韓国情報セキュリティ管理システム

概要

K-ISMS

[認定の対象] アマゾン ウェブ サービス (AWS) ソウルリージョンのインフラストラクチャの運用、[有効期間] 2017 年 12 月 27 日~2020 年 12 月 26 日

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、世界規模のクラウドサービスプロバイダーとして初めて、韓国情報セキュリティ管理システム (K-ISMS) の認定を受けました。この認定は、韓国内の企業や組織が、より効果的にコンプライアンス要件を満たし、セキュリティと信頼性に優れた AWS クラウドが提供するクラス最高のテクノロジーを使用してビジネスの変革を促進するのに役立ちます。

韓国情報セキュリティ管理システム (K-ISMS) は韓国政府の支援する認定で、韓国インターネット振興院 (KISA) が主管し、科学技術情報通信部 (MSIT) の管理下にあります。

K-ISMS は 2002 年に、現地の法的な必要性および韓国の ICT 環境に対応するために、情報通信網の利用促進および情報保護等に関する法律の第 47 条 (ISMS 認定) に基づいて導入されました。K-ISMS は、企業や組織が自身の情報資産を細部にわたって保護するために、情報セキュリティ管理システムを一貫性を持った安全な方法で運用管理しているかどうかを評価する基準として機能します。

K-ISMS 認定を必要とする韓国の企業や組織は、AWS が既に取得したこの認定を利用することで、独自に認定を受ける時間と費用を節約できます。

K-ISMS 認定の対象となる AWS のサービスは、コンプライアンスプログラムによる AWS 対象範囲内のサービスに掲載されています。このサービスの使用方法やその他のサービスの詳細に関心をお持ちの場合は、お問い合わせください。

K-ISMS についてのお客様の声

当社は AWS と密接に協力して、政府の金融サービス規制に準拠しながら、当社のデジタル変革を促進してきました。AWS が世界規模のクラウドサービスプロバイダーとして初めて達成した K-ISMS 認定は、AWS が金融業界を含むいくつかの主要業界でクラウドセキュリティを採用するための考慮事項を解決するために、絶え間ない努力を続けた結果だと考えます。当社は今後も AWS と密接に協力して、当社の意思決定を加速し、IT コストを削減するとともに意義深い洞察を得て、差別化された顧客価値を創造していきます。

新韓金融グループ

情報セキュリティの重要性はこれまでになく重要視されており、教育機関は学校や生徒たちに関する重要情報の安全な管理に責任があると考えています。AWS が K-ISMS 認定を達成したことで、教育機関にとっては、費用対効果の高いクラウドサービスを利用できる大きな機会です。これによって、コストや IT インフラストラクチャを管理する手間を削減するだけでなく、情報セキュリティとコンプライアンスに関する政府の要求を効果的に満たすこともできます。

高麗大学校

AWS クラウドサービスは際立った信頼性とスケーラビリティを提供しており、そのおかげで市場投入までの時間を短縮し、当社の顧客によりよいユーザーエクスペリエンスをお届けしてきました。AWS は韓国顧客および韓国政府の情報セキュリティにおける要求を解決し続けており、ついに K-ISMS 認定を達成した初の世界規模のクラウドサービスプロバイダーになりました。この成果は、AWS がすばらしいサービスとともに、セキュリティを最優先事項に置いていることを表しています。

TMON

AWS が K-ISMS 認定を受けたことを歓迎します。このことにより、当社が将来の展望を達成しビジネスで成功を収めるために、AWS が非常に信頼のおけるアドバイザーであることをより確信しました。AWS の認定は、AWS が他の世界規模のクラウドサービスプロバイダーに先駆けて、現地のコンプライアンス要件を満たす高レベルのセキュリティを提供することを示しています。AWS の実績あるクラウドサービスを利用することで、インフラストラクチャ管理でのコンプライアンスの負担を軽減でき、主要ビジネスにこれまで以上に注力できます。

NEOWIZ

compliance-contactus-icon
ご質問がありますか? AWS のコンプライアンス担当者にご連絡ください
コンプライアンスの役割についてお知りになりたいですか?
今すぐご登録ください »
AWS コンプライアンスの更新情報をご希望ですか?
Twitter でフォローしてください »