AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、整理、分析を容易にするマネージドサービスです。

データの取り込み

AWS IoT SiteWise は、AWS クラウドへのデータの取り込みに複数のオプションを提供することによって、産業データの収集と整理のプロセスをシンプル化します。AWS IoT SiteWise ゲートウェイソフトウェアは、機器のセキュアな接続、産業機器データの収集と整理、および AWS クラウドへのデータの送信といったプロセスを自動化します。AWS IoT SiteWise ゲートウェイソフトウェアは、一般的なサードパーティ産業ゲートウェイ上での実行が可能で、OPC-UA データアグリゲーター、またはヒストリアンデータベースからデータを読み込み、毎秒何千ものデータストリームをアップロードできます。ゲートウェイは、遠隔施設にありがちなインターネットへの断続的な接続が発生した場合、データをローカルにキャッシュできます。AWS IoT SiteWise ゲートウェイソフトウェアは、AWS IoT Greengrass で実行されるあらかじめ同梱されたコネクターとして提供されます。

AWS IoT SiteWise は、AWS IoT Core との統合により、MQTT データの取り込みをサポートしています。IoT Core のメッセージブローカーを使用して産業機器からのメッセージをパブリッシュしているトピックにサブスクライブすることができ、その後 IoT Core ルールエンジンを使用して AWS IoT SiteWise にメッセージをルーティングします。

また、AWS IoT SiteWise は、API を使用して AWS IoT SiteWise にデータを送信することを任意のエッジまたはクラウドアプリケーションに許可します。

ゲートウェイ管理

コンソールまたは API を使用して、すべての施設全体でエッジゲートウェイの定義と監視が行い、アクティブなゲートウェイの総合リストを表示することができます。また、ゲートウェイの正常性をリモートでモニタリングして、1 か所からすべての生産ラインの状態を表示することもできます。ゲートウェイリソースの正常性、ステータス、パフォーマンスの監視に役立つゲートウェイメトリックは、Amazon CloudWatch メトリックコンソールでも表示できます。

アセットモデリング

AWS IoT SiteWise を使用して物理的な運用のモデルを構築できるため、機器という観点から産業データを簡単に理解することができます。これらのモデルは、お客様のアセット、プロセス、施設を表すものです。モデルが作成されると、単一の施設、または複数の施設全体におけるデバイスと機器間の関係性を正確に表すためにアセットの階層構造を定義することができます。

アセットメトリクス

すべての施設全体における機器またはプロセスについてデータストリームをマップし、静的または計算されたプロパティを定義することができるため、分析のために即時に利用することが可能です。演算子と関数の組み込みライブラリを使用して、変換とメトリックの 2 種類のカスタム計算を作成できます。機器からのデータが到着したときにトリガーする変換を定義できます。ユーザーが定義した間隔で計算され、アセットに対して構成したり、アセットのグループからロールアップしたりできるメトリックを定義できます。また、AWS IoT SiteWise は、機器のデータ、変換、およびメトリックについて、複数の期間 (例: 1 分、1 時間) にわたる平均、合計、カウントなどの一般的に使用される統計的集計を自動的に計算します。これらの自動計算された集計は、SiteWise Monitor ウェブアプリケーションを使用してほぼリアルタイムで視覚化し、カスタムアプリケーションからクエリを実行できます。

SiteWise Monitor

AWS IoT SiteWise には、AWS IoT に接続されたデバイスおよび機器からの運用データの視覚化およびそれらとのやり取りのために、SiteWise Monitor を使用してノーコードの完全マネージド型ウェブアプリケーションを作成する機能が搭載されています。SiteWise Monitor を使用して、AWS IoT SiteWise によって取り込まれ、モデル化されたアセットデータを自動で検出し、表示することができます。アセットデータと計算されたメトリクスをほぼリアルタイムで表示したり、複数のアセット、および異なる期間からの履歴的な時系列の履歴データを比較して分析することができます。折れ線グラフと棒グラフを使用してデータを視覚化し、これらのグラフにしきい値を追加して、しきい値に対するデータを監視できます。ユーザーは、ウェブに接続された任意のデスクトップ、タブレット、電話機のブラウザからウェブアプリケーションにアクセスでき、シングルサインオン (SSO) を使用して企業の認証情報を使ってサインインします。管理者は、アセットデータへのアクセスを組織内の任意のチームと簡単に共有するために 1 つ、または複数のウェブアプリケーションを作成して、洞察の取得を迅速化することができます。

拡張性

カスタムアプリケーションは、クエリ API を使って AWS IoT SiteWise の時系列データストアから簡単にアセットデータを取得、またはパブリッシュ/サブスクライブインターフェイスを使用して構造化された IoT データのストリームをほぼリアルタイムで利用することができます。

料金の詳細を確認する
AWS IoT SiteWise の料金

AWS IoT SiteWise の料金
AWS IoT SiteWise の料金をご確認ください。

詳細はこちら 
限定プレビューにサインアップ
ドキュメントで詳細を見る

詳細については、AWS IoT SiteWise ユーザーガイド、API リファレンス、およびアプリケーションガイドを参照してください。

詳細はこちら 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS IoT SiteWise コンソールにアクセスします。

サインイン