期限

AWS による認定は、取得した日から 3 年間有効となります。認定の有効性を維持するには、3 年間の有効期限が切れる前に再認定される必要があります。AWS は認定の有効期限が失効する前に再受験案内を送信しますが、認定の有効性維持は本人の責任となります。認定を継続することは、時と共に進化を続けるテクノロジーに関する知識を証明するものであり、認定の価値を維持し、価値を上げるものです。

試験要件

認定の有効性を維持するため、認定試験の最新バージョンを失効前に受ける必要があります。AWS では、教育クレジットの続行など、他の再認定方法を要求することも認めることもありません。知識や技能を維持し、磨いていることを示す最良の方法がもう一度試験を受けることです。加えて、AWS プラットフォームの使用を続けるとき、AWS やプロバイダーが提供しているデジタルトレーニングコースや講師付きトレーニングコースを受け、学習を続けることが奨励されます。

複数の認定を維持する

Foundational レベルと Associate レベルの認定については、ロールベースの上位試験に合格するか、再認定されることで再認定要件を満たすこともできます。各認定レベルの詳細については、弊社の [再認定] メインページをご覧ください。AWS 認定アカウントの特典セクションにある 50% の割引バウチャーを使用して再認定を受けることができます。割引バウチャーは、将来受ける任意の認定試験に適用することも可能です。