Amazon Web Services ブログ

Category: Learning Levels

EC2 インスタンス起動ウィザードから Amazon EFS ファイルシステムを自動でマウントするには

Amazon Elastic File System (EFS) を他の AWS のサービスで使用するベストプラクティスや統合について過去に投稿したところすばらしいフィードバックが寄せられており、さらなる投稿へのご要望をいただいています。そこで今回は、Amazon EFS ファイルシステムを EC2 インスタンス起動ウィザードから直接 EC2 インスタンスにマウントする流れを単純化、自動化する方法についてご説明します。ぜひ、先月の EFS を用いた Amazon Sagemaker でのモデルトレーニングの加速と単純化や Amazon Elastic Container Service (ECS)、Elastic Kubernetes Service (EKS) でのコンテナストレージ用 EFS 使用方法に関するベストプラクティスと併せて、皆様の EFS クックブックに加えていただけたらと思います。 Amazon EFS は、AWS クラウドサービスとオンプレミスリソースで使用するための Linux ベースのワークロードに対し、単純でスケーラブルかつ伸縮自在な NFS ファイルシステムを、わずか 0.08 USD/GB-月* の実効料金で提供します。EFS ファイルシステムのマウントとファイルデータの共有は何千という数の EC2 インスタンスで行うことができます。このたび、EC2 インスタンス起動ウィザードを使い、Amazon EC2 インスタンスを構成して Amazon EFS ファイルシステムをマウント可能になりました。これにより、EC2 インスタンスを構成し、起動時に推奨されるマウントオプションで EFS ファイルシステムをマウントするプロセスが単純になります。ここからは、EC2 […]

Read More

IoTソリューションにおける10のゴールデンルール

Internet of Things(IoT)ソリューションは、さまざまな業界や用途で業務と顧客体験を変革するのに役立ちます。その無限の機会は興奮をもたらしますが、セキュリティ、リスク、プライバシーの懸念も持っています。顧客、デバイス、および企業を保護するには、すべてのIoTソリューションがセキュリティで始まり、セキュリティで終わる必要があります。最高のIoTセキュリティソリューションは、エッジからクラウドまでの多層保護を提供し、IoTデバイス、接続、およびデータを保護します。理想的には、独自の要件と制約に合わせたIoTソリューションのすべてのビルディングブロックについて、セキュリティプラクティスでパブリックに知られている再利用可能なリストに依存することができます。ただし、実際には、セキュリティルールをガイドとして使用して、セキュリティ戦略の少なくとも一部を自分で計画する必要があります。設計と実装から継続的な運用と管理まで、ビジネスとIoTエコシステムの保護に役立つ次のベストプラクティスをまとめました。高レベルの推奨事項のリストも各ルールに従います。これらの推奨事項は完全なリストではなく、各ルールの背景にある基本概念を明確にするものになります。

Read More