AWS Innvoate 2018

八起ななこ(やおき・ななこ)は新米プログラマー。スタートアップとデベロッパーのためのコ・ワーキングスペース AWS Loft Tokyo を訪れたななこ達。そこで AWS の Solutions Architect(ソリューションアーキテクト)から、オンラインセミナー AWS Black Belt や、 年間の最大イベント、AWS Summit Tokyo や AWS re:Invent の情報を知り大いに感化される。 AWS Loft Tokyo でエンジニアに技術相談ができる Ask An Expert カウンターで知り合った SA より、 AWS 認定資格制度 を知ったななこは、デベロッパー向け AWS 認定資格へのチャレンジを決意する。

vol6-2

hero_jp_aws-loft-tokyo-image-logo

発想とテクノロジーが融合する場所

AWS Loft は、AWS を利用中のスタートアップおよびデベロッパーのための施設です。
リラックスした雰囲気のコ・ワーキングスペースは、ディスカッションやグループワークに適したゾーンや、コーディングなどに集中したい時に適したゾーンがあり、その時々の利用目的に応じて、柔軟にご利用ができます。また、AWS のテクノロジーに熟達した AWS のソリューションアーキテクトやサポートエンジニアへいつでも技術的な相談が可能な「Ask An Expert カウンター」もご用意しております。
毎週開催される様々なセミナーでは、 お仕事帰りにもお立ち寄り頂けるよう、夕方開始のナイトセミナーも行います。(イベント・セミナー一覧はこちら

editorial_folder_yellow

AWS サービスのアップデート情報、お役立ち情報などを日々更新しています。 AWS のグローバル情報に加えて、日本独自の情報も発信中。PC やモバイルでぜひチェックください。

ed_jp_blackbelt_logo

製品・サービス別、ソリューション別、業種別のそれぞれのテーマに分けて行われるオンラインセミナーシリーズです。全国どこからでも、インターネット環境があればご参加いただけます。ご質問も可能です。お気軽にご参加ください。

summit tokyo

AWS Summit はAWS に関する情報交換、コラボレーション、学習を行うことができる日本最大級のクラウドコンピューティングカンファレンスです。基調講演、お客様事例、ユースケースセッションなどで、幅広く AWS の最新テクノロジー動向や最新実用事例を学ぶことができます。
2018 年は、 5 月 30 日(水)から 6 月 1 日(金)まで開催されました。

reInvent 2018

2018 年で 7 回目を迎える AWS 最大規模の グローバルイベント。AWS やパートナーによる多くの新サービスや新機能が発表され、 1,000 を超えるプレイクアウト セッションや最新のテクノロジーの展示やデモンストレーション、様々なイベントがラスベガス のいくつかのエリアで開催されます。
2018 年は、 11 月 26 日(月)から 11 月 30 日の期間で開催されます。

jawsug

JAWS-UGとは、AWS Users Group – Japan の頭文字をつなげた言葉で、 AWS  ( Amazon Web Services ) が提供するクラウドコンピューティングを利用する人々の集まり(コミュニティ)です。一人ではできない学びや交流を目的とし、 AWS ユーザのボランティアによる勉強会の開催や交流イベントなどを行なっています。日本全国に支部があり、それぞれのテーマに基づいて活動を行なっています。

megurodev

Meguro.dev は AWS の各サービスを道具としてアプリケーション開発を行うデベロッパーのための新しいコミュニティです。
参加者同士でディスカッションやコーディングを行い、AWS 関連のスキルの幅をひろげていくことを目的としています。 どのように AWS を使ったアプリケーションを開発するか、具体的にどうコーディングしていくべきかなど、主にアプリケーション開発の観点から、モブプロのように実際に手を動かす(コードを書く)勉強会を定期開催しています。

クラウドコンピューティングの業界で広く認知された AWS の認定制度です。これを持つことにより、 AWS クラウドの技術的スキルと専門知識を証明することができます。

AWS_Certification_Roadmap_2018_JP

セルフスペースラボ

AWS の各サービスや実際のクラウドシナリオを使用して、AWS が実際に稼働している環境で実践演習を行います。サービスについて順を追って学習すること、ユースケースを演習すること、AWS 認定の準備をすることができます。セルフスペースラボについて詳しくはこちらをご確認ください。

このマンガの感想や、AWS サービスについて、また、あなたのエンジニアあるあるなどを、ハッシュタグ #AWS開発日記 を使ってソーシャルメディアにぜひ投稿ください。AWS 公式から RT するかも(?)

AWS アカウント作成はこちら ≫

※本ページの掲載内容は投稿日時点の情報となります。