AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。


1. AWS CodeStar とは何ですか?

AWS CodeStar は、アプリケーションをすばやく開発および構築して AWS にデプロイするために必要なツールを備えたクラウドベースの開発サービスです。 AWS CodeStar では、継続的な配信ツールチェーン全体を数分で設定でき、コードのリリースをすばやく開始できます。 組み込みのロールベースのポリシーによってチーム全体が安全に連携しやすくなり、プロジェクトのアクセス管理や所有者、コントリビューター、ビューワーの追加も簡単です。 AWS CodeStar の各プロジェクトは統合プロジェクトダッシュボードを備え、サードパーティーの問題追跡およびプロジェクト管理ツール Atlassian JIRA Software と統合されます。 AWS CodeStar のプロジェクトダッシュボードにより、バックログの作業項目から本番コードのデプロイまで、ソフトウェア開発プロセス全体を簡単に追跡できます。

 

2. AWS CodeStar を使用するメリットは何ですか?

AWS でのソフトウェア開発プロジェクトをすばやくセットアップしたいときは、完全なツールセットを使用してチームベースのプロジェクトを開始する場合でも、ソースリポジトリで試験プロジェクトをセットアップするだけの場合でも、CodeStar を使用することをおすすめします。 AWS CodeStar は、サンプルプロジェクト用の完全なツールチェーンを出発点として、継続的デリバリーの詳細を学びたい場合にも使用できます。 実際のアプリケーションをセットアップするプロジェクトテンプレートでセットアップの手順を体験できます。これらのテンプレートはニーズに合わせて将来いつでも変更できます。  

 

3. AWS CodeStar で何ができますか?

AWS での開発をわずか数分で開始できます。AWS CodeStar では、アプリケーションコードのコーディング、ビルド、テスト、デプロイに使用する開発および継続的な配信ツールチェーン全体を数分で簡単に設定できます。 プロジェクトを開始するときは、Amazon EC2、AWS Lambda、および AWS Elastic Beanstalk に対応するさまざまな AWS CodeStar テンプレートの中から選ぶことができます。 プロジェクトテンプレートを選択すると、基礎となる AWS のサービスが数分でプロビジョニングされるため、アプリケーションのコーディングとデプロイをすばやく開始できます。

チーム全体で安全に作業できます。AWS CodeStar では、チーム全体でのコラボレーションを安全に実行できます。AWS CodeStar には AWS のセキュリティベストプラクティスに準拠するロールベースのポリシーが組み込まれているため、チームのプロジェクトへのアクセスをセットアップするプロセスが簡素化されます。 プロジェクトの所有者、コントリビューター、ビューワーのアクセスを簡単に管理でき、サービスごとに独自のポリシーを手動で構成する必要がありません。

ソフトウェアデリバリーを簡単に管理できます。AWS CodeStar では、統合プロジェクトダッシュボードによって各種の日常的な開発アクティビティを容易に調整できます。そのため、1 つの場所からアプリケーションアクティビティを監視し、コードのコミット、ビルド、テスト、デプロイなどのソフトウェア開発プロセスの全段階にわたって進行状況を追跡できます。 AWS CodeStar にはサードパーティーの問題追跡およびプロジェクト管理ツール Atlassian JIRA が統合されているため、JIRA の問題を AWS CodeStar のダッシュボードで直接、簡単に管理できます。

さまざまなプロジェクトテンプレートから選択できます。AWS CodeStar のプロジェクトテンプレートにより、ウェブサイト、ウェブアプリケーション、ウェブサービス、Alexa スキルなどのさまざまなアプリケーションを簡単に開発できます。AWS CodeStar のプロジェクトテンプレートには、サポートされる Java、JavaScript、PHP、Ruby、Python などのプログラミング言語でプロジェクトを開始するためのコードが用意されています。

 

4. AWS CodeStar にはどのくらいの費用がかかりますか?

AWS CodeStar に対する追加料金はありません。 CodeStar プロジェクトで使用した AWS リソース (EC2 インスタンス、Lambda での実行、S3 バケットなど) に対してのみ料金が発生します。 実際に使用した分に対してのみ料金が発生します。最低料金や前払いの義務はありません。


5.どうすれば AWS CodeStar の使用を開始できますか?

AWS CodeStar は、AWS CodeStar コンソールによってわずか数分で使用を開始できます。最初に、利用可能な CodeStar のプロジェクトテンプレートのいずれかを選択します。プロジェクトに必要なすべてのリソースが自動的にプロビジョニングされます。 プロジェクトがプロビジョニングされると、実行中のアプリケーションが [Application endpoints] タイルに表示されます。 CodeStar コンソールに表示される手順に従って、プロジェクト用の AWS CodeCommit ソースリポジトリに接続し、コーディングを開始します。 プロジェクトダッシュボードを使用して、リリースプロセス中の変更を追跡して管理したり、プロジェクトの最新のアクティビティを確認したりできます。

 

6.AWS CodeStar ではどのタイプのアプリケーションを構築できますか?

CodeStar はウェブアプリケーション、ウェブサービスなどの構築に使用できます。 構築したアプリケーションは Amazon EC2、AWS Elastic Beanstalk、または AWS Lambda で動作します。 プロジェクトテンプレートは、Java、Node.js (JavaScript)、PHP、Python、Ruby などの複数のプログラミング言語に対応しています。

 

7.AWS CodeStar プロジェクトのユーザーを追加、削除、または変更するにはどうすればよいですか?

CodeStar プロジェクトのユーザーは、CodeStar コンソールの [Team] セクションで追加、変更、または削除できます。 所有者、コントリビューター、またはビューワーの権限を選択してユーザーに付与することができます。 ユーザーの削除やロールの変更も、いつでも行うことができます。

 

8.AWS CodeStar ユーザーは IAM ユーザーとどのような関係になりますか?

CodeStar ユーザーは、事前に構築されたロールベースのアクセスポリシーを開発環境全体に適用する CodeStar で管理される IAM ユーザーです。CodeStar ユーザーは IAM ユーザーがベースとなるため、IAM に備わる管理上の利点を引き続き利用できます。 たとえば、既存の IAM ユーザーを CodeStar プロジェクトに追加すると、IAM の既存のグローバルアカウントポリシーが引き続き適用されます。

 

9.AWS CodeStar プロジェクトでの作業を IDE から直接行うことはできますか?

はい。 Eclipse または Visual Studio 用の AWS Toolkit をインストールすれば、CodeStar プロジェクトでの作業ができるローカル開発環境を簡単に設定できるようになります。インストール後は、開発者が利用可能な CodeStar プロジェクトの中から選択し、開発ツールを自動的に設定してプロジェクトのソースコードを複製したりチェックアウトしたりできます。これらすべてを開発者の IDE 内で実行できます。

 

10.プロジェクトダッシュボードはどのように設定すればよいのですか?

プロジェクトダッシュボードは、必要なタイルが任意の場所に表示されるように設定できます。タイルを追加または削除するには、プロジェクトダッシュボードの [Tiles] ドロップダウンをクリックします。 プロジェクトダッシュボードのレイアウトを変更するには、タイルを目的の位置までドラッグします。 

 

11.AWS CodeStar に統合されて使用可能なサードパーティーツールがありますか?

AWS CodeStar では、Atlassian JIRA との連携によりプロジェクトに問題解決機能が統合されます。また、プロジェクトの AWS CodePipeline にパートナーアクションを追加できます。 使用できる CodePipeline アクションのリストについては、製品の統合ページを参照してください。

 

11.私はサードパーティーツールのベンダーです。 AWS CodeStar と統合できますか?

AWS Partner Network (APN) メンバー向けの統合プログラムの構築が開始されています。 すでに APN メンバーで、詳細に関心をお持ちの場合は、aws-codestar-request@amazon.com までお問い合わせください。

 

12.AWS CodeStar を使用して既存の AWS アプリケーションを管理できますか?

いいえ。 AWS CodeStar は、お客様が AWS での新規ソフトウェアプロジェクトをすばやく開始するために役立ちます。 CodeStar の各プロジェクトには、単独でも既存の AWS アプリケーションと組み合わせても使用できる AWS CodePipelineAWS CodeCommitAWS CodeBuildAWS CodeDeploy などの開発ツールが含まれます。これらのツールが既存の AWS アプリケーションでどのように役立つかに関心をお持ちのお客様は、各サービスのページで詳細をご覧ください。


13.AWS CodeStar はどのリージョンで利用できますか?

AWS CodeStar は、US-East-1 (バージニア)、US East-2 (オハイオ)、US-West-2 (オレゴン)、EU-West-1 (アイルランド) の各リージョンで利用できます。 CodeStar コンソールには、一元化されたビューに全リージョンのすべての開発プロジェクトが表示されます。CodeStar プロジェクトはコンソールで設定されているリージョンに保存されます。

 

14.AWS CodeStar を使用してほかのリージョンのアプリケーションを起動できますか?

いいえ。 CodeStar では、CodeCommit リポジトリなどのコードサービスリソースが、CodeStar プロジェクトの設定で指定されたリージョンで設定および管理されます。