IoT Device Management のための

クラウド構成と料金試算例

他のユースケースを選択する
  • 他のユースケースを選択する
  • クラウド構成と料金試算例 TOP
  • ファイルサーバー・Windows システム
  • ビジネスアプリケーション
  • 仮想デスクトップ
  • Web サイト・Web アプリケーション
  • コンテンツ配信
  • バックアップ
  • IoT
  • 機械学習
  • ゲーミング

AWS ソリューション構成例 - IoT Device Management

目的・用途:
複数の工場にデプロイされたデバイスの管理や商用  IoT デバイスのセキュリティ対策を行いたい

この構成での料金試算例:
208 ドル(月額)  

多くの IoT システムでは数万から数百万のデバイスで構成されることもあり、接続されたデバイスフリートを追跡、監視、管理することが不可欠です。ユーザーは、IoT デバイスがシステム稼働後も、確実に適切かつセキュアに動作をさせる必要があります。また、デバイスへのアクセスのセキュリティ保護、正常性の監視、問題の検出とリモートからのトラブルシューティング、およびソフトウェアやファームウェアの更新の管理も必要となってきます。

AWS IoT Device Management では、膨大な数の IoT デバイスの登録、シンプルな編成、デバイスのモニタリング、無線によるファームウェアの更新などリモート管理を簡単かつ安全に行うことができるようになります。更に、AWS IoT Device Defender を利用することで、セキュリティのベストプラクティスからの逸脱がないか IoT 設定を継続的に監査し、セキュリティリスクが発生する可能性がある IoT 設定のギャップが検知されると、アラートを送信することができます。

この構成での選択サービス

セキュリティ設定メトリクスの収集 AWS IoT Core
セキュリティ設定のスケジューリング監視 AWS IoT Device Defender
セキュリティ設定ギャップ検出時の通知 Amazon Simple Notification Service
OTA によるシステム更新 AWS IoT Device Management
システム更新のためのファイル保存 Amazon Simple Storage Service

この構成での料金試算例

サービス
項目 数量 単価 料金 (USD)
AWS IoT Core デバイス接続時間(分) 43,200 万分 (*1) 0.096USD / 100 万分 41.47200
メッセージング数 3 万メッセージ (*2) 1.20USD / 100 万件(10 億件まで) 0.03600
AWS IoT Device Defender 監視対象デバイス 1 万台 0.00149USD / デバイス 14.90000
メトリクス検出 720 万データポイント(*3) 0.34USD / 100 万データポイント 2.44800
Amazon Simple Notification Service 配信リクエスト 720 リクエスト (*4) 最初 100 万件 / 月は無料 0.00000
HTTP/S API リクエスト 720 リクエスト (*4) 2.00USD / 10 万件 0.01440
通知配信メッセージサイズ 450MB (*5) - ※データ転送量参照
AWS IoT Device Management デバイスへのリモートアクション 1 万リモートアクション 0.0036USD / リモートアクション(最初の 250,000 回のリモートアクション) 36.00000
Amazon Simple Storage Service ファイル保存容量 0.1GB 0.025USD / GB
(最初の 50TB/月)
0.00250
書き込みリクエスト 2 リクエスト (*6) 0.0047USD / 1,000 リクエスト 0.00001
読み込みリクエスト 2 万リクエスト (*6) 0.00037USD / 1,000 リクエスト 0.00740
ファイルダウンロード 1000GB (*7) - ※データ転送量参照
その他 データ転送量 1001GB (*8) 0.00USD / GB(1GB まで/月)
0.114USD / GB(次の 9.999TB/月)
114.00000

月額合計料金:208.88031(USD)

※ 2020 年 5 月 22 日時点での試算です

  • 東京リージョンのご利用を想定しています。
  • デバイス 1 万台が AWS IoT Core に 30 日間常時接続します。
  • 更新ジョブ実行のため、AWS IoT Device Management でジョブ作成時にクラウドから AWS IoT Core の 2 種トピック($aws/things/{MyThing}/jobs/notify と $aws/things/{MyThing}/jobs/notify-next)へメッセージが送信され、更にデバイスから更新ジョブスタータスメッセージ(SUCCEEDED or FAILED)が送信されます。
  • AWS IoT Device Defender では 1 日間隔で AWSIoTDeviceDefenderDailyAudit の監査処理を実施し、且つ1時間間隔で 1 メトリクス/台を収集し全メトリクスの 0.01%で違反を検出したとします。
  • Amazon Simple Notification Service からに対して、サイズが 64KB/リクエストのリクエストを送信します。
  • Amazon Simple Storage Service には、AWS IoT Device Management を利用するジョブ実行に必要なファイル(合計 0.1GB)であるジョブファイルと更新ファイルを事前に保存しています。
  1. 1 万デバイス * 43,200 分 (30 日) = 43,200 万分として計算
  2. 1 万デバイス * (2 メッセージ(更新ジョブ実行) + 1 メッセージ(更新ジョブステータス)) = 3 万メッセージとして計算
  3. 1 万デバイス * 1 メトリクス/デバイス * 1 件数/時間 * 720 時間(30 日) = 720 万メトリクス・件数(データポイント)として計算
  4. 720 万データポイント * 0.0001 = 720 リクエストとして計算
  5. 7,200 リクエスト * 64KB = 460,800KB = 450MB として計算
  6. 書き込みリクエストはジョブファイルと更新ファイルの 2 リクエストで、読み込みリクエストは 1 万デバイス* 2 ファイル = 2 万リクエストとして計算
  7. 1 万デバイス * 0.1GB = 1000GB として計算
  8. 450MB(通知配信メッセージサイズ) + 1000GB(ファイルダウンロード) ≒ 1001GB として計算

関連リソース

Lightsail_Pricing-Icon

AWS 料金と見積り方法について
詳細はこちら ≫

Next-Steps-Icon_Toolkit

AWS クラウドのご利用開始方法
詳細はこちら ≫

migration_icon_cdp

国内の AWS クラウド導入事例
詳細はこちら ≫

AWS の導入支援・お見積方法・資料請求の
ご相談に日本担当チームがお答えします。

クラウドを無料ではじめましょう!
60 以上のサービスを 1 年間無料でお試しいただけます。