ISO 9001 について教えてください

 

 

AWS ISO 9001

ISO 9001 では、組織内で効率的な品質管理を実現するために必要な構造、責任、手順の文書化とレビューに対する、プロセス重視のアプローチについて概説されています。この標準の特定のセクションには、次のようなトピックに関する情報が含まれています。

  • 品質マニュアルの文書化、文書管理、決定プロセスの相互作用など、品質管理システムの要件
  • 経営者の責任
  • 人材および組織の作業環境など、リソースの管理
  • 設計から納品までの手順を含むサービスの開発
  • 顧客満足度
  • 内部監査、是正措置、予防措置などの活動による QMS の測定、分析、改善

この規格の認証を取得し続けることの意義は、AWS の製品とサービスが ISO 9001 の品質要件を満たし続けることにより、組織の構造、責任、手順、プロセス、リソースを確立、維持、および改善することです。

AWS ISO 9001 認定はこちらからダウンロードできます。 


はい。AWS では品質システムに関する体系的な調査を独自に実施し、アクティビティやその結果が ISO 9001 の要件に準拠しているかどうかを確認しました。また、認証機関によって、登録範囲に記載されているアクティビティの品質マネジメントシステムが ISO 9001 の要件に準拠していることが認められました。

AWS の ISO 9001 認証は AWS クラウドで品質管理された IT システムを開発、移行、運用するお客様を直接サポートします。お客様は、ISO 9001 プログラムや業界別の品質プログラム(ライフサイエンスでの GxP、医療機器での ISO 13485、航空宇宙産業での AS9100、自動車産業での ISO/TS 16949 など)の取得に、AWS の準拠レポートを証拠として活用できます。品質システムの要件がないお客様にも、ISO 9001 認証により AWS の保証や透明性が向上するというメリットがあります。

AWS の ISO 9001 認定には、上記の AWS サービスをサポートするハードウェアが収容されているデータセンターが含まれます。AWS データセンターは、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、米国西部 (カリフォルニア北部)、AWS GovCloud (米国)、カナダ (モントリオール)、EU (ロンドン)、EU (アイルランド)、EU (フランクフルト)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (ムンバイ)、アジアパシフィック (ソウル)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (東京)、南米 (サンパウロ)、および次の AWS エッジロケーションに配置されています。

  • メルボルン(オーストラリア)
  • シドニー (オーストラリア)
  • リオデジャネイロ(ブラジル)
  • サンパウロ (ブラジル)
  • モントリオール (カナダ)
  • トロント (カナダ)
  • 香港 (中国)
  • ロンドン (英国)
  • マルセイユ (フランス)
  • パリ (フランス)
  • フランクフルト (ドイツ)
  • チェンナイ (インド)
  • ムンバイ (インド)
  • ニューデリー (インド)
  • ダブリン (アイルランド)
  • ミラノ (イタリア)
  • 大阪 (日本)
  • 東京 (日本)
  • ソウル (韓国)
  • アムステルダム (オランダ)
  • マニラ (フィリピン)
  • ワルシャワ (ポーランド)
  • シンガポール
  • マドリード (スペイン)
  • ストックホルム (スウェーデン)
  • 台北 (台湾)
  • カリフォルニア州(米国)
  • フロリダ州(米国)
  • ジョージア州(米国)
  • イリノイ州 (米国)
  • インディアナ州 (米国)
  • ミズーリ州(米国)
  • ネバダ (米国)
  • ニュージャージー州(米国)
  • ニューヨーク州(米国)
  • オレゴン州 (米国)
  • テキサス州(米国)
  • バージニア州(米国)
  • ワシントン州(米国)

これらのサイトでは AWS エッジロケーションについて記載しています。AWS グローバルインフラストラクチャについての詳細は、こちらを参照してください。

「品質」とは、機密性、可用性、整合性、セキュリティの要件を満たすことができる製品と機能と定義しています。

EY CertifyPoint です。EY CertifyPoint は、国際認定機関フォーラム(IAF)の会員である Dutch Accreditation Council から公認された ISO 認証代理人です。EY CertifyPoint から発行された証明書は、IAF 会員がいるすべての国で有効な証明書として認知されています。

既に ISO 9001 認証の対象範囲内となっている AWS の対象サービスは、コンプライアンスプログラムによる AWS 対象範囲内のサービスで確認できます。このサービスの使用方法やその他のサービスの詳細に関心をお持ちの場合は、お問い合わせください。

ISO 9001:2008 認証は、AWS のサービスと運用リージョンの特定の範囲における品質マネジメントシステムを対象にしています。お客様が AWS クラウド上で IT システムの一部またはすべてを運用しており、ISO 9001 認証を受ける必要がある場合、お客様が協会から自動的に認証されることはありませんが、AWS のような ISO 9001 認証を受けたプロバイダーを使用するなら、認証プロセスが容易になる可能性があります。

はい。AWS の 証明書はここからダウンロードできます。 ISO 9001 およびその他多くの経済的、環境的、社会的な標準については、ISO の Web サイト、http://www.iso.org/iso/home.html を参照してください。ISO は、開発につながるプロセスに資金を提供するため、これらの標準を著作権で保護することを決定しています。

ISO 9001 リソース

 

お問い合わせ

はい。AWS は品質管理システムについての活動とその結果が ISO 9001:2008 要求事項に適合するかどうかといった体系的、独立的な検査を受けています。認証審査員によって AWS の QMS(Quality Management System, 品質マネジメントシステム)が、認定範囲に記述された活動において、ISO 9001:2008 の要求事項を満たしているということが確認されています。

AWS の ISO 9001:2008 認証取得は、AWS クラウド環境において品質が統制された ITシステムを開発、移植、あるいは運用する必要のあるお客様を直接ご支援する内容となっています。お客様は自身の ISO 9001:2008 認証の計画、あるいは、ライフサイエンス業種における GxP、医療機器業種における ISO 13485、航空業種における AS9100、自動車業種における ISO/TS 16949、などの特定の業界における品質プログラムにおいて、AWS のコンプライアンスレポートを活用していただくことが可能です。もし特定の品質システムに関する要求事項が無いお客様でも、この追加された保証と ISO 9001 によってもたらされる透明性により、恩恵を受けることになると考えられます。