AWS IoT SiteWise では使用した分に対してのみ支払いが発生し、最低料金やサービス使用義務はありません。すべての料金は月額制です。 

IoT SiteWise では、毎日のより良いデータドリブンな意思決定の実現のため、オペレーターが生産環境データとメトリクスを管理します。IoT SiteWise には、オンサイトデータサーバーからの産業データに接続し収集する、完全マネージド型のローカルゲートウェイが含まれます。IoT SiteWise は、設備のモデル、ロケーション、製品ラインなど、有益なメタデータのタグが付けられラベル分けされた運用データを AWS クラウドに安全に転送します。IoT SiteWise では、運用効率や稼働時間などの主要なパフォーマンスメトリクスの定義ができ、IoT SiteWise が引き続きそれらをコンピューティングします。産業機器はそれ 1 つでは動作しません。IoT SiteWise では、設備のデータをアセット、アセット階層、およびプロセスに構造化することができます。これによって、設備のタイプ、製造設備、処理過程に関するカスタムデータビューの検索と作成が簡単になります。正しい運用データが手軽に入手できれば、無駄、および設備の問題、製品のギャップ、品質の検出などの製品リスクをオペレーターや運用アプリケーションによってよりすばやく簡単に特定、修正することができます。

製品料金における用語

取り込まれたデータ: ローカルゲートウェイからクラウドに転送されたデータの量。

保存された未加工データ: AWS クラウドに保存されたデータの量。

処理されたデータ: メトリクスのコンピューティング、ビューのレンダリング、または API コールの処理のために読み取られたデータ。

料金の概要

取り込まれたデータ
AWS IoT SiteWise ローカルゲートウェイからクラウドに取り込まれたデータは、取り込まれたデータ 1 GB ごとに 0.50 USD が課金されます。IoT SiteWise ではクラウドに送信するデータストリームを選択できるので、重要なデータにのみ料金をお支払いいただけます。

データストレージ
一度データがクラウドに格納されると、IoT SiteWise がメトリクスをコンピューティングし、それらのメトリクスは時系列データベースである Amazon Timestream に保存されます。メトリクスデータストレージは、こちらで確認できる Timestream データストレージレートで請求されます。 

処理されたデータ
IoT SiteWise では、データは 2 つの方法で処理されます。IoT SiteWise は、データビューにアクセスするたびにメトリクスを作成しデータを処理するという方法でデータを処理します。SiteWise では、処理されたデータ 1 GB ごとに 0.10 USD が課金されます。

料金の詳細

取り込まれたデータ

AWS IoT SiteWise には、オンサイトデータサーバーからのデータを収集し選択されたデータをクラウドの IoT SiteWise にアップロードするローカルゲートウェイ 1,2 が含まれます。すべての IoT SiteWise ゲートウェイに取り込まれたデータの数、あるいはデータを API 経由で IoT SiteWise に送信したアプリケーションに基づいて課金されます。

リージョン

米国東部
(バージニア北部)

1 GB ごとの料金

 

データ処理量

0.50 USD

1 Snowball Edge 上でゲートウェイとして AWS IoT SiteWise を使用した場合、AWS Snowball Edge の料金が課金されます。

2 AWS IoT Greengrass でサポートされている IoT SiteWise をお持ちのゲートウェイハードウェアで使用した場合、AWS IoT Greengrass の料金が課金されます。

メトリクスデータストレージ

IoT SiteWise は、Amazon Timestream の IoT SiteWise で定義されたメトリクス用にコンピューティングメトリクスデータを保存します。IoT SiteWise では、最短クエリ用のメモリストレージ、高速クエリ用の SSD ストレージ、および費用対効果の高い、古いデータの保持用のマグネティックストレージといった 3 つのストレージタイプが提供されます。SiteWise では、標準の Timestream ストレージレートで課金されます。Timestream の料金の詳細はこちらをご覧ください。

リージョン

米国東部
(バージニア北部)

ストレージタイプ

 

メモリ

0.036 USD/GB 時間

SSD

0.0004 USD/GB 時間 (0.01 USD/GB 日)

マグネティック

0.00004 USD/GB-時間 (0.03 USD/GB-月)

処理されたデータ

AWS IoT SiteWise は、未加工データを処理しメトリクスにコンピューティングします。IoT SiteWise ではさらに、IoT SiteWise データビューにお客様がアクセスした際、あるいはサードパーティーアプリケーションが IoT SiteWise API を通してデータをリクエストした際に、未加工データとメトリクスデータを処理します。処理されたデータの量 (GB) に基づいて課金されます。

リージョン

米国東部
(バージニア北部)

1 GB ごとの料金

 

データ処理量

0.10 USD

料金の例

インダストリアルプロダクションライン

インダストリアルプロダクションラインは IoT SiteWise ゲートウェイに接続されています。100 のデータストリームを収集し、240 バイトのレコードを 1 秒につき 1 レコードのデータをレポートするよう IoT SiteWise を設定します。10 メトリクスは IoT SiteWise で 5 分ごとに 5 つの取り込まれたデータストリームから計算されたそれぞれのメトリクスによって定義されます。メトリクスは、メモリストレージに 1 週間キャッシュされます。IoT SiteWise の月額料金は次のように計算されます。

 

取り込まれたデータ

取り込まれた未加工データ: 100 データストリーム * (1 レコード/秒 * 86,400 秒/日 * 31 日間) * (240 バイト/レコード) / (10243 バイト/GB) = 59.9 GB/月

合計月額データ取り込み料金: 59.9 GB/月 * 0.50 USD/GB = 29.95 USD/月

 

データストレージ – メトリクスデータ

作成されたメトリクスレコード: 10 メトリクス * (1 レコード/ 5 分 * 1,440 分/日) * 7 日のデータ保持 = 20,160 レコード

保存されたメトリクスデータ: 20,160 レコード * 1 KB/レコード * 1 GB/ 1,000,000 KB = 保存されているメトリクスデータは 0.02 GB

合計月額メトリクスデータストレージ料金: 0.02 GB * 0.036 USD/GB-時間 (Timestream Memory ストレージレート) * 24 時間/日 * 7 日保持 = 0.12 USD/月

 

処理されたデータ

メトリクス計算用に処理されたデータストリーム: 10 メトリクス * 5 データストリーム/メトリクス = 処理されたデータストリームは 50

メトリクス計算用に処理されたデータ: 50 データストリーム * (1 レコード/秒 * 86,400 秒/日 *31 日間) * (240 バイト/レコード) / (10243 バイト/GB) = 29.9 GB/月

合計月額データ処理料金: 29.9 GB/月 * 0.10 USD/GB = 2.99 USD/月


合計月額 AWS IoT SiteWise 料金
= 29.95 USD + 0.12 USD* + 2.99 USD = 33.06 USD/月

*月額ストレージ料金は合計データ保存量と、選択した保持期間に基づいて課金されます。

 

疑問を解決する
疑問を解決する

AWS IoT SiteWise のよくある質問のページをご覧ください。 

詳細 
プレビューにサインアップ
プレビューのウェイトリストにサインアップ

AWS IoT SiteWise プレビューが現在満杯です。ここでサインアップして、プレビューのウェイトリストに追加します。

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

プレビューに参加しますか? AWS IoT SiteWise コンソールにアクセスします。

サインイン