試験のスケジュールを立てる

 

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト (2018 年 6 月リリース) 試験は、開発者のロールを担当する個人を対象としています。 

この試験で評価する能力は以下のとおりです。

  • AWS の主要なサービス、使用方法および AWS の基本アーキテクチャのベストプラクティスについて理解していること
  • AWS を使用するクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグについて習熟していること
  • AWS ベースのアプリケーションの開発と保守に関する 1 年以上の実務経験
  • 最低でも 1 つのハイレベルプログラム言語についての深い知識
  • AWS の主要なサービス、使用方法および AWS の基本アーキテクチャのベストプラクティスについての理解
  • AWS を使用するクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグの実力
  • AWS のサービスの API、AWS CLI、SDK を使用してアプリケーションを記述する能力
  • AWS のサービスの主要な機能を説明する能力
  • AWS の責任共有モデルについての理解
  • アプリケーションのライフサイクル管理についての理解
  • CI/CD パイプラインを使用して AWS にアプリケーションをデプロイする能力
  • AWS のサービスを使用または操作する能力
  • クラウドネイティブアプリケーションの基本的な知識を活用してコードに記述する能力
  • AWS セキュリティのベストプラクティスに従ったコードを記述する能力 (例: シークレットキーやアクセスキーをコードに記述せず、代わりに IAM ロールを使用することなど)
  • AWS 上でコードモジュールを作成し、管理およびデバッグする能力
  • サーバーレスアプリケーションのコードを記述する実力
  • 開発プロセスにおけるコンテナの使用方法についての理解

AWS トレーニング

AWS ホワイトペーパー

AWS ドキュメント
サービスガイドおよび参照資料を含む、コンピューティング、データベース、アプリケーションサービス、メッセージングに関する AWS ドキュメント (ただしこれらの内容に限定されない) のウェブページ

  • 複数の選択肢と複数の答えがある問題
  • 試験時間: 130 分間
  • 試験は英語と日本語でご利用いただけます
  • 模擬試験受験料: 2,000 円(日本語版 / 税別)
  • 本試験受験料: 15,000 円(日本語版 / 税別)
試験ガイドのダウンロード

試験準備リソースガイド

AWS 認定の準備に役立つリソースとヒントを参照してください。

始める準備はできましたか?