Amazon Web Services ブログ

AWS License Managerをつかってライセンス使用数を管理する方法

AWS License Manager を使うことで、ソフトウェアライセンスを効率的にクラウドに持ち込むことができます。AWSでサードパーティのライセンスを使ったアプリケーションを構築したり、オンプレミスのワークロードをAWSに移行したりする際、BYOL(bring-your-own-license)を用いてコストを節約可能です。これはすでにお持ちのソフトウェアライセンスをクラウドリソースとして再利用することによって実現されます。今回は、AWS License Manager を使用して、一元的にこれらのライセンス使用数を管理する方法についてご説明します。

Read More

時系列データ可視化のための InfluxDB、Grafana、AWS IoTの連携

IoTには様々な種類の実装がありますが、多くのアプリケーションでは、大量のテレメトリーデータ収集します。インダストリアルやヘルスケア、コンシュマー製品、ロジスティクスなどにおいて、IoT のテレメトリーデータは非常に時刻に依存しています。 多くの IoT ソリューションでは、データの収集やレポートのタイミングが重要になります。例えば、アノマリー検出や予兆保全のための属性分析においては、異常発生時や発生の予兆が出たときのイベントが、正確に保存され、わかりやすく資料化されることが必要です。 時系列システムは、個々の IoT デバイスレベルで考えるだけでなく、 IoT アプリケーション全体で考えることが重要です。 たとえば、工場のフロアでは、ベルトコンベアの速さと、その瞬間の搬送力と、それに伴う部品の重量が、ベルトドライブから得られるデータのみを利用するよりも、より良いベルト故障の指標を提供することができることがあります。 また、特定の障害が起こる直前のイベント/データは、データの時間変化をチャートにすることでより多くの洞察が得られることもあります。 こういった時系列データを扱う IoT アプリケーションでは、デバイス間、またはセンサーとゲートウェイソフトウェア(AWS Greengrassなど)間の時間ドリフト(進みや遅れなど)を考慮した管理が不可欠です。 IoT アプリケーション全体の時間ドリフトを管理する効果的な方法としては、各テレメトリデータのペイロードの取り込みに AWS IoT Core を使用し、取り込み時のタイムスタンプを付加することです。 覚えておくべき点として、AWS IoT Core は取り込まれたデータの順序を保証しません。そのため、取り込み時にタイムスタンプを付加する場合においても、IoT デバイス/センサーから送られるデータペイロードに対して、純増するシーケンス番号(可能であればタイムスタンプも)を付加することがベストプラクティスです。 このブログでは、時系列データを扱う IoT ソリューションの開発方法の例として、基本的な AWS IoT コンポーネントと時系列データに最適化された InfluxDB インスタンスを使用し、テレメトリデータを保存する方法を紹介します。また、Grafana と呼ばれる時系列視覚化ツールもセットアップします。 なお、InfluxDB と Grafana はどちらもオープンソースです。 AWS IoT Device Simulator は、高頻度の時系列データを生成します。 データは AWS IoT Core に取り込まれ、Lambda 関数がルールエンジンによってトリガーされて、データを時系列専用データベースに挿入します。 この例では、AWS CLI と InfluxDB […]

Read More

AWS Snowball デバイスの更新 – エッジがさらに進化

2015 年以来、AWS Snowball サービスを利用して、大量のデータを AWS クラウドに移行してるお客様がおられます。サービスはますます進化しており、今回、新しい機能を導入しました。これには、オンボードコンピューティングとストレージ容量の増加を特徴とする AWS Snowball Edge デバイスを含んでいます。AWS Snow ファミリーは、お客様のニーズを満たすためにも革新を続けています。こうした革新の中に、古いハードウェアデバイスから新しいハードウェアデバイスへ計画的に移行できる機能があります。たとえば、初期の AWS Snowball ハードウェア設計の使用を止め、より高度な Snowball Edge ハードウェアデバイスを選択しました。この新しいデバイスは、2020 年 4 月 7 日より、アジアパシフィック (シンガポール) と中国本土リージョンを除いた、すべての商用 AWS リージョンおよび AWS GovCloud (US) リージョンで開始予定です。 AWS Snowball コンソールでお知らせしているとおり、2020 年 4 月 7 日以降、AWS Snowball サービスはデータ転送ジョブに Snowball Edge Storage Optimized デバイスを使用します。第一世代の 50 TB および 80 TB の Snowball ハードウェアは、2020 年 […]

Read More

Amazon EKS クラスターリソースへのクロスアカウントアクセスを有効にする

この記事は、Satya Sai Naga Venkata Kumar Vajrapu と Jason Smith が寄稿しました。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、Kubernetes コントロールプレーンを立ち上げたり維持したりすることなく、AWS で Kubernetes を簡単に実行できるマネージドサービスです。管理対象ノードグループと AWS Fargate での Amazon EKS の最近のリリースにより、ポッド向けにインフラストラクチャをプロビジョニングおよび管理する必要がなくなりました。Kubernetes は、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、スケーリング、および管理を自動化するためのオープンソースシステムです お客様は複数の AWS アカウントを使用して AWS 環境を管理していることがよくあります。そのようなお客様は、実稼働リソースが開発またはステージングリソースと対話したり共存したりすることを望んでいません。これにより、リソースの分離が向上するという利点が得られますが、アクセス管理のオーバーヘッドが増加します。 AWS Security Token Service (STS) および IAM ロールを使用して、一時的な AWS セキュリティ認証情報を活用することにより、複数のアカウントへのユーザーアクセスを管理できます。けれども、あるアカウントでホストされている Amazon EKS クラスター内のコンテナ化されたワークロードやポッドなどのリソースが、別のアカウントでホストされている Amazon EKS クラスターリソースとやり取りしたい場合はどうでしょうか? こちらの以前のブログでは、サービスアカウントの IAM ロール (IRSA) を使用して、ポッドレベルできめ細かいロールを使用する方法について説明しました。このブログでは、このソリューションを拡張し、あるアカウントでホストされている Amazon […]

Read More

Amazon FSx for Windows File Server を使用して、Microsoft SQL Server の高可用性デプロイメントを簡素化する

お客様は、10 年以上にわたって AWS で Windows ワークロードを実行しています。ビジネスに不可欠なアプリケーションを実行する上で一般的に求められるのは、Microsoft SQL Server データベースの可用性を高めることです。高可用性のニーズから、SQL Server デプロイアーキテクチャに単一障害点がないことが求められます。高可用性のセットアップでは、プライマリとセカンダリの 2 つのノードのクラスターがあります。プライマリに障害が発生した場合、クラスターは自動的にセカンダリにフェイルオーバーするため、アプリケーションの継続的なデータベースアクティビティが保証されます。Microsoft SQL Server は、SQL Server Always On の傘下で一連の機能を提供して、このような冗長で高可用性のあるデプロイを可能にします。 SQL Server Always On (特に、高可用性に適したデプロイオプションであるフェイルオーバークラスターインスタンスのデプロイオプション) は、従来、デプロイおよび管理が困難でした。この問題は、ノード間でデータをレプリケートすることなく、フェイルオーバー時にセカンダリノードがデータベースストレージに引き続きアクセスできるようにするために共有ストレージを必要とすることに起因しています。 当社は最近、共有ストレージのデプロイと使用を簡素化してお使いのデータベースをホストするために、Amazon FSx for Windows File Server に新機能を導入しました。この機能により、SQL Server Always On デプロイの実行の複雑さとコストが削減されます。Amazon FSx for Windows File Server (Amazon FSx) で、マルチアベイラビリティーゾーンファイルシステムのデプロイのネイティブサポートを導入しました。ネイティブサポートにより、複数のアベイラビリティーゾーンにわたって高可用性と冗長性を備えた AWS に Windows ファイルストレージを簡単にデプロイできます。このリリースに加えて、SMB Continuously Available (CA) ファイル共有のサポートも導入しました。この新しい機能により、可用性が高い完全マネージド型共有ストレージを Amazon FSx […]

Read More

Amazon Neptune を使った投資相関性のグラフ表示

Amazon Neptune を使い投資相関性のグラフを保存しクエリすると、新たな視野で関連性を分析できます。EDGAR (Electronic Data Gathering Analysis and Retrieval) は、米国証券取引委員会 (SEC) が提供するパブリックなオンラインデータベースです。この EDGAR は、法律により SEC への書類提出が義務付けられた法人向けに、データ収集、評価、インデックス付、受理、書類転送などを自動で処理するものです。これらの法人には、登録投資アドバイザー、銀行、保険会社、ヘッジファンドなどや、これらの顧客向けに投資を裁量するその他のグループなど、投資管理を行う企業が含まれます。 こういった関連の書類には、次に挙げるような多種のデータナゲットが記載されます。 その債権を公共で販売したことのある、株式会社や事業に関するデータ。 以下を含む役員報酬: その企業の年ごとの委任勧誘状。 その企業のフォーム 10-K 年次報告書。 その企業が有価証券を公開で販売するために提出した有価証券発行届出書。 米国内で、1 億 USD 以上の試算を長期にわたり保有および管理している企業内の投資マネージャーからの、投資ポジションレベルに関する公開書類。このマネージャーが保持するポートフォリオ内にある、すべての米国内公開済みの株式有価証券を含み、保有率、対象企業の符丁 (ティッカーシンボル)、株式発行者名などを詳細に記載する。 これらのデータナゲットは、各事業体からの提出ごとに、個別な事象として保持されます。ただ、EDGAR では、これらすべてのイベントを 1 つに結び付け、関連性やパターンを表示することはできません。 今回の記事では、EDGAR からの資料を Neptune 内で結合および処理し、その関連性を明らかにしながら、他のイベントでも繰り返し利用可能なモデルを作成するための方法をご紹介します。 データベースオプション 現代の技術者には、データ処理に関する多くの選択肢が与えられています。次の表に、一般的なデータカテゴリーとユースケースのいくつかを示します。 リレーショナル キーと値 ドキュメント インメモリー グラフ 時系列 参照整合性 高スループット 任意の属性での、ドキュメント保存と高速アクセスによるクエリ ミリ秒のレイテンシーでのキーによるクエリ 各データの関連性の素早く簡単な生成とその間の移動 時間的に連続したデータの収集、保存、および処理 ACID トランザクション 低レイテンシー 読み出しと書き込み […]

Read More

Amazon Elastic Inference を使用して Amazon SageMaker で PyTorch モデルの ML 推論コストを削減する

本日、Amazon Elastic Inference を使用して、Amazon SageMaker と Amazon EC2 の両方で PyTorch モデルの推論を加速し、推論コストを削減できるようになったことを発表します。 PyTorch は、動的なコンピューティンググラフを使用する一般的なディープラーニングフレームワークです。これにより、命令的で慣用的な Python コードを使用してディープラーニングモデルを簡単に開発できます。推論は、トレーニングされたモデルを使用して予測を行うプロセスです。PyTorch などのフレームワークを使用するディープラーニングアプリケーションの場合、推論は計算コストの最大 90% を占めます。ディープラーニングモデルはさまざまな量の GPU、CPU、およびメモリリソースを必要とするため、推論に適切なインスタンスを選択することは困難です。通常、スタンドアロン GPU インスタンスでこれらのリソースの 1 つを最適化すると、他のリソースが十分に活用されなくなります。したがって、未使用のリソースに対して料金を支払うことになる可能性があります。 Amazon Elastic Inference は、Amazon SageMaker や EC2 インスタンス、または Amazon ECS タスクに適切な量の GPU による推論アクセラレーションをアタッチできるようにすることで、この問題を解決します。アプリケーションの全体的なコンピューティングとメモリのニーズに最適な AWS の CPU インスタンスを選択し、アプリケーションのレイテンシー要件を満たすために必要な適切な量の GPU による推論アクセラレーションを個別にアタッチできます。これにより、リソースをより効率的に使用し、推論コストを削減できます。今日、PyTorch が、Elastic Inference でサポートされるディープラーニングフレームワークとして TensorFlow と Apache MXNet に加わります。この記事の執筆時点でリリースされているバージョンは 1.3.1 です。 Amazon SageMaker は、すべての開発者およびデータサイエンティストが […]

Read More

在宅勤務について AWS ができること

たった数週間で多くのことが変わりました。これまでのスタイルの生活、仕事、会議、挨拶、コミュニケーションは、しばらく姿を消しています。友好的な握手と温かいハグは、現時点では健康的でなく、社会的にも受け入れられないものとなっています。 私の同僚と私は、多くの人々が仕事、学校、コミュニティ環境の変化に対応使用としていることを認識しています。当社では、お客様、コミュニティ、従業員が状況に合わせて対応できるようにするための措置を講じており、今後もさらに尽力していきます。 在宅勤務 現在、多くの都市や国々において、人々は、在宅勤務や自宅学習を求められています。当社のいくつかのサービスをご利用いただくことで、オフィスや教室から自宅への移行を少しだけ簡単にできます。ソリューションの概要は次のとおりです。 Amazon WorkSpaces を使用すると、仮想 Windows デスクトップおよび仮装 Linux デスクトップを起動でき、あらゆるデバイスでどこからでもアクセスできます。これらのデスクトップは、リモートワーク、リモートトレーニングなどに使用できます。 Amazon WorkDocs は、他のユーザーとの共同作業を簡単にします。場所とデバイスを問わないのは同様です。コンテンツを作成、編集、共有、および確認することができ、すべて AWS に一元的に保存されます。 Amazon Chime は、最大 100 人 (今月後半に 250 人に増加) が参加するオンライン会議 (チャットやビデオ通話など) をサポートします。すべて単一のアプリケーションから行えます。 Amazon Connect を使用すると、着信コールやメッセージを何万人ものエージェントにルーティングする機能を使用して、コールセンターまたはコンタクトセンターをクラウドにセットアップできます。これを使用して、エージェントが在宅勤務をしていても、緊急情報や個別のカスタマーサービスを提供できます。 Amazon AppStream を使用すると、デスクトップアプリケーションを任意のコンピューターに配信できます。計算や 3D レンダリングに GPU を使用するものなど、エンタープライズ、教育、または遠隔医療のアプリを大規模に配信できます。 AWS Client VPN を使用すると、どこからでも AWS およびオンプレミスネットワークへの安全な接続をセットアップできます。従業員、学生、または研究者に、既存のネットワークに「ダイヤルイン」(過去に私たちが使っていた言葉と同じ意味です) する機能を提供できます。 これらのサービスの一部には、無料で簡単に開始できる特別なオファーがあります。その他は、AWS 無料利用枠で既に利用可能となっています。詳細については、各サービスのホームページと、新しい Remote Working & Learning ページをご覧ください。 これらのサービスにサインアップして使用を開始するために、当社と打ち合わせをする必要はありませんが、詳細情報が必要な場合や、ニーズに合った適切なサービスを選択するのにサポートが必要な場合は、当社までお問い合わせください。連絡先は次のとおりです。 パブリックセクター – ライブチャット。 […]

Read More

Trinity Audio WordPress プラグインを使用してコンテンツを無料でオーディオに変換する

これは、Trinity Audio 社の共同設立者兼 CEO である Ron Jaworski 氏によるゲスト投稿です。言葉にすると、「Trinity Audio 社は、世界中のあらゆるタイプと規模のパブリッシャーやコンテンツクリエイターに対応するオーディオコンテンツソリューションのプラットフォームです。読者をリスナーに変えることで進行中のオーディオ革命に参加し、現代の視聴者が今日期待している体験を生み出します」 オーディオコンテンツの消費は急速に増加しています。今日、より多くのパブリッシャーとコンテンツクリエイターが、顧客への代替製品としてオーディオを求めています。Trinity Audio 社は、簡単なプラグアンドプレイソリューションでオーディオオプションを提供する Amazon Polly を使用しています。Amazon Polly はテキストをリアルなスピーチに変換し、29 個の言語で利用可能な 60 種類以上の音声を保有しています。 この投稿では、Trinity Audio 社の無料 WordPress プラグインを使用して、簡単な手順でコンテンツにオーディオを追加する方法を説明します。Amazon Polly でテキストを合成するために料金を支払う必要はありません。このオーディオコンテンツソリューションは、簡単にコンテンツをオーディオに変換することでエンゲージメントを高め、視聴者を増やす、まったく新しい方法を提供します。次のスクリーンショットは、オーディオプレイヤーがサイトでどのように表示されるかを表しています。 Mfidie.com のオンラインコンテンツマネージャーである Shepherd Yaw Morttey 氏によると、同社は「WordPress のリリース直後に Trinity Audio プレイヤーの使用を開始しました。1 か月以内に、プレイヤーを添付したブログ投稿でのセッション時間が 20% 近く増えました。また、バックグラウンドプレイの性質と PWA とのシームレスな統合により、訪問者はサイトを積極的に利用していないときでも記事を視聴することができます。この方法で、必要な人により多くの情報を提供することができます」 世界中のパブリッシャーは、Trinity Audio のプラグインを使用して、市場投入までの時間を最小限に抑えながら、数十個の言語で Amazon Polly の高品質な音声を統合できます。テキストの合成に関連するコストを相殺するために、プラグインは新しく作成された音声出力にデジタル広告を挿入します。WordPress バージョン 3.0.1 以上 (テスト済みの 5.0.6 まで)、および […]

Read More

3 月 24 日のオンラインテックトーク: マネージドWindows ファイルストレージに移行

3 月 24 日に開催される AWS オンラインストレージテックトークをお見逃しなく。マネージド Windows ファイルストレージへの移行について説明します。このテックトークは、午前 11:00~午後 12:00 太平洋時間 (午後 2:00~午後 3:00 東部時間) に開催されます。 Network Attached Storage (NAS) ハードウェアでレガシーワークロードを実行している企業は、多くの場合、複雑な管理、スケーリングの困難性、および技術的負債を抱えています。このテックトークでは、世界中のお客様が Windows ファイルベースのアプリケーションを実行およびスケーリングするために AWS を選択する理由を学びます。Amazon FSx for Windows File Server は、Windows ワークロードが依存する完全な互換性およびエンタープライズ機能を提供する、最初で唯一のフルマネージド型のネイティブ Windows ファイルシステムです。Amazon FSx の最新機能について学び、Data Dedup でコストを最適化する方法を概観し、AWS DataSync でデータを Amazon FSx に迅速に移行する方法をデモします。 この 200 レベルのオンラインセミナーでは、以下のことを学びます。 Windows ファイルベースのアプリケーションのリフトアンドシフトを簡素化し、生産性を向上させるのに役立つ最新機能について学ぶ Amazon FSx でファイルストレージコストを削減するためのベストプラクティスを調べる Windows ファイル共有をすばやく簡単に移行する方法を学ぶ 参加対象者 クラウドアーキテクト […]

Read More