オンデマンドで動画配信を行う際、オンプレミス環境の配信システムでは、ピーク時を予測して急増するトラフィックにも耐えうる環境を用意する必要があります。データセンターとの契約には最低契約期間があるため、初期コストだけでなく、月額の固定コストも必要となります。AWS を活用したこの構成を実装した場合、初期コストが必要なく、ご利用いただいた分のみの料金でご利用いただけます。

こちらの例でご紹介する 1ヶ月の期間限定キャンペーンとしてオンデマンド配信を想定した場合、AWS 上で、Amazon Elastic Transcoder で MP4 等の形式の動画データから HTTP Live Streaiming (HLS)形式へトランスコードしたファイルを Amazon S3 に格納し、コンテンツデリバリーネットワークである Amazon CloudFront を利用することで安定的なオンデマンド配信が実現できます。これにより、ピーク時におけるオリジナルサーバの負荷や契約回線の帯域を気にする必要もありません。

Amazon CloudFront は世界数十箇所にキャッシュサーバー(エッジロケーション)を配置しており、キャッシュされたコンテンツは高速に配信されます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

日本担当チームへお問い合わせ »
cdp-cdn-ver2
コンテンツ配信ネットワーク(CDN) Amazon CloudFront
メディア変換 Amazon Elastic Transcoder
バックアップ用ストレージ Amazon S3
ストレージ関連費用 $ 3.34
CDN 関連費用 $ 143.37
メディア変換関連費用 $ 30.60
月額(合計) $177.31
  • 250 MB の容量の動画を 60 本分変換、格納、配信する場合の構成・お見積りです。
  • 全動画ファイルの合計サイズが 100 GB として計算しています。
  • ユーザーは iOS、Android、PC を利用。
  • 合計4,000回の動画再生を想定した料金です。
  • 最新料金によるお見積り金額は、こちらよりご覧いただけます。
  • 本構成例は一つの例です。個別のご計画についてご相談の場合は日本担当チームまでお問い合わせください。 お問い合わせはこちら ≫