GRAPHIC_Orange-rule_01

買収と統合に向けての勝利の心と心理戦略

Moody’s Analytics Accelerator テクノロジーとイノベーション部門マネージングディレクターである Chris Thomas との対話


Chris Thomas、テクノロジーとイノベーション部門マネージングディレクター、Moody’s Analytics Accelerator

買収後すぐに取得する際に最も難しいことは、2 つの会社のテクノロジーを統合することです。これは、Moody’s が米国の商業用不動産データプロバイダーである REIS を買収した後、Moody’s Analytics Accelerator のテクノロジーとイノベーション部門のマネージングディレクターである Chris Thomas が取った行動とまったく同じです。Moody’s Analytics Accelerator のテクノロジーリーダーとしての Thomas の役割は、新製品の開発と買収の統合をサポートし、効果的にテクノロジーを調整することでした。AWS の Jeff Drew は、REIS と Moody’s Analytics Accelerator が統合目標をどのように達成したか、そして将来の買収に役立つ可能性のある学習をどのように導き出したかについて、Thomas と話し合いました。 

 

GRAPHIC_Orange-rule_01

最初から並べる

Jeff Drew: REIS 買収の技術的側面を成功させるために、どのような計画を立てましたか?

Chris Thomas: REIS を買収したのは、そのデータ資産と専門知識の深さ、そして商業用不動産のデータと分析の業界を先導できるというビジョンを持っていたためです。常にテクノロジーが重要なポイントとなることを知っていたため、それをチャンスと見なしました。

Jeff Drew: 最初から、文化メッシュにおけるいくつかのステップを踏みましたね。始めたきっかけを教えてください。

Chris Thomas: 文化を理解することは、テクノロジーの統合を成功させる上で不可欠です。特定のプロセスが従業員に採用された理由を理解することで、両方のアプローチの長所を組み合わせたインフラストラクチャを作成する方法について、より明確な洞察を得ることができます。買収直後に、私たちはアクセラレータチーム全体を REIS のオフィスに移し、REIS のチームと並んで自分たちを組み込みました。一緒に働くために私たちがいることを理解してもらいたいと思いました。また、ビジネスとプロジェクトの目標に最適な選択肢を確実に進めるために、最初に AWS をテクノロジー統合に関与させるという戦略的な選択を行いました。テクノロジーの歴史を理解し、課題を評価するまで 2 か月かかりました。その評価は基礎を築くものであって、将来の最先端技術を計画する上で不可欠でした。

Jeff Drew: 買収の際に人的側面をどのように管理しましたか?

Chris Thomas: REIS とアクセラレーターチームがお互いを知り、テクノロジーを進化させるための基礎を築けるような環境を作ることを目的として、1 対 1 の会議、昼食、チーム会議で REIS テクノロジーチームと知り合うために多くの時間を費やしました。REIS チームが私が想定していたものとは非常に異なるプロジェクトを受け取ったことが大きな学びとなりました。チームが新しい方向に向けてどれだけオープンになるかはわかりませんでしたが、早い段階で前向きになったので驚きました。チームは当初から、AWS のスキルと理解を深め、新しいアプローチを採用するために、私たちとの協力において熱心に取り組みました。

 

GRAPHIC_Orange-rule_01

心をつかむ

Jeff Drew: 私たちは統合を通じて心をつかむことについて話しました。最初はどのイニシアチブが重要だったと思いますか?

Chris Thomas: 私たちは、最初にビジネスに多大な影響を与え、達成可能なものであり、組織への信頼を高めるために 10〜12 週間で提供できる実用最小限の製品 (MVP) を望んでいました。これは、統合のトーンを設定するために重要です。

Jeff Drew: 同意します。重要なのは「人」の要素ですね。さまざまなプロジェクトの中で、新しいチームを簡素化して信頼を築く例としては何がありますか?

Chris Thomas: 最初に、面倒な税務ファイルの取り込みプロセスを始めることにしました。私たちが始めたプロセスでは、Excel、Access、および SQL サーバーを組み合わせたものを使用してデータを処理するのに 8〜10 週間かかりました。そして、何かが失敗した場合は、すべてを再起動する必要がありました。この手動プロセスを採用してからは、4 時間で実行できる自動化済みのクラウドベースのプロセスに変換しました。また、一度に 800 万のプロパティをまとめて処理するのではなく、クラウドでスケーリングすることにより、6,000 万のプロパティのユニバース全体をとらえました。それは大きな成功につながりました。

統合の成功における Chris の鍵

  • 2 つのチームを並べて埋め込む。買収する人々に、あなたが彼らと一緒に働く相手であることを知らせてください。
  • 数か月をかけて相手のことを知る。あなたの第一印象は良くないかもしれません。
  • 成功する可能性が高い最初の MVP を選択する。そして自信を高めるための大きなビジネスに影響を与えます。
  • 努力に対して多くの認識を与える。それにより、心をつかむことができます。
  • ハイブリッドなアプローチを取る。文化を変えて、人々に文化を変えるのを手伝ってもらいましょう。

Jeff Drew: これは素晴らしい例ですが、チームの統合を強化する上でどのような影響がありましたか?

Chris Thomas: そのようなプロジェクトを経験するとき、結合効果が発生します。チームの一員として一緒に働くだけでなく、成功のお祝いを分かち合うことで、大きな影響を及ぼします。買収したチームが思考を拡大する機会を持っていることを確認し、彼らの努力に対して多角面での認識を得て、心をつかむことができました。

 

GRAPHIC_Orange-rule_01

統合へのハイブリッドアプローチ

Jeff Drew: 他社と比較して、テクノロジー統合へのアプローチをどのように説明できますか?

Chris Thomas: 会社を買収するとき、あなたができることは 3 つあります。1 つは、そのまま買収することです。貴重な事業体を購入したので、それを壊さないでください。2 つ目は、テクノロジースタック全体を一元化されたプラットフォームに統合することです。結果的に、すべてを正しく行えば、完全に統合された買収が可能になります。REIS テクノロジーの統合によるハイブリッドアプローチを採用しました。チームのテクノロジー文化を変えようとする代わりに、私たちはチームが一緒に革新できるよう奨励しました。データの共有と新製品の構築に関しては、全員を 1 つのマスターデータベースにまとめるのではなく、アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) を活用します。このアプローチにより、1 つのように機能できる 2 つのビジネスができあがりました。これにより、統合を大幅に進めながら、新しい同僚との信頼関係を築くことができます。

Jeff Drew: Moody’s の統合買収を見れば、あなたが問題に惨敗することはないようです。あなたはそれらを通して働きます。あなたには回復力があります。一連の課題のように感じたかもしれませんが、あなたは実際に成功した戦略を開発しています。あなたがこの買収アプローチを広めたことは知っていますが、どのように行ったか教えてください。

Chris Thomas: Slack のように全員を同じコミュニケーションパイプラインに参加させ、新しいチームを同じメールユーティリティに参加させて、お互いのカレンダーを確認できるようにしました。多くの人はここまで考えませんが、それが大きな違いを生みます。2 つの会社を 1 つのツールと通信システムに組み込むのが早ければ早いほど、一緒に前進することができます。

ゲストについて

Chris Thomas、テクノロジーとイノベーション部門マネージングディレクター、Moody’s Analytics Accelerator

Chris Thomas
テクノロジーとイノベーション部門マネージングディレクター、Moody’s Analytics Accelerator

Chris は、Moody’s Analytics コンテンツ部門のマネージングディレクターであり、エグゼクティブディレクターの Dan Russell の直属として、プラットフォームテクノロジーソリューションチームを率いています。Chris は 2001 年に研究部門の一部として Moody’s に入社し、そこで期待されるデフォルト頻度 (EDF) の生産プロセスを構築しました。2008 年に彼は Moodys.com 開発チームを率いるために移行し、2009 年に再設計されたウェブサイトを立ち上げました。

Moody’s に務める前は、Ernst and Young のセキュリティ監査業務を担当するマネージャーであり、情報セキュリティとリスクの分野でフォーチュン 500 企業にソリューションを提供するチームを率いていました。E&Y に務める前は、IBM のグローバルサービス部門のコンサルタントであり、銀行部門と保険部門の両方に戦略的な方向性を提供していました。

Chris は、カナダのウォータールー大学で数学とコンピュータサイエンスの学士号を取得しています。

Jeff Drew、アカウントマネージャー、アマゾン ウェブ サービス

Jeff Drew
アカウントマネージャー、アマゾン ウェブ サービス

Jeff はネットワークプログラマーとしてキャリアを始め、その後 McKinsey に移動しました。McKinsey を離れてから、Jeff は金融サービスを提供する 2 つの小さなテクノロジー企業を立ち上げて売却しました。彼はまた、現在 ICE の子会社である NYSE と Thomson Reuters のためにグローバルテクノロジー製品を立ち上げ、成長させてきました。最近、Jeff は Ernst and Young に相談して、回復力の成熟から買収の統合、IT ポリシー、標準、および制御に至るまでのテクノロジー戦略について金融クライアントにアドバイスしました。Jeff は、Android アプリを含め、プログラミングによって最新の状態を保ちます。


関連資料

金融サービスのクラウド時代
eBook
金融サービスのクラウド時代
クラウドが業界の未来をどのように形作っているかについての展望
金融サービス業界での機械学習の採用加速、Mark Schwartz
ブログ
機械学習の採用加速
近日の FinServ の課題に機械学習を適用するための具体的なアイデア
AWS の金融サービス
業界ソリューション
AWS の金融サービス
顧客および株主に有益な、安全で革新的なソリューションの開発

チームをどのようにクラウドに移行しますか?

新しいチームを雇うよりも、現在のスタッフのスキルを整え、スケールアップする方が費用がかかりません。