AWS エンタープライズストラテジスト、Clarke Rodgers

Clarke Rodgers

AWS エンタープライズストラテジスト

AWS エンタープライズストラテジスト、Clarke Rodgers
以前の役職

クラウドエグゼクティブアドバイザー - AWS セキュリティ、リスク、コンプライアンス
CISO Velogica - SCOR グローバルライフアメリカ

教育

ノースカロライナ大学シャーロット校経営情報システム

認定

認定情報システムセキュリティプロフェッショナル (CISSP)
認定情報セキュリティマネージャー (CISM)
認定情報プライバシープロフェッショナル (CIPP)

趣味

ランニング、サイクリング、サーフィン、ハイキング/キャンプ、柔術、ヨガ、クロスフィットなど、外での活動やアクティビティに基づいたものはほとんどありません。

格言

「クラウドは、セキュリティ、リスク、コンプライアンスの要件をインフラストラクチャおよびアプリケーション開発パイプラインに組み込み、すべてをコードとして管理する、これまでにない機会を顧客に提供します。このレベルの自動化と可視化により、すべての人員不足または資金不足のセキュリティチームができるだけ早くクラウドにアクセスできるように急くことができます」

AWS エンタープライズセキュリティストラテジストとして、Clarke は、経営幹部はがクラウドがセキュリティをどのように変えることができるかを探求し、適切なエンタープライズソリューションを見つけるために彼らとの協力に尽力しています。

Clarke は 2016 年に AWS に入社しましたが、彼はチームの一員になる前から AWS セキュリティの利点に関する経験をしてきました。多国籍生命再保険プロバイダーの CISO として、彼は 2015 年に戦略部門を AWS へ全面的に移行する過程を監督しました。一部の企業が厳しいセキュリティ要件のためにクラウドへの移行を避けていたとき、移行は実際にセキュリティ要件によって推進され、非常に機密性の高い個人データの保護を実証するためのサービス組織管理 (SOC) 2 認定を達成することを目標としていました。

この移動は大成功でした。その部門は認定を得ただけでなく、切り替えにより可用性と運用の俊敏性が向上し、運用上のオーバーヘッドを削減しながらセキュリティを向上させることができました。

現在、Clarke は AWS の移行経験と 20 年以上のセキュリティ、リスク、コンプライアンスの役割を持ち、クラウド変換の導入に企業顧客を導きます。

Clarke は、クラウドへの移行が簡単ではないことを知っています。しかし彼は、ほとんどの組織は自社のデータセンターよりもクラウドでより安全性を保てると強く信じています。彼は、企業がビジネス、IT、およびセキュリティの成果を達成し、最終的にはコアビジネスに専念できるよう支援するエバンジェリストです。

Clarke はノースカロライナ大学シャーロット校に通い、別のタイプのセキュリティで仕事を始めました。アメリカ海兵隊員としても働きました。Clarke はカリフォルニア州サンディエゴに住んでいます。

ブログ

公開日
  • 公開日
  • アルファベット順 (A~Z)
  • アルファベット順 (Z~A)
 検索結果に一致する結果が見つかりませんでした。別の検索をお試しください。

AWS Enterprise Strategy ブログをさらに読む »

ポッドキャスト

公開日
  • 公開日
  • アルファベット順 (A~Z)
  • アルファベット順 (Z~A)
 検索結果に一致する結果が見つかりませんでした。別の検索をお試しください。

動画

公開日
  • 公開日
  • アルファベット順 (A~Z)
  • アルファベット順 (Z~A)
 検索結果に一致する結果が見つかりませんでした。別の検索をお試しください。

AWS とつながる

ニュースレター
Executive Insights ニュースレター
AWS 内外のエグゼクティブからの最新の洞察と見解を受信ボックスにお届けします。
ニュースレターを購読する 
ブログ
エンタープライズ戦略ブログ
個人的にクラウドを活用して変革を導いてきたエグゼクティブリーダーから学びます。
ブログを読む 
ソーシャル
AWS Executive Connection
文化、才能、およびリーダーシップを通じたイノベーションと変革の実現についての展望
LinkedIn でフォローする