Amazon Kinesis Data Firehose は、次の方法で使用を開始できます。

  1. 開発者ガイドを参照して、最初の Firehose 配信ストリームを作成および設定します。
  2. 概念的な説明については、What is Amazon Kinesis Data Firehose? を参照してください。
  3. Amazon Kinesis Agent または Firehose API を使用して、ストリーミングデータを配信ストリームに送信します。
  4. Kinesis Data Firehose のすべての API 操作の詳細については、API リファレンスを参照してください。
  5. 無料のセルフペースラボで、Kinesis Data Firehose を実際にお試しください。

Kinesis Data Firehose と開始方法の詳細については、以下の動画をご覧ください。


video-thumbnail-firehose-reinvent-session
47:11
re:Invent 2015 | Amazon Kinesis Data Firehose
Amazon Kinesis Firehose を使用すると、ストリーミングデータを AWS に簡単にロードできます。このセッションでは、最初に、Amazon Kinesis Firehose と Amazon Kinesis Analytics について概説します。次に、Amazon Kinesis Firehose によって、ストリーム処理アプリケーションを書いたり、単一リソースをプロビジョニングしたりすることなく、データのストリーミングをより簡単に始める方法を説明します。データ生成元からより簡単にデータを発信できるようにする補助エージェントなど、Amazon Kinesis Firehose の主な機能について説明します。また、エンドツーエンドのデモを使ってキャプチャと配信を実際にお見せし、開発者とアーキテクトがストリーミングデータフローを把握するのに役立つ主要メトリクスについて説明します。最後に、データが Amazon S3 内にストリーム送信されるときのデータ消費のパターンについていくつか見ていきます。2 つの例、つまり AWS Lambda の使用方法、および Amazon EMR 内で動作する Apache Spark を使用して Amazon S3 内のデータを EMRFS を介して直接クエリする方法について説明します。
vide-thumbnail-firehose-lab
6:44
Hands-on Lab | Introduction to Amazon Kinesis Data Firehose
Amazon Kinesis Firehose を使用すると、ストリーミングデータを AWS に簡単にロードできます。このセッションでは、最初に、Amazon Kinesis Firehose と Amazon Kinesis Analytics について概説します。次に、Amazon Kinesis Firehose によって、ストリーム処理アプリケーションを書いたり、単一リソースをプロビジョニングしたりすることなく、データのストリーミングをより簡単に始める方法を説明します。データ生成元からより簡単にデータを発信できるようにする補助エージェントなど、Amazon Kinesis Firehose の主な機能について説明します。また、エンドツーエンドのデモを使ってキャプチャと配信を実際にお見せし、開発者とアーキテクトがストリーミングデータフローを把握するのに役立つ主要メトリクスについて説明します。最後に、データが Amazon S3 内にストリーム送信されるときのデータ消費のパターンについていくつか見ていきます。2 つの例、つまり AWS Lambda の使用方法、および Amazon EMR 内で動作する Apache Spark を使用して Amazon S3 内のデータを EMRFS を介して直接クエリする方法について説明します。

AWS を無料でお試しください

今すぐ無料でお試し

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。現在、Amazon Kinesis Data Firehose を AWS 無料利用枠でご利用いただくことはできません。