無料利用枠

AWS DeepRacer に初めて触れるお客様には、モデルのトレーニングや評価を行うための 10 時間の無料時間枠と 5 GB の無料ストレージを提供しています (利用開始から 1 か月間)。これだけあれば、最初のタイムトライアルモデルのトレーニング、評価、チューニングを行って、AWS DeepRacer リーグに参加させるのに十分でしょう。この無料利用枠は、サービスの初回利用時から 30 日間有効です。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら»

サービスの料金

AWS DeepRacer サービス ユニットあたりの料金
トレーニングまたは評価 3.50 USD/時間
モデルストレージ 0.023 USD/GB/月

デバイスの料金

モデルのパフォーマンスを現実世界で試すなら、Amazon.com (米国のみ) にアクセスして、次のプランのどちらかにお申し込みください。

AWS DeepRacer (399 USD) は 1/18 スケールの完全自走型レーシングカーです。実際のレーストラックでタイムトライアルモデルをテストするために設計されています。解像度 1080 p の 4 メガピクセルカメラを 1 台使用して、レーストラックと強化学習モデルを表示し、車のスロットルとハンドルをコントロールします。レーシングカーは、シミュレーション環境でトレーニングされたタイムトライアルモデルを現実世界にどのように移行できるかを表します。

AWS DeepRacer Evo (598 USD) は自走型レースで次世代を担う製品です。ステレオカメラと LiDAR センサーを完全装備しており、障害物回避や一騎打ちレースが可能で、デベロッパーが次のレベルのレースに進むために必要なすべてが含まれています。障害物回避レースでは、センサーを使ってトラックに配置された障害物を検知し、回避します。一騎打ちレースでは、同じトラックでもう 1 つの DeepRacer と、障害物を回避しながら最速のラップタイムを競います。前方を向いた左右のカメラで構成されたステレオカメラで、画像の詳細について把握できます。この情報を使って、トラック上の物体に接近していることを感知し、回避できます。LiDAR センサーは後ろを向いており、車の後ろや横にある物体を検知します。既に DeepRacer をお持ちのデベロッパーは、AWS DeepRacer Sensor Kit (249 USD) を使って、Evo と同じ機能を持つようにレーシングカーをアップグレードできます。

AWS DeepRacer カーを走行させるための料金はかかりません。

料金の例 1

AWS DeepRacer の利用を開始する際、デベロッパーは強化学習 (RL) モデルのトレーニングを実施する必要があります。AWS DeepRacer サービスでは、一連のきめ細かな既定値で最初のモデルを作成し、続いて仮想シミュレーターでトレーニングするまでをサポートします。タイムトライアルモデルを確実に収束させるため、少なくとも 2 時間はデフォルトの設定でトレーニングすることをお勧めします。パラメータを調整すれば、トレーニングにかかる時間も変化します。

トレーニングが完了したら、AWS DeepRacer サービスを使用して、トレーニングしたモデルのパフォーマンスを評価します。これは、トレーニングしたモデルで仮想トラックを自律走行させることによって行います。これにより、モデルのパフォーマンスのベンチマークを実施することができます。これらのアクティビティのコストは次のとおりです。

AWS DeepRacer のジョブ   時間数 1 時間あたりのコスト (USD) 合計 (USD)
モデルトレーニング   2.00 3.50 USD 7.00 USD
モデルの評価   0.083 3.50 USD 0.29 USD
合計       7.29 USD
         
AWS DeepRacer のストレージ GB 使用 GB/月 GB あたりの月額料金 (USD) 合計 (USD)
モデルストレージ 3.96 3.96 0.023 USD 0.09 USD

この例では、モデルを 1 か月間保存したと仮定して、合計費用は 7.38 USD となっています。モデルの評価とデータの保存に料金が発生しています。これは、ジョブのパラメータが実行時間や生成されるデータに影響を与えたためと考えられます。保存されたデータとしては、モデルのチェックポイント、メタデータ、AWS DeepRacer サービスの提供に必要なその他のファイルが挙げられます。コスト削減のため、モデルをローカルデバイスにダウンロードしておき、利用再開時に再びインポートすることも可能です。

料金の例 2

例 1 で作成したモデルはスタートとしては良いですが、運転の動作に改善を加えれば結果としてより良いラップタイムを記録できるのではないかと考えているとしましょう。モデルのパラメータと報酬関数について反復を行い、新しいモデルを 2 時間トレーニングすることにしました。評価は十分有望な内容に思われましたが、さらなるトレーニングを行うことにしました。モデルを 3 回連続でクローン化し、ハイパーパラメータに小さな変化を加えたうえで、各クローンを 2 時間トレーニングします。トレーニングは合計 8 時間となり、4 つのモデルが得られました。4 つのモデルすべてを評価し、最良のモデルを AWS DeepRacer アカウントに保存します。それ以外の 3 つのモデルは AWS DeepRacer アカウントから削除します。そして、最良のモデルを AWS DeepRacer リーグに登録します。AWS DeepRacer リーグでのレースやコミュニティで行われるレースには無料で参加できます。

AWS DeepRacer のジョブ   時間数 1 時間あたりのコスト (USD) 合計 (USD)
モデルトレーニング   8.00 3.50 USD 28.00 USD
モデルの評価   0.3320 3.50 USD 1.16 USD
合計       29.16 USD
         
AWS DeepRacer のストレージ GB 使用 GB/月 GB あたりの月額料金 (USD) 合計 (USD)
モデルストレージ 3.96 3.96 0.023 USD 0.09 USD

この例では、合計コストは 29.25 USD になります。

料金の例 3

例 1 のモデルと例 2 の最良モデルを AWS DeepRacer アカウントに保存したまま、リーグへの登録のみを毎月行うことにしました。次の表は、最初の 1 か月のみトレーニングを行ったと仮定した、その後の毎月のストレージ使用料を示しています。

AWS DeepRacer のストレージ GB 保存時間数 1 か月 (31 日) の時間数 使用 GB/月 GB あたりの月額料金 (USD) 合計 (USD)
モデルストレージ 7.92 744 744 7.92 0.023 USD 0.18 USD

この例では、1 か月あたりのストレージ使用料は合計で 0.18 USD になります。

料金に関するその他のリソース

TCO 計算ツール

総所有コスト (TCO) を計算

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
開始方法

AWS DeepRacer の開始方法の詳細。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
AWS DeepRacer リーグのルール

AWS DeepRacer リーグのルールと参加要件に関する AWS からの情報。

ルールを見る 
Next-steps-icon_Silverstone
AWS DeepRacer を予約注文する

自動運転のノウハウを通じて、自分の手で RL を実験しながら学ぶことができます。

今すぐ購入する