Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Artifact

AWS Organizationsによる、日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメントの一括変更について

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、 シニアアドボケイトの亀田です。 今日は、AWS Organizationsによる、日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメントの一括変更について、日本のお客様にとって重要なアップデートをお届けします。AWS Organizationsは複数のAWSアカウントにおいて、請求の一元管理や、アクセス、コンプライアンス、セキュリティの制御、AWS アカウント間でのリソースの共有などを実現するサービスです。 AWSのアカウントは開設直後、”AWS カスタマーアグリーメント”は準拠法、かつ管轄裁判所が米国ワシントン州法となっています。2017年11月に我々は、お客様が自動で”日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約”を締結可能とするAWS Artifactの機能をリリースしました。 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/how-to-change-aws-ca-by-artifact/ これによりお客様は、自身で複雑な処理を行うことなく、AWSのマネージメントコンソール上でAWS カスタマーアグリーメントの変更契約締結が可能となり、準拠法を日本法に変更し、更に、同契約に関するあらゆる紛争に関する第一審裁判所を東京地方裁判所に変更することができるようになりました。 この作業はアカウント単位で行う必要があり、企業内で複数のAWSアカウントを保有し、AWS Organizationsで管理されている場合、AWSアカウントの数だけその作業を行う必要がありましたが、このアップデートにより、マスターアカウントで作業を行うと、一括してメンバーアカウントへその設定が適応されます。また、設定作業後、新たに新規で追加されたメンバーアカウントにもその設定は自動で反映されるため、従来個別に作業を行う必要があったときに懸念されていた、作業漏れを防ぐことも可能です。 また、リセラーなど実運用にいおけるマスターアカウントとメンバーアカウントの管理母体が異なる場合は、本機能によるAWS カスタマーアグリーメント変更契約の一括締結には十分な注意を払う必要があります。 使い方は簡単です。 マネージメントコンソールからAWS Artifactにアクセスし、”契約”を開きます。”日本準拠法に関するAWSカスタマーアグリーメント変更契約(AWS Organizations用)を選びます。 その後画面右上の”契約の受諾”ボタンを押すと、”NDAを受諾して契約のダウンロードする”という画面が表示されますので、契約書をダウンロードします。 その後再度”契約の受諾”ボタンを押し、表示される確認ダイアログに同意すると、以下のようにAWSカスタマーアグリーメント変更契約が締結され、準拠法が切り替わります。 その他の詳細については下記のページをご参照ください。 https://aws.amazon.com/jp/artifact/faq/ – シニアアドボケイト 亀田

Read More

ご利用のポストプロダクションアプリケーションをAWS仮想デスクトップ インフラストラクチャにデプロイするために

今や仮想化は、クリエイティブな専門家が在宅勤務で仕事をする上で必要な環境となりました。本ブログでは、AWSクラウド上でポストプロダクションアプリケーションを実行する場合に重要な考慮事項を説明します。 お客様から「編集ソフトウェアをAWSで実行できるか」というお問い合わせが頻繁にあります。これらの問い合わせから使用パターンを、典型的なユースケースまたはユーザー想定モデルと呼ばれる形式で説明できます。最も一般的な想定モデルには、ニュース/スポーツ、クリエイティブ、プロモ―ションがあります。想定モデルを識別する目的は、一般的なユースケースの周囲に十分な柔軟性を提供して、ロングフォームおよびショートフォームのプロダクション、コンフォーム編集、マニュアルの品質管理など、さまざまな追加のユースケースに簡単に適用できるようにすることです。想定モデルには、ストレージ、ネットワーク帯域幅、ディスクI / O、CPU、メモリの点で異なる要求があります。もちろん、クラウドでは、カラーグレーディング、カラーフィデリティ(色再現)、マルチチャンネル オーディオ サポートなど、いくつかのワークフローで課題がまだあります。しかし、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)プロトコルが進化して、10ビットカラーやより多くのオーディオチャネルなどの機能をサポートするようになると、これらのワークフローを実現することができます。AWSは、将来の機能改善に対応できるように柔軟性を考慮してテンプレートを設計しました。 クリエイティブプロフェッショナル向けクラウドベースワークフローにおける重要な考慮事項 ネットワーク遅延を最小化するとワークステーションのインタラクティブ性が上がり、物理的にAWSリージョンに近いほどユーザーエクスペリエンスが向上することはこの領域では特に重要です。さらに、ロサンゼルスなどの場所には専用の AWS Local Zonesがあり、AWSのコンピューティング、ストレージ、データベース、その他の選択されたサービスを大規模な人口、産業、ITセンターの近くに配置することでレイテンシーを削減します。最後に、制作施設、スタジオ、クリエイティブオフィスで運用する場合、AWS Direct Connect 専用帯域を強化するだけでなく、パブリックインターネットパスを抽象化するセキュリティの層を追加します。デプロイメントの場所またはリージョンを選択する場合、目標レイテンシーが約30ミリ秒以下であれば、最適なエクスペリエンスが提供されます。レイテンシーが長くなると、ジョグ/シャトル操作などの周辺機器のインタラクティブ性、または一般的な再生やGUIアクティビティに遅れが生じる可能性があります。 AWSの利点 クリエイティブワークフローをAWSに移行するには多くの利点があります。その1つは、容量に厳密な計画を立てることなく、需要に基づいてシステムを拡張できることです。コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、その他のAWSサービスはすべて従量課金制ですので、ストレージを拡張したり、多数のワークステーションを調達するために多額の設備投資を計画する必要がなくなります。ワークステーションのアップグレード、パッチ適用、およびイメージングも簡単で、AWS System Mangerを介して自動化できます。インフラストラクチャを一元的に配置して保護できるため、全ユーザーにコンテンツを転送するという、時間とコストのかかるモデルではなく、リソースとアセットのシングルプールを使用して、クリエイティブユーザーがコラボレーションできます。さらに、AWSは現在、グローバルな分散型なワークフローの運用を実現するため、23の地理的リージョン内の73のアベイラビリティーゾーンにまたがっており、これによってインフラストラクチャをローカルで確保している人材の近くに配置できます。例として、動的インフラストラクチャとAWSテクノロジーを採用すると、ワールドカップサッカーなどのライブイベントで、リモート編集やハイライト制作が可能になります。これらの利点を活用してクリエイティブワークフローを最適化すると、コストが削減され、セキュリティとストレージの要件が一元化、時間のかかるデータと人員の移動が排除され、クリエイティブワークフローの市場投入までの時間が短縮されます。 セキュリティ AWSは、ワークステーションとコンテンツへのアクセスを安全に制御、監視、監査するためのきめ細かなアクセスを提供します。AWSのセキュリティは最優先事項であり、AWS Artifactを通じてインフラストラクチャとコンテンツを保護するための多くのリソースを見つけることができます、コンプライアンス関連情報の中心的なリソースであり、AWSマネジメントコンソールから利用できます。Artifactは、アセット管理やクラウドレンダリングなどのユースケースを中心に、AWSで安全でエンドツーエンドの本番環境対応システムを構築する方法を示す詳細な導入ガイドを提供します。より詳細な観点から見ると、監査可能性と追跡可能性はクラウドベースの編集ワークフローを構築する際に考慮すべき重要な要素です。AWSでは、仮想編集ステーションの管理のセキュリティ負担を軽減するサービスを提供しています。AWS CloudTrail、Amazon GuardDuty、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)サーバーアクセスログなどのサービスを使用して、インフラストラクチャを完全に監査できます。さらに、AWS Security Hubサービス全体のセキュリティ状況の包括的かつ集約されたビューを提供します。高価値なアセットとコンテンツに関しては、Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)やAmazon S3などのサービス全体で、保管時および転送時に暗号化を提供できます。AWS Key Management Service (KMS)を使用すれば、顧客管理とサービス管理の両方のコンテンツ暗号化とキー管理できます。 最後に、そして最も重要なこととして、編集ステーションの表示プロトコルは適切なレベルのセキュリティを採用する必要があります。 TeradiciのPCoIPディスプレイプロトコルは、FIPS 140-2レベルで常時オンのAES256暗号化を提供し、クライアントにストリーミングするデータを安全に保ちます。さらに高いレベルのセキュリティが必要な場合は、低遅延用に最適化されたソリューションといった、AWSまたはパートナーのさまざまなVPNソリューションでディスプレイプロトコルを保護できます。 AWS G4 GPUとTeradiciのPCoIPプロトコルおよびAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)上のクラウドアクセスソフトウェアを使用することで、デスクトップを自宅またはオフィスにストリーミングできます。TeradiciのPCoIPプロトコルには、Mac、Windows、およびLinuxシステムのゼロまたはシンクライアント(ハードウェア専用アプライアンス、HP、10ZiGおよびその他のパートナーから入手可能)またはソフトウェアクライアントで実行するオプションがあり、クリエイティブユーザーは、選択したローカルオペレーティングシステムに関係なく同じ編集エクスペリエンスを楽しむことができます。VDIワークステーションとプロトコルの将来を見据えた進化と同様に、AWSには、最適化されたビットレートと4K/UHDをサポートする「PCoIP Ultra」という、Teradiciの新しい拡張プロトコルに適応できるソリューションテンプレートがあります。 マルチモニター編集ワークフローでは、より強力なマルチGPU G4ファミリーインスタンスで最大4台のモニターを使用でき、個別のプレビュー、タイムライン、およびアセット管理モニターを使用して、オンプレミスとほぼ同じエクスペリエンスを提供します。Teradiciは、USBパススルー経由でWacomタブレットなどの一般的なUSB HIDベースの周辺機器もサポートしています。互換性のあるデバイスをローカルに接続するだけで、リモートワークステーションですぐに使用できます。これとその他の一般的なTeradiciのデプロイおよび操作関連の質問の詳細については、コンテンツ作成用AWSワークステーションガイドを参照してください。 アーキテクチャ アーキテクチャについて考えるときは、ワークフローを考慮することが重要です。メディア アセット マネージメント ソリューションの中には、クラウドでこのワークフローをサポートし、Adobe […]

Read More