profile-collage-phil-le-brun-1048x1140
以前の役職

コーポレートバイスプレジデント、グローバルテクノロジー開発、McDonald’s Corporation
コーポレートバイスプレジデント兼国際 CIO、McDonald’s Corporation

教育機関

PGDip、データサイエンス、テクノロジーとイノベーション、
エディンバラ大学
オープン大学、実践的に考える修士課程システム
変化の管理と組織開発、ベネディクティン大学
ブラッドフォード大学、経営学修士
ビジネス工学士、電気電子工学士
バーミンガム大学

受賞歴

2018 年度および 2019 年度、英国のトップ CIO 100 位

趣味

ビジネスコンピテンシーとしてのテクノロジーの統合
データサイエンス
顧客体験とイノベーション
組織の敏捷性の作成と継続

「リーダーシップチームのテクノロジー IQ を高めて、競争上の優位性として IT を理解できるようにする必要があります。CEO は、財務上のすべてを CFO に外注しているわけではありませんし、テクノロジーや CIO の責務と同時に行うこともできません。クラウドは不可欠な役割を果たし、組織の敏捷性といった文化をサポートすることで、実験を通じて迅速に学びます」

Phil は、エンタープライズストラテジスト兼エバンジェリストとして 2019 年 9 月に AWS に入社しました。この役職により、テクノロジーを大規模に実装してきた経験から得た実践的な教訓を共有しています。これらの授業を用いて、企業が独自のクラウドベースのテクノロジーにおける目標を達成するよう支援し、組織の俊敏性と顧客中心主義をサポートします。

Phil は相当前から、テクノロジーが進化を続けている中、企業の持続可能なメリットや成功の中心には文化があるということを学びました。彼は McDonald’s Corporation で 25 年以上働いていたので、そのキャリアの中で直接経験しました。テクノロジーを一元化するための大規模な取り組みを主導し、組織の文化を変える機会と見なしました。近日のコアテクノロジーは 120 か国 38,000 か所のレストランで稼働しており、毎日世界人口の 1% にサービスを提供しています。

Phil は、たとえ世界最高の技術者がいても、人々の願望や動機を考慮に入れなければ、誰も望まないものを構築するはめになることに気付きました。この有利な地点から、Phil は 2010 年に McDonald のクラウドジャーニーを始めることになりました。その後、彼は、ビジネス全体のデジタルトランスフォーメーションを加速しながら、5 億 USD のコストを節約するという CEO の目標を達成するために取り組みました。AWS のパートナーとして、McDonald は 9 か月足らずで e コマースを 21,000 か所に、宅配を 8,000 か所に拡張することができました。これは、クラウドを導入する前は到達できなかったマイルストーンです。

変化を管理する力は、今日の AWS のお客様に対する Phil のアプローチにおいて中心的な役割を果たしているテーマです。クラウドについてリーダーを教育する際に、恐れや疑いを減らす必要がある世界では、特に価値があります。これは、ビジネスリーダーが文化とテクノロジーの組み合わせを活用してアジャイル組織になる方法を理解するために Phil が使用するアプローチです。

多くの企業はクラウド戦略という課題を経験しており、マルチソーシング、価格交渉、リスクへの懸念、データセンターを所有する伝統、現状維持からの慣性によって圧迫を受けてきました。Phil は、チームが迅速に実験を行い、素早く学び、優れたアイデアを速く拡めるための実際の対話では人と文化を切り離すことができないと信じています。企業の才能を引き出すには、新しい考え方が必要です。Phil は、エンタープライズリーダーとそのチームと協力して、社内文化を進化させ、クラウドジャーニーを加速します。

企業がイノベーションを起こせるよう支援するという Phil の情熱は、彼の個人的な生活にも影響を与えます。彼は本質的に好奇心を持ち続け、エレクトロニクス、プログラミング、データサイエンス、およびその他の多くの実践的なことに興味を持って積極的に学び、実践し続けています。

ブログ

Phil のブログをさらに読む »


さらに、同僚からの洞察にご興味がおありですか?

個人的にクラウドを活用して変革を導いてきた CxO リーダーから学びます。