AWS IoT SiteWise よくある質問

一般的な質問

Q: AWS IoT SiteWise とは何ですか?

A: AWS IoT SiteWise は、産業企業の複数の産業施設にわたる幾千個ものセンサーデータストリームを収集、構造化、検索できるようにするマネージド型のサービスです。IoT SiteWise では、お客様の施設内にゲートウェイデバイスを設けることで、データを継続的にオンプレミスから収集して AWS クラウドに送信します。また、カスタマイズ可能なビューでダッシュボードを作成、パーソナライズでき、運用上の目標達成に役立つフォーマットで機器データおよびプロセスデータを配信できます。機器またはプロセスをグループ化できるため、必要な方法で必要な情報を整理された状態で取得できます。IoT SiteWise を使用すれば、数か月を要する一般的なデータ収集とカタログ化のソリューションを自社で構築する必要はなくなり、データに基づく機器の問題の検出と修正、非効率性の発見、異常検知モデルのトレーニングなどに集中できます。

Q: AWS IoT SiteWise を使用するメリットは何ですか?

A: AWS IoT SiteWise を使用すると、機器データを簡単に収集して利用できるため、生産オペレーションによく発生するムダを軽減することができます。センサーデータは機器別またはプロセス別に構造化できるため、簡単にデータを取得できます。さらに、IoT SiteWise では、機器およびプロセスで指定したパフォーマンスメトリクスのコンピューティングも行われます。このメトリクスにより、機器の問題、生産量のばらつき、品質不良といったさまざまなタイプのムダを特定できます。

AWS IoT SiteWise では、特に以下のことが可能になります。

複数の施設にわたるプロセスを把握し改善する。 ムダを削減するには、多くの場合、機器データのメトリクスを計算し、各種ビジネス目標を追跡することが必要です。インダストリアルエンジニアは、IoT SiteWise を使用して、センサーデータストリームを生産ライン別にグループ化し、生産ラインを施設ごとにグループ化できます。これにより事業本部のアナリストは、全施設のセンサーデータを簡単に検索してクエリを実行できます。IoT SiteWise により、企業全体で使用可能な、機器別およびプロセス別に整理された信頼性の高いデータソースを作成することができます。

機器の問題を効率的に把握して解決する。 インダストリアルエンジニアが実際の機器に生じている問題を特定するには、パフォーマンスメトリクスが必要です。技術者は、IoT SiteWise を使用して、各風力タービンと太陽光発電設備の状態をリモートで把握し、適切なリソースを派遣することで、問題をさらに迅速に解決できます。その結果、エンジニアは現場のオペレーション上の問題を調整することにではなく、主要な業務であるより良いシステムの把握と設計に集中できます。

Q: AWS IoT SiteWise を使用した場合、生産オペレーションに関する情報はどのように取得できますか?

A: Process Builder を使用して、個別のアセット (機器) およびアセットグループ (プロセス) から、確認する必要があるオペレーションのビューを作成できます。例えば、ある製品の全生産ラインを示したビューを作成することで、生産プランニングを支援できます。Process Monitor のビューで、個別のアセットのデータやアセットグループのメトリクスを表示することもできます。ビューを使用することで、ユーザーやアプリケーションによる各アセットの個別データストリームのクエリ実行、集約ロジックの記述の手間がなくなります。

AWS とインダストリアル IoT の詳細を確認
AWS とインダストリアル IoT の詳細を確認

企業でマシン、クラウドコンピューティング、分析、人々を結び付けて生産性と効率性を向上させるために AWS がどのように役立つかをご覧ください。

詳細 
プレビューにサインアップ
プレビューのウェイトリストにサインアップ

AWS IoT SiteWise プレビューが現在満杯です。ここでサインアップして、プレビューのウェイトリストに追加します。

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

プレビューに参加しますか? AWS IoT SiteWise コンソールにアクセスします。

サインイン