この 10 分間のチュートリアル では、Amazon EFS を使用して、ファイルをクラウドに保存します。Amazon EFS ファイルシステムの作成、Amazon EC2 での Linux 仮想マシンの起動、ファイルシステムのマウント、ファイルの作成、インスタンスの終了、ファイルシステムの削除などが行われます。

このチュートリアルはすべて無料利用枠の範囲で実行できます。

AWS リソース管理を始めましょう

コンソールにサインイン

Amazon EFS コンソールから、可用性とスケーラビリティに優れたネットワークファイルシステムを簡単に作成できます。


a. ここをクリックすると、AWS マネジメントコンソールが新しいブラウザウィンドウで開き、このチュートリアルを開いたままにすることができます。 この画面が読み込まれたら、ユーザー名とパスワードを入力して、作業を開始します。次に、[Storage (ストレージ)] の下で EFSを見つけ、クリックして EFS コンソールを開きます。

00-console

(クリックして拡大)

00-console

b. Amazon EFS コンソールで、[Create file system (ファイルシステムを作成)] をクリックします。

01-create-file-system

(クリックして拡大)

01-create-file-system

c. VPC 内のドロップダウンフィールドで [Default VPC (デフォルトのVPC)] が選択されていない場合は、ドロップダウン矢印を選択し、[Default VPC (デフォルトのVPC)] を選択します。 ステップ 1:のデフォルト設定をすべて受け入れ、ファイルシステム アクセスを設定し、 [Next Step (次のステップ)] をクリックします。

02-create-file-system-step-1a

(クリックして拡大)

02-create-file-system-step-1a

d. ステップ 2:オプションの設定のすべてのデフォルト設定を受け入れ、[Next Step (次のステップ)] をクリックします。

03-create-file-system-step-2

(クリックして拡大)

03-create-file-system-step-2

e. ステップ 3:確認および作成のすべてのデフォルト設定を受け入れ、 [Create (作成)] をクリックします。

04-create-file-system-step-3

(クリックして拡大)

04-create-file-system-step-3

ファイルシステムにアクセスするには、ファイルシステムを Amazon EC2 Linux ベースインスタンスにマウントします。このステップでは、Amazon EC2 インスタンスを作成し、設定します。


a. ここをクリックして Amazon EC2 コンソールを開き、[Launch Instance (インスタンスを起動)] をクリックして仮想マシンを作成し、設定します。

05-launch-instance

(クリックして拡大)

05-launch-instance

b. Amazon EC2 を使用して、使用するソフトウェアおよびインスタンスの仕様を指定することができます。この画面では、ソフトウェア設定 (例えば、オペレーティングシステム、アプリケーションサーバー、アプリケーション) を含むテンプレートである Amazon Machine Image (AMI) を選択するオプションが表示されます。 

AMI から、クラウドで仮想サーバーとして実行される AMI のコピーであるインスタンスを起動します。

このチュートリアルでは、Amazon Linux AMI を見つけて [Select (選択)] をクリックします。

06-select-ami

(クリックして拡大)

06-select-ami

c. インスタンスのタイプを選択します。アプリケーションのための適切な組み合わせを選択できるように、インスタンスタイプは CPU、メモリ、ストレージ、およびネットワーキング容量のさまざまな組み合わせで構成されています。詳細については、「Amazon EC2 インスタンスタイプ」を参照してください。

t2.microのデフォルトのオプションには、すでにチェックマークが付いています。このインスタンスのタイプは、無料利用枠内で利用でき、簡単なワークロードに取り組むのに十分なコンピューティング性能を提供しています。ページ下部の [Review and Launch] をクリックします。

07-review-and-launch

(クリックして拡大)

07-review-and-launch

d. インスタンスで選択した設定、ストレージ、タグ付け、セキュリティ設定を確認します。これらの設定をカスタマイズするオプションがありますが、このチュートリアルのデフォルト値を使用することをお勧めします。

ページ下部の [Launch (起動)] をクリックします。

08-launch-instance-end

(クリックして拡大)

08-launch-instance-end

e. 次の画面に、既存のキーペアを選択するか、新しいキーペアを作成するかを尋ねるダイアログが表示されます。キーペアはインスタンスへのログインに使用されます (家に入るために使用する鍵に似ています)。

[Choose an existing key pair (既存のキーペアを選択する)] を選択し、キーペアを選択する、 または [Create a new key pair (新しいキーペアを作成)] を選択し、それにMyKeyPair と名付けます。次に、[Download Key Pair (キーペアのダウンロード)] ボタンをクリックします。キーペアは、必ずご使用のコンピューターの安全な場所に保存してください。

Windows ユーザー: キーペアをご自分のユーザーディレクトリの「.ssh」というサブディレクトリに保存することをお勧めします (例: C:\user\{yourusername}\.ssh\MyKeyPair.pem)。

注意:Windows Explorer でフォルダ名の最初をピリオドにするには、フォルダ名の最後にもピリオドを入力してください。".ssh." というフォルダ名を入力すると、最後のピリオドは自動的に削除されます。

Mac/Linux ユーザー: ホームディレクトリから .ssh サブディレクトリ (例: ~/.ssh/MyKeyPair.pem) にキーペーアを保存することをお勧めします。

注意: SSH プライベートキー (ダウンロード中のファイル) の保存先がわからなくなった場合、ご自分の仮想マシンに接続できなくなります。

キーペアを保存したら、[Launch Instances (インスタンスの作成)] をクリックして Linux をスタートします。

注意:インスタンスが起動するまでに数分かかることがあります。

09-create-keypair-launch

(クリックして拡大)

09-create-keypair-launch

f. 次の画面で [View Instances (インスタンスの表示)] をクリックしてインスタンスを表示し、スタートさせたインスタンスのステータスを確認します。

10-view-instance

(クリックして拡大)

10-view-instance

g. AWS インスタンスの [Public IP address (パブリック IP アドレス) ]をメモしておきます。このアドレスは、ステップ 4 のパート c でインスタンスに接続するために必要になります。

注意: インスタンスのスタートアップが完了していない場合、パブリック IP アドレスは表示されません。[Instance State (インスタンスの状態)] 列にはインスタンスが動作中かどうかが表示され、[Status Checks (ステータスの確認)] 列にはインスタンスのプロビジョンが完了したことを確認する 2 つのチェックに合格したかどうかが表示されます。これらの値の表示は表の右側にある [更新] ボタンを使って更新できます。

11-ip-address

(クリックして拡大)

11-ip-address

h. インスタンスのネットワークがファイルシステムにアクセスできるようにします。インスタンスが選択された状態で、[Actions (アクション) ] > [Networking (ネットワーキング) ] > [Change Security Groups (セキュリティグループを変更)] の順に選択します。

12-change-security-groups-animated

(クリックして拡大)

12-change-security-groups-animated

i. デフォルトの VPC セキュリティグループのチェックボックスをオンにし、[Assign Security Groups] をクリックします。

注意:[launch-wizard-1] セキュリティグループと、[ default VPC security group (デフォルトの VPC セキュリティグループ)] の2 つの セキュリティグループを確認する必要があります。

13-assign-security-groups

(クリックして拡大)

13-assign-security-groups

Amazon EC2 インスタンスを起動したら、そのインスタンスに接続します。

Windows ユーザー:下の [Windows] を選択して、Git Bash のインストール手順を参照します。

Mac/Linux ユーザー:下の[Mac / Linux] を選択して、ターミナルウィンドウを開く手順を参照します。

  • Windows

    a. ここから Git for Windo s をダウンロードします。ダウンロードしたインストーラーを実行し、デフォルト設定を受け入れます (これにより、Git の一部として Git Bash がインストールされます)。

    Getting-Started-VM1

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-VM1

    b. デスクトップ (アイコンやファイルのないところ) で右クリックし、[Git Bash Here] を選択して Git Bash のコマンドプロンプトを開きます。

    Getting-Started-VM2

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-VM2
  • Mac / Linux

    ほとんどの場合、Mac コンピューターまたは Linux コンピューターにはデフォルトで SSH クライアントがあります。SSH クライアントがあるかどうかを確認するには、コマンドラインで ssh と入力します。使用しているコンピューターでコマンドが認識されない場合は、OpenSSH プロジェクトから、ダウンロード可能な SSH ツールの完全なスイートの無料実装が提供されています。

    a. Mac ユーザー: Command + Space を押してターミナルウィンドウを開き、検索ウィンドウに「terminal」と入力します。その後、enter キーを押してターミナルウィンドウを開きます。

    Linux ユーザー: ターミナルウィンドウを開きます。

    Getting-Started-CLI-OSX1

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-CLI-OSX1

    b. chmod コマンドを使用して、プライベートキーファイルが公開されていないことを確認するため、コマンド chmod 400 ~/.ssh/mykeypair.pem を入力し、アクセス権限を自分のプライベート SSH キーのみに制限します。

    : これはインスタンスへの接続ごとに必要な作業ではありません。所有する SSH につき 1 回のみ設定が必要です。

    Getting-Started-VM3

    (クリックして拡大)

    Getting-Started-VM3

c. SSH を使用してインスタンスに接続します。この場合、ユーザー名は ec2-user であり、SSH キーはステップ 2 のパート d で保存したディレクトリにあります。IP アドレスはステップ 2 パート f のものを使用します。フォーマットは ssh -i {.pem ファイルのフルパス} ec2-user@{インスタンスの IP アドレス} になります。

Windows ユーザー: 「ssh -i 'c:\Users\yourusername\.ssh\MyKeyPair.pem' ec2-user@{IP_Address}」と入力します (例: ssh -i 'c:\Users\adamglic\.ssh\MyKeyPair.pem' ec2-user@52.27.212.125)

Mac/Linux ユーザー: 「ssh -i ~/.ssh/MyKeyPair.pem ec2-user@{IP アドレス}」と入力します (例: ssh -i ~/.ssh/MyKeyPair.pem ec2-user@52.27.212.125)。

: Amazon Linux 以外の Linux インスタンスをスタートしている場合、使用されるユーザー名が異なる場合があります。一般的なユーザー名には、ec2-user、root、ubuntu、および fedora があります。ログインユーザー名がわからない場合、AMI プロバイダーに確認してください。

以下のような応答が表示されます。

The authenticity of host 'ec2-198-51-100-1.compute-1.amazonaws.com (10.254.142.33)' can't be established. RSA key fingerprint is 1f:51:ae:28:df:63:e9:d8:cf:38:5d:87:2d:7b:b8:ca:9f:f5:b1:6f. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

yes と入力して、enter を押します。

Getting-Started-VM4

(クリックして拡大)

Getting-Started-VM4

以下のような応答が表示されます。

Warning: Permanently added 'ec2-198-51-100-1.compute-1.amazonaws.com' (RSA) to the list of known hosts.

その後、インスタンスのウェルカム画面が表示されます。これでクラウド内の AWS Linux 仮想マシンに接続されました。

Getting-Started-VM7

(クリックして拡大)

Getting-Started-VM7

ファイルシステムにアクセスするには、標準の Linux のマウントコマンドとファイルシステムの DNS 名を使用して、ファイルシステムをマウントします。マウントが完了すると、ローカルファイルシステム内と同じように、ファイルシステムでファイルやディレクトリを操作できるようになります。Amazon EFS では NFSv4.1 プロトコルが使用されます。


a. ここ をクリックして Amazon EFS コンソールを開き、次にファイルシステムの横にあるラジオボタンを選択し、詳細を表示します。


b. [Amazon EC2 mount instructions (Amazon EC2 マウント手順)] リンクを選択します。

17-mount-instructions

(クリックして拡大)

17-mount-instructions

c. [Amazon EC2 mount instructions (Amazon EC2 マウント手順)] ウィンドウから、[Setting up your EC2 instance (EC2 インスタンスのセットアップ)] セクションをご一読ください。このセクションでは、EC2 インスタンスにクライアント nfs をインストールする手順を実行します。nfs クライアントは、起動した EC2 インスタンスにすでにインストールされているため、次のステップに進むことができます。

17.5-mount-instructions

(クリックして拡大)

17.5-mount-instructions

d. sudo mkdir efs コマンドをコピーすることによって、インスタンスに新しいディレクトリを作成します。

18-mount-instructions-mkdir

(クリックして拡大)

18-mount-instructions-mkdir

e. SSH ウィンドウに sudo mkdir efs コマンドを貼り付け、実行します。

19-ssh-mkdir-efs

(クリックして拡大)

19-ssh-mkdir-efs

f. [Amazon EC2 mount instructions (Amazon EC2 マウント手順)] ウィンドウに戻ります。新しいディレクトリにファイルシステムをマウントします。

sudo mount –t nfs4... コマンド全体をコピーします。

ウィンドウ下部の [Close (閉じる)] をクリックします。

20-mount-instructions-mount

(クリックして拡大)

20-mount-instructions-mount

g. SSH ウィンドウで全体を貼り付け、sudo mount –t nfs4... コマンドを実行してます。

21-ssh-mount

(クリックして拡大)

21-ssh-mount

h. 次のコマンドを実行することによって、ファイルシステムが正常にマウントされていることを確認します:

df -h 

22-ssh-df-h

(クリックして拡大)

22-ssh-df-h

i. 単純な dd コマンドを実行して新しいディレクトリに 1 GiB のファイルを生成し、新しいファイルシステムでテストファイルを作成します。SSH ウィンドウで、次の dd コマンドを実行します:

sudo dd if=/dev/zero of=~/efs/1GiB bs=1M count=1024 status=progress

AWS マネジメントコンソールから、仮想マシンとファイルシステムを簡単に終了させることができます。ここでは、課金され続けることが無いように、使用しないリソースを終了することをお勧めします。


a. まず、Amazon EC2 インスタンスを終了します。 ここ をクリックして Amazon EC2 コンソールを開き、作成したインスタンスの横にあるボックスを選択します。[Actions (アクション)] ボタンをクリックして[Instance State (インスタンスの状態)]へ移動し、[Terminate (終了する)] をクリックします。

終了を確認する画面が表示されるので、[Yes, Terminate (はい、終了します)] を選択します。

注意: このプロセスが完了するまでに数秒かかることがあります。インスタンスが終了すると、EC2 コンソールのインスタンスの状態は、[terminated (終了した) ] に変更されます。

23-terminate-instance-animated

(クリックして拡大)

23-terminate-instance-animated

b. Amazon EFS コンソールからファイルシステムを削除できるようになります。ここ をクリックして Amazon EFS コンソールを開いて、作成したファイルシステムの横にあるラジオボタンを選択します。[Actions (アクション)] ボタンをクリックして、[Delete file system (ファイルシステムを削除)] をクリックします。

テキストボックスにファイルシステム ID を入力することによって、ファイルシステムを削除してよいことを確認します。[Delete File System (ファイルシステムを削除)] をクリックします。

24-delete-file-system-animated

(クリックして拡大)

24-delete-file-system-animated

おめでとうございます。最初のクラウド内のネットワークファイルシステムを作成しました。Amazon EFS は、シンプルでスケーラブルな共有ファイルシステムで、ファイルの増減に応じて拡張や縮小が自動的に行われ、使用しているストレージの量に対してのみ支払います。

Amazon EFS ファイルシステムを使用してネットワークを作成する方法を学びました。「AWS オンライン Tech Talk」 を視聴することによって Amazon EFS についてさらに掘り下げます。Amazon EFS の詳細を観る >>

はい
いいえ