトップアプリケーションを安全に実行できます。アプリケーションを書き換えることなく生産性およびグラフィックアプリケーションをインポートでき、すべてのユーザーに同じバージョンが維持され、どこからでも容易にアクセスさせることができます。

瞬時に開始

瞬時に開始

Amazon AppStream 2.0 では、ユーザーは任意のデスクトップデバイスからウェブブラウザを使って、デスクトップアプリケーションに瞬時にアクセスできます。動作の遅延はなく、大きなファイルのダウンロードや、時間のかかるインストール作業は不要です。応答性の高い滑らかな体験を提供できるので、インストールされたアプリケーションと見分けがつきません。

アプリケーションとデータの保護

アプリケーションとデータの保護

Amazon AppStream 2.0 では、アプリケーションとデータは AWS に保存されます。暗号化されたピクセルのみがエンドユーザーにストリーミングされます。アプリケーションを実行するストリーミングインスタンスは各ユーザーに専有されます。ですから、コンピューティングリソースが共有されることはありません。アプリケーションはお客様の VPC で実行されるため、Amazon VPC のセキュリティ機能を使ってアクセスを制御できます。これによって、アプリケーションを分離し、安全に実行できます。

IT との連携

IT 環境との統合が容易

Amazon AppStream 2.0 では、これまでにお使いになった AWS のサービスとオンプレミスの環境を統合できます。アプリケーションを VPC 内で実行することで、ユーザーはデータと AWS で実行されているその他のリソースを利用できるため、AWS とユーザーとの間のデータの移動が減り、よりすばやい動作を提供できます。Amazon AppStream 2.0 では、ID フェデレーションがサポートされているため、ユーザーは既存の認証情報を使ってアプリケーションにアクセスできます。さらに、Amazon AppStream 2.0 で実行しているアプリケーションからお客様の IT リソースへの、権限を付与されたアクセスを許可できます。

完全マネージド型サービス

完全マネージド型サービス

Amazon AppStream 2.0 では、アプリケーションストリーミングインフラストラクチャの企画、デプロイ、管理、アップグレードを行う必要はありません。Amazon AppStream 2.0 では、アプリケーションのホストと実行に必要な AWS リソースの管理と、スケーリングが自動的に実行され、エンドユーザーはオンデマンドでアクセスできます。

グローバルで瞬時のスケーリング

一貫した、スケーラブルなパフォーマンス

Amazon AppStream 2.0 は AWS で実行され、ローカルデバイスでは達成できないコンピューティング能力を利用できます。ですから、アプリケーションを実行する時に、一貫した優れたパフォーマンスが得られます。ローカル、およびグローバルなスケーリングを瞬時に実行できるため、レイテンシーが低くなります。オンプレミスのソリューションとは違い、ユーザーに最も近い AWS の新しいリージョンにアプリケーションをすぐにデプロイできます。ストリーミングを始めるために、設備投資を増やす必要はありません。

Amazon AppStream 2.0 では、デスクトップアプリケーションが SaaS アプリケーションとして実行され、ユーザーの任意のデバイスに安全にストリーミングできます。アプリケーションストリーミングは、企業、公共部門の組織、ソフトウェア開発者、および、設計やエンジニアリング用アプリケーションにとってメリットがあります。

エンタープライズ

どのような規模の組織であっても、Amazon AppStream 2.0 を使用すれば、どのデスクトップブラウザにも Windows デスクトップアプリケーションを安全に配信できます。ユーザーは、任意のデバイスから必要な時に、アプリケーションに瞬時にアクセスできます。Amazon AppStream 2.0 により、アプリケーションとデータを安全に集中管理し、アプリケーションの管理を簡素化し、アプリケーションとデータを近接した場所に配置することで、エンドユーザーは低レイテンシーでアプリケーションを使用できます。最後に、Amazon AppStream 2.0 の使用によって費用を節約できます。高価な PC やワークステーションを購入する必要がなくなり、代わりにオンデマンドで従量課金制のサービスを利用できるため、先行投資なしでグローバルにスケーリングできます。

ソフトウェアベンダー

ソフトウェア開発者は Amazon AppStream 2.0 を使用することで、アプリケーションコードを書き換えることなく、SaaS アプリケーションとしてグラフィックアプリケーションを AWS から配信できます。SaaS アプリケーションの場合、ソフトウェアベンダーはソフトウェアサブスクリプションの販売と管理に切り替えることができます。また、ユーザー向けの統合 SaaS ソリューションを作成できます。ソフトウェア開発者は、AppStream 2.0 を使用してエンジニアリングを効率化できます。HTML5 対応ブラウザで実行できる 1 つのバージョンのアプリケーションを作成すれば、ユーザーは常に最新バージョンのアプリケーションを使用できます。AppStream 2.0 を使用すると、リッチでコスト効率の高いソフトウェアの試用を提供できるため、結果的にコンバージョンの可能性を高めることができます。AppStream 2.0 はグローバルスケールなため、ソフトウェアベンダーはあらゆる場所のユーザーにソフトウェアを提供できます。

設計とエンジニアリング

アプリケーションの設計とエンジニアリングには、通常大量のリソースが使用され、GPU の高速化が必要となり、しばしばクラウド内の大規模なデータセットが使用されます。Amazon AppStream 2.0 を使用すれば、専門家、エンジニア、デザイナー、科学者がそれらのデータセットと一緒に 3D グラフィックアプリケーションを使用でき、可視化前後の作業を AWS から直接行えます。これにより、大規模なデータのセットを AWS とオンプレミスロケーションとの間でやり取りする必要がなくなり、アプリケーションとデータがいつでも近接しているため、エンドユーザー使用時の速度も向上します。このようなアプリケーションを低コストのハードウェアで、どこからでも利用できるため、ユーザーはお金を節約でき、高価なワークステーションの購入も不要になります。

CPWRlogo_CMYK

Compuware は Amazon AppStream 2.0 を使用して、業界初のクラウドアクセスとして AWS で Topaz を提供し、最新のメインフレーム開発を行えるようにしています。Topaz は、開発者がその経験に関係なく、プログラムがどれだけ古く複雑であっても理解し、作業できるように設計された包括的なメインフレーム開発ツールとテストツールのスイートを備えています。このため企業はメインフレームへの投資を保護しやすく、革新を進めることができます。

「Topaz はカスタマイズされた IDE を提供することで、開発者がメインフレーム開発を容易に行えるようにします。ただし、何百人もの開発者がいる場合、Topaz の個別型社内エンタープライズデスクトップ展開モデルでは時間がかかりすぎる場合があります。この問題は AppStream 2.0 で解消されます。AppStream 2.0 を使用すると、管理者は AWS 上で Topaz の単一インスタンスを構成し、それを任意の数の開発者に提供できます。AppStream 2.0 を使用することで、弊社はお客様が Topaz を展開するのにかかる時間を数週間から数分間に短縮できました。」 

- Compuware CEO、Chris O'Malley 氏

logo

BiZZdesign は、Amazon AppStream 2.0 を使用して、コラボレーティブなビジネス変更管理プラットフォームとして Enterprise Studio を提供し、戦略的ビジネスイニシアチブに対して必要不可欠な洞察を提供します。Enterprise Studio により、複雑さの管理、変更による影響の理解、変革の実現、簡素化が可能になります。

「Enterprise Studio は、20 年以上の開発の成果である Windows ベースのデスクトップアプリケーションです。BiZZdesign はシンプルさの向上を追求しており、お客様が簡単に Enterprise Studio にアクセスできるようにしたいと考えています。これを実現するには、クラウドに移行し、お客様がデスクトップにアプリケーションをインストールせずに済むことが必要であるとわかっていました。AppStream 2.0 では、多機能な弊社デスクトップアプリケーションのすべての機能を、あらゆる HTML 5 ブラウザでオンデマンドの SaaS (Software-as-a-Service) ソリューションとして世界中で利用できるようにしました。今では、世界中のどこでも、新しいお客様に対してソフトウェアを数分間で展開すると同時に、当社とお客様の金銭的、時間的な負担を軽減することができます。AppStream 2.0 を使用することで、展開コストは 92% 削減されました。」

- BiZZdesign エンジニアリング担当 VP、Emiel Schuurman 氏

 

Amazon AppStream 2.0 を今すぐにお試しください。セットアップは不要です。  AppStream 2.0 で実行されているサンプルアプリケーションにアクセスして、
ご自分のファイルを開いたり、コンテンツを印刷したりできます。

Amazon AppStream 2.0 の使用を開始するには、AWS マネジメントコンソールにログインして、Getting Started のステップに従ってください。わずか数回のクリックで、Amazon AppStream 2.0 にアプリケーションをデプロイできます。

Amazon AppStream 2.0 を今すぐ試す