AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、構造化を容易にする新しいマネージド型のサービスです。

エッジゲートウェイ

AWS IoT SiteWise ではお客様の施設内に設けたゲートウェイ上で実行できるソフトウェアを提供し、産業データの収集と構造化のプロセスを簡素化します。ゲートウェイでは、機器への安全な接続、産業機器データの収集と構造化、AWS クラウドへのデータ送信といったプロセスを自動化できます。IoT SiteWise ソフトウェアは AWS Snowball Edge ゲートウェイ上で使用できるほか、一般的なサードパーティー製産業ゲートウェイにインストールして使用することもできます。つまり、皆さまの施設に既にあるような産業機器を接続している産業環境専用のゲートウェイとして設計されています。ゲートウェイでは、遠隔の施設でよく起こるインターネットに断続的にしか接続できない状況に備えて、データをローカルにキャッシュできます。

ゲートウェイ管理

単一のダッシュボードですべてのサイトのエッジゲートウェイの設定とモニタリングを行うことや、あらゆるサイトからアップロードされるデータストリームの一括リストを閲覧することができます。つまり、すべての生産ラインの状況を 1 か所から確認できます。

モデル構築

AWS IoT SiteWise では実際のオペレーションのモデルを構築するため、産業データの検索が簡単に行えます。このモデルは、お客様のアセット、プロセス、施設を表したものです。"ポイントアンドクリック" と "ドラッグアンドドロップ" のシンプルな操作で、メタデータの追加とデータストリームのマッピングを行い、組織内の同様の機器用にテンプレートを作成できます。一度モデルを作成すると、アセットを簡単にグループ化してプロセスとすべての施設を表すことができます。

アセットメトリクス

すべての施設にわたる機器またはプロセスの情報やメトリクスのインデックスを作成することで、即座に分析に利用できます。データ用に SUM、AVG、MIN、MAX、COUNT などの一般的な集計を指定することや、ダッシュボード、アプリケーション、SiteWise のビュー用に、式を指定して raw データから複雑なメトリクスをコンピューティングすることもできます。メトリクスはアセットまたはアセットのグループとして設定し、事前定義された間隔で計算できます。

カスタマイズ可能なダッシュボード

AWS IoT SiteWise のダッシュボード機能では、ダッシュボードのビューをパーソナライズでき、運用上の目標達成に大いに役立つフォーマットで機器データおよびプロセスデータを配信できます。機器またはプロセスをグループ化できるため、必要な方法で必要な情報を整理された状態で取得できます。オフラインでの分析のために CSV 形式でデータをダウンロードすることも可能です。

拡張性

ビューとメトリクスを表示する API を使用して、特定のアセット、プロセス、サイト用のデータをカスタムアプリケーションから簡単に検索して取り出すことができます。

料金の詳細を確認する
AWS IoT SiteWise の料金

AWS IoT SiteWise の料金をご確認ください。

詳細 
限定プレビューにサインアップ
プレビューのウェイトリストにサインアップ

AWS IoT SiteWise プレビューが現在満杯です。ここでサインアップして、プレビューのウェイトリストに追加します。

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

プレビューに参加しますか? AWS IoT SiteWise コンソールにアクセスします。

サインイン