Amazon CodeGuru を使用するのに前払い料金やコミットメントはありません。お支払いいただくのは、ご利用分だけです。

無料利用枠 - 90 日間の無料トライアル

Amazon CodeGuru がサポートされている AWS リージョンで 90 日間無料でお試しいただけます。CodeGuru の無料トライアルはいつでも開始することができます。

料金

Amazon CodeGuru Reviewer

Amazon CodeGuru Reviewer をソースコードリポジトリで有効にすると、リポジトリ全体の分析を行うか、そのリポジトリで行われたすべてのソースコードのプルリクエストに対してのみ分析を行うかの 2 つの選択肢から選択することができます。

Amazon CodeGuru Profiler

Amazon CodeGuru Profiler を有効にしてアプリケーションをプロファイリングすると、アプリケーションランタイムの CPU 使用率とレイテンシー特性がサンプリングされ、アプリケーションプロファイルが作成されます。Amazon EC2 インスタンス、Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate または AWS Lambda で実行されているアプリケーションの各プロファイルには、CodeGuru Profiler が実行するサンプリング時間数に基づいて設定された料金が発生します。1 サンプリング時間は、1 つのインスタンスもしくはコンテナーで CodeGuru Profiler エージェントを 1 時間実行するのに相当します。つまり、1 つのアプリケーションが 2 つのインスタンスもしくはコンテナでそれぞれ 1 時間実行され、エージェントがこれらの 2 つのインスタンスで実行されている場合には、2 サンプリング時間として集計されます。

料金の例

(すべての例は無料利用枠の終了後に行われたものです)

Amazon CodeGuru Reviewer

料金の例 1 (リポジトリ全体の分析)

10 人のデベロッパーがいて、50,000 行のコードを持つ 1 つのリポジトリがあるとしましょう。Amazon CodeGuru Reviewer でリポジトリ全体を分析したいとします。

分析する行数 = 50,000
コードの分析にかかるコスト = (0 USD* 30,000 行のコード) + 100 行あたり 0.5 USD* (20,000/100) = 100 USD
デベロッパー 1 人あたりのコスト = 100 ドル/デベロッパー 10 人=デベロッパー 1 人あたり月 10 ドル

料金の例 2 (リポジトリ全体の分析)

200 人のデベロッパーと 5 つのリポジトリがあり、それぞれに 200,000 行のコードがあるとしましょう。Amazon CodeGuru Reviewer でリポジトリ全体を分析したいとします。
分析する行数 = (5 つのリポジトリ * 200,000 行のコード) = 1,000,000
コードの分析にかかるコスト= (0 USD* 30,000 行のコード) +100 行のコードごとに 0.5 USD* (970,000/100) =4,850 USD
デベロッパー 1 人あたりのコスト = 4,850 USD/デベロッパー 200 人=デベロッパー 1 人あたり月 24.25 USD

料金の例 3 (プルリクエストの分析)

50 人のデベロッパーがリポジトリのコードを処理しているとしましょう。毎月合計 200 件の新規のプルリクエストが実行され、1 件のリクエストの行数は平均 500 行です。またそれに加えて、それぞれ平均 25 行の過去に分析されたプルリクエストに 800 の変更が加えられます。Amazon CodeGuru Reviewer に、リポジトリに対して行われたすべてのソースコードプルリクエストとリビジョンを分析してもらいたいと考えています。
分析される行数 = (200 件の新規のプルリクエスト * 500 コード行 ) + (800 件のリビジョン * 25 コード行) = 120,000
コード分析にかかるコスト = 100 コード行あたり 0.75 USD * (120,000/100) = 900 USD
デベロッパー 1 人あたりのコスト = 900 USD/デベロッパー 50 人=デベロッパー 1 人あたり月 18 USD

Amazon CodeGuru Profiler

料金の例 1

CodeGuru Profiler を使用して、50 個の EC2 インスタンスで実行されている 1 つのアプリケーションのプロファイルを作成するシナリオを考えます。この場合、プロファイリンググループは単一のアプリケーションで構成されます。

サンプリング時間 = 1 アプリケーション * 50 インスタンス * 1 日あたり 24 時間 * 1 か月あたり 30 日 = 36,000 サンプリング時間

この例では、この請求期間中に CodeGuru Profiler を使用したことに対してアカウントに課される料金は、1 時間あたり 0.005 USD のレートで 36,000 サンプル時間、合計 180 USD になります。
 

料金の例 2

CodeGuru Profiler を使用して、EC2 インスタンスで実行する 10 個のアプリケーションのプロファイルを作成するシナリオを考えます。アプリケーションは、それぞれ異なるプロファイルグループとして、15 個の EC2 インスタンスを持っています。

プロファイリンググループごとのサンプリング時間 = 1 アプリケーション * 15 インスタンス * 1 日あたり 24 時間 * 1 か月あたり 30 日= 10,800 サンプリング時間

この例では、10 個のプロファイリンググループのそれぞれが 36,000 サンプリング時間未満を集計するため、この請求期間中に CodeGuru Profiler を使用したことに対してアカウントに課される料金は、プロファイリンググループごとに 10,800 サンプリング時間に、1 時間あたり 0.005 USD のレートで 10 プロファイリンググループを掛けたもので、合計 540 USD になります。

料金の例 3

CodeGuru Profiler を使用して、70 個の ECS コンテナで実行されている単一のアプリケーションのプロファイルを作成するシナリオを考えます。

サンプリング時間 = 1 アプリケーション * 70 インスタンス * 1 日あたり 24 時間 * 1 か月あたり 30 日 = 50,400 サンプリング時間 (プロファイリンググループごとに 1 か月あたり 36,000 サンプリング時間を上限)。

この例における請求期間中、CodeGuru Profiler の使用に対してアカウントに請求される金額は、1 時間あたり 0.005 USD の単位料金で 36,000 サンプリング時間の使用なので、合計 180 USD になります。

料金の例 #4'.

CodeGuru Profiler により AWS Lambda 関数のプロファイリングを行うシナリオを考えます。この関数は、一度の呼び出しの度に 5 秒間実行し、呼び出しは毎月 100 万回あるとします。

サンプリング時間 = (5 秒 × 1,000,000 呼び出し) / 3,600 秒 = 1,388.89

支払いアカウントごとに最初の 500 サンプリング時間までは無料なので、この例において、この請求期間中での CodeGuru Profiler の使用に対しアカウントに請求される金額は、1 時間あたり 0.005 USD の単位料金で 888.89 サンプリング時間の使用となり、合計 4.44 USD になります。

料金の例 #5

同じプロファイリンググループ内にある 2 つの AWS Lambda 関数のプロファイリングを、CodeGuru Profiler で行うシナリオを考えます。1 つめの Lambda 関数は、一度の呼び出しで 3 秒間実行し、毎月 1000 万回呼び出されるとします。2 つめの Lambda 関数では、一度の呼び出しでの実行時間は 6 秒間とし、毎月 2000 万回呼び出されるとします。

サンプリング時間 = (3 秒 × 10,000,000 呼び出し + 6 秒 × 20,000,000 呼び出し) / 3,600 秒 = 41,666.67

この例では、これがアカウント内の AWS Lambda に関するプロファイリングのすべてとします。アカウントごとに最初の 500 サンプリング時間は無料で、プロファイリンググループごとに 36,000 時間を超える分には課金されないため、このアカウントでのこの請求期間の CodeGuru Profiler 利用料金は、(36,000 - 500) × 0.005 = 177.50 USD となります。

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
よくある質問で詳細を確認する

Amazon CodeGuru のよくある質問ページをご覧ください。

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon CodeGuru の構築を始めましょう。

サインイン