AWS トレーニングおよび認定には、新しい AWS 認定クラウドプラクティショナー試験のベータ版が含まれています。この試験により、AWS クラウドについての全体的な理解を持つ人が、業界で広く認知された認定によって、その知識を証明することが可能です。この試験では、さまざまなクラウドおよび技術的役割を担っている人が AWS クラウドの知識を証明し、プロフェッショナルとしての信頼を高めることが可能です。この試験には、クラウドの概念、セキュリティ、テクノロジー、請求と料金という 4 つの分野があります。

このベータ試験の対象者は、これまでに AWS 認定試験を受けたことがない人に限られます。この試験は、販売、マーケティング、ファイナンス、法務に携わる人を対象にしています。具体的には、ビジネスアナリスト、プロジェクトマネージャー、カスタマーエクスペリエンス責任者、AWS Academy の受講者、その他の IT 関連の専門職が考えられます。受験者は、最低 6 か月の AWS クラウド使用経験があること、またはそれと同等のトレーニングを受けていることが推奨されます。

この試験では、受験者に次の能力があることを証明します。

  • AWS クラウドとは何かということ、および基本的なグローバルインフラストラクチャについて明確に理解している。
  • AWS プラットフォームの主なサービスと一般的なユースケース (例: コンピューティング、分析など) について説明できる。
  • AWS クラウドの基本的なアーキテクチャ原理を説明できる。
  • AWS プラットフォームの基本的なセキュリティとコンプライアンスの側面、および共有セキュリティモデルについて説明できる。
  • 請求、アカウントマネジメント、料金モデルを明確に理解している。
  • ドキュメントまたは技術サポート (例: ホワイトペーパー、サポートチケットなど) のソースを特定できる。
  • AWS クラウドの価値提案について説明できる。
  • AWS クラウドにおけるデプロイと運用の基本的で重要な特徴を説明できる。

推奨の AWS 知識:  

受験者は、テクノロジー、マネジメント、販売、購買、またはファイナンスの分野で最低 6 か月の AWS クラウド使用経験があること (またはそれと同等のトレーニングを受けていること) が推奨されます。

推奨の一般的な IT 知識:

受験者には、IT サービスの基本的な知識と、AWS クラウドプラットフォームにおけるそれらサービスの使用に関する知識があることが求められます。

試験準備には次のトレーニングコースおよび資料が役立ちます。

AWS トレーニング

AWS ホワイトペーパー  

ベータ試験の受験手数料は 50 USD です。

ベータ試験には 70 の設問があり、受験者に与えられる試験時間は 110 分です。

試験のスケジュールを立てる
試験ガイドのダウンロード

よくある質問

認定、ベータ試験、模擬試験、再認定についてのよくある質問に対する回答をご覧ください。