Windows 仮想マシンを起動する

Amazon Lightsail で起動する

Amazon Lightsail は AWS を開始する最も簡単な方法です。 仮想サーバー、ストレージ、データベース、ネットワークに加えて、費用対効果の高い月次プランがご利用になれます。

このチュートリアルを通じ、お客様は、Windows Server 2016 インスタンスの Amazon Lightsail での作成を数秒で完了できます。起動され実行を開始したインスタンスに対しては、ブラウザベースの RDP クライアントを使用して、Lightsail コンソールから RDP 経由での接続を行います。

Amazon Lightsail を無料で使用開始しましょう。

このチュートリアルの内容
時間 10 分                                           
料金 無料利用枠の対象
ユースケース コンピューティング
製品 Amazon Lightsail
対象者 開発者
レベル 初心者
最終更新日 2020 年 3 月 20 日

1.Amazon Lightsail アカウントを作成する

このチュートリアルは無料利用枠の対象です。 

AWS アカウントをお持ちですか? サインイン

2.Amazon Lightsail で Windows Server 2016 インスタンスを作成する

a.Lightsail ホームページの [インスタンス] タブで [インスタンスを作成] をクリックします。

image1

3.インスタンスを設定します。

a. AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンが選択されます。リージョンアベイラビリティーゾーンを変更を選択して、別の場所にインスタンスを作成します。

image2

b.[Microsoft Windows] プラットフォームオプションを選択し、[OS のみ] をクリックして、Lightsail で利用可能なオペレーティングシステムのみのインスタンスイメージを表示します。

Lightsail インスタンスイメージの詳細については、「Amazon Lightsail インスタンスのイメージの選択」をご参照ください。

image3

c. [Windows Server 2016] を選択します。


d. (オプション) インスタンスの起動時に実行する PowerShell スクリプトを追加するには、[起動スクリプトを追加] をクリックします。

image4
image5

e. インスタンスプランを選択します。

Lightsail プラン (8 USD) を 1 か月間無料でお試しいただけます (最大 750 時間)。アカウントに 1 か月分の無料クレジットが加算されます。

詳細については「Amazon Lightsail 料金表」をご参照ください。

image6

f. インスタンスの名前を入力します。

image7

g. (オプション) インスタンスにタグを追加する場合は、次のいずれかを実行します。

  • (オプション) キーのみのタグを追加 – タグキーのテキストボックスに新しいタグを入力して Enter キーを押します。入力したタグをそのまま追加する場合は [保存] を、そのタグの追加を止める場合は [キャンセル] をクリックします。
  • (オプション) キー値タグを作成 – [キー] テキストボックスにキーを入力し、[] テキストボックスに値を入力します。タグの入力が完了したら [保存] をクリックするか、追加を止める場合は [キャンセル] をクリックします。
キー値タグの追加は、一度の保存に関し 1 つずつしか行えません。複数のキー値タグを追加するには、前の手順を繰り返します。
 
キーのみのタグとキー値タグの詳細については、「 Amazon Lightsail のタグ」をご参照ください。
image8

h.[インスタンスを作成] をクリックします。

image9

数分以内に Windows Server 2016 インスタンスの準備が整い、ブラウザベースの RDP クライアントを使用して Lightsail コンソールから接続できるようになります。

4.Lightsail のブラウザーベースの RDP クライアントを使用してインスタンスに接続する

a. Lightsail ホームページの [インスタンス] タブで、[RDP] アイコンをクリックするか、作成した Windows Server 2016 インスタンスの横にある省略記号 (⋮) アイコンをクリックします。

ブラウザベースの RDP クライアントウィンドウが表示されます。サードパーティ製の RDP クライアントを設定することなく、インスタンスの利用と管理が行えます。

image10
image11

b. Lightsail ホームページの [インスタンス] タブで、ご利用の Windows Server 2016 インスタンスの名前をクリックし、インスタンスの管理者パスワードを取得します。
[接続] タブを開き、ページの [デフォルトのログイン認証情報] セクションまでスクロールダウンして、[デフォルトパスワードを表示] をクリックします。

 

重要: ご利用の Windows Server 2016 インスタンスにサインインした後で管理者パスワードを変更した場合は、Lightsail コンソールに表示される管理者パスワードは無効になります。

image12

5.次のステップ

ここまでで、インスタンスへの接続が可能になりました。次に何をするかは、その使用プランにより異なります。例えば、以下が可能です。

おめでとうございます

Amazon Lightsail を使用して、Windows インスタンスのスピンアップと設定を簡単に完了しました。

Amazon Lightsail は、開発者や WebPros、そして迅速かつ安価な方法で AWS を使い始めたいとお考えの方にも最適です。インスタンス、データベース、SSD ベースのストレージの起動、データの転送、リソースのモニタリングなどを、管理された方法で実行できます。

このチュートリアルは役に立ちましたか?

ありがとうございます
このチュートリアルで良かった点をお聞かせください。
ご期待に添えず申し訳ありません
古い説明、わかりにくい説明、間違った説明はございませんでしたか? このチュートリアルの改善のために、ぜひフィードバックをお寄せください。