API コールまたは DNS クエリを介してリソースを検出する

Cloud Mapでは、AWS SDK や API コール、DNS クエリを介して、アプリケーションでどのようなウェブサービスも検出できます。Cloud Map は DNS を介して、IP アドレスや IPv4 または IPv6 のいずれかを使用する IP アドレスとポート番号の組からそのリソースの場所を取得します。検出 API を使用すると、Cloud Map は IP アドレスとポート番号の組だけでなく、URL や ARN を返すこともできます。

シンプルなサービスネーミング

AWS Cloud Map では、アプリケーション内のサービスに扱いやすいカスタム名を定義できます。これには、Amazon Elastic Container Service (ECS) のタスクAmazon EC2 インスタンスAmazon S3 バケットAmazon DynamoDB テーブルAmazon Simple Queue Service (SQS) キュー、ならびにその他のクラウドリソースが含まれます。

カスタム属性の割り当て

Cloud Map では、各リソースに場所やデプロイステージなどのカスタム属性を定義できます。これにより、さまざまなリージョンや環境でデプロイをカスタマイズできます。

アクセスコントロール

Cloud Map はAWS Identity and Access Management (IAM)と統合され、認証されたサービスのみがレジストリ内でリソースを検出でき、これらのリソースの場所と認証情報を取得できるようにします。

自動ヘルスチェック

Amazon Route 53 ヘルスチェックは、検出クエリにおいて正常なエンドポイントのみが返されるようにします。これにより、Cloud Map には正常なリソースの最新レジストリが常にあるようになります。

AWS Container Serviceとの密接な統合

Amazon Elastic Container Service (ECS)またはAmazon Elastic Service for Kubernetes (EKS)によって管理されるサービスとタスクは、Cloud Map で自動的に登録、更新されます。ECS がサービスのためのタスクを開始すると、それらのタスクは自動的にリソースとして Cloud Map に登録され、5 秒以内に検出可能になります。

敏速な変更の伝播

API ベースの検出を使用する際、更新されたリソースの場所と属性は 5 秒以内に取得できるようになります。

完全マネージド型

AWS Cloud Map を使うことで、独自のサービス検出ツールやソフトウェアを、設定、更新、管理する必要がなくなります。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
AWS Cloud Map の料金を確認する

Cloud Map の料金についてもっと知る

Cloud Map の料金 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで Cloud Map を使用して構築を開始する

サインイン