Amazon Web Services ブログ

Weekly aws Japan edition

週刊AWS – 2023/7/17週

Llama 2 がSageMaker JumpStartで利用可能に、.NETでLambda関数を書く際にアノテーションが利用可能に、ECSコンテナでのgMSAサポート、RedshiftでQUALIFYのサポート、Correttoの四半期リリース、Amplify JavaScript ライブラリのロード時間改善

効果的なクラウドガバナンスによるクラウドのビジネス価値の向上

私たちは、デジタル・トランスフォーメーションに着手するAWSのお客様に、クラウド移行はデジタル・トランスフォーメーションの一部であり、デジタル・トランスフォーメーションはビジネス成果によって推進されなければならないことを考慮するよう、しばしばアドバイスしています。ガバナンス・プログラムの有効性が、クラウド移行とデジタルトランスフォーメーションの成功を左右します。デジタル・トランスフォーメーションのクラウド移行部分には終わりがあります。しかし、デジタル・トランスフォーメーションに終わりはありません。効果的なガバナンスによって、より弾力的に、より速く、より低コストで、より効率的に、よりセキュアにするよう常に努力する必要があります。

AWSの「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」登録が更新されました。

Amazon Web Services(AWS)では、お客様の信頼を得て維持することが継続的な取り組みとなっています。お客様の業界のセキュリティ要件に応じて、コンプライアンスレポート、証明書、認証の範囲とポートフォリオを決定しています。 2023 年 4 月 1 日から 2024 年 3 月 31 日まで、AWS が「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(以下、ISMAP)」の下で更新されたことをお知らせいたします。

株式会社朝日新聞社での文字起こしシステムにおけるサーバーレスの活用 – 処理時間を短縮し業務貢献しながらクラウド費用も削減した話

新聞業界では昨今の市場環境の変化、対応すべき媒体数の増加などもあり業務効率化が急務になっております。本稿では、 […]

AWS CDK アプリケーションのためのインテグレーションテストの作成と実行

AWS CDK アプリケーションのためのインテグレーションテストの作成と実行

自動化されたインテグレーションテストはシステムコンポーネントを検証し、新しいソフトウェアリリースの信頼性を高めます。AWS にデプロイされたリソースでインテグレーションテストを実行すると、IAM ポリシー、サービスの制約、アプリケーション設定、およびランタイムコードの検証が可能になります。AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) を Infrastructure as Code ツールとして活用している開発者向けに、インテグレーションテストをソフトウェアリリースに簡単に実装できるテストフレームワークが用意されています。本ブログ記事では、AWS CDK を使用してサンプルアプリケーションの自動化されたインテグレーションテストを作成する方法を紹介します。

SaaS プラットフォームと Amazon SageMaker の統合で ML アプリケーションを実現する

Amazon SageMaker は、データの取り込み、変換、バイアスの測定や、学習、デプロイ、本番環境でのモデルの管理を行うための幅広い機能を備えたエンドツーエンドの 機械学習 (ML) プラットフォームです。そして Amazon SageMaker Data Wrangler, Amazon SageMaker Studio, Amazon SageMaker Canvas, Amazon SageMaker Model Registry, Amazon SageMaker Feature Store, Amazon SageMaker Pipelines, Amazon SageMaker Model Monitor, Amazon SageMaker Clarify などの、クラス最高のコンピュートとサービスと共に利用されています。SageMaker は開発者とデータサイエンティストに共通のツールセットを提供するため、多くの組織は SageMaker を ML プラットフォームとして採用しています。多くの AWS 独立系ソフトウェアベンダー (ISV) パートナーは、彼らの SaaS プラットフォームのユーザーが SageMaker とトレーニング、デプロイ、モデルレジストリを含む様々な SageMaker の機能を利用できるようにするために、既に統合環境を構築しています。

Managing CloudWatch Synthetics canaries at scale

CloudWatch Synthetics の Canary を大規模に管理する

Amazon CloudWatch Synthetics では、アプリケーションエンドポイント、REST API、ウェブサイトコンテンツのパフォーマンスと可用性を自動的に監視できるため、顧客よりも先に問題を発見できます。アプリケーションとそれに付随するCanary の数が時間とともに増加するにつれて、それらを大規模に管理することはより困難で時間のかかるものになります。このソリューションは、Synthetic テストの対象範囲を維持するための一貫した自動化されたアプローチをどのように使用できるかを示すために設計されました。