Q: Amazon MWAA とは何ですか?

Amazon Managed Workflows for Apache Airflows (MWAA) は、ワークフローと呼ばれる一連のタスクを通じてデータを組み合わせ、強化し、変換することにより、組織全体でビジネスに関する洞察を抽出するために使用されるマネージド Apache Airflow サービスです。Managed Workflows を使用すると、Airflow 環境の管理、設定、スケーリングの手間から解放され、データ処理ワークフローを調整し、AWS がサポートするロギングおよびモニタリング機能を通じてその実行を管理できます。Amazon MWAA で既存の Airflow ワークフローを実行し、AWS コンソール、API、およびコマンドラインインターフェイス (CLI) を使用してプログラムで環境と対話することができます。

Q: Managed Workflows はいつ使用したらいいですか?

Amazon MWAA を使用することで、マネージドサービスから一貫したパフォーマンスを実現しながら、ワークフローの構築により多くのエンジニアリング/データサイエンスの時間を費やし、インフラストラクチャや Airflow 環境の管理に費やす時間を短縮することができます。データエンジニアリングチームやデータサイエンスチームは、抽出-変換-読み込み (ETL) ジョブや機械学習データパイプラインを定義するワークフローを構築および実行するための主要なオープンソースオーケストレーション環境として Airflow を使用しています。データ処理の優先言語である Python で作成されたワークフローをプログラムで構築、スケジュール、および監視する Airflow の機能は高く評価されるでしょう。Airflow のタスクプラグインモデルとオープンアーキテクチャは、オンプレミスデータソースのサポートを含めてカスタムワークフローの構築を可能にします。ただし、Airflow のプログラムによるインターフェイスのメリットを享受したいチームは、最初にサーバーを構成および保守し、サーバーが機能するように監視する必要があります。多くのお客様は、データエンジニアを専任にして、ワーカーフリートの管理、依存関係のインストール、システムのスケールアップとスケールダウン、およびスケジューラの再起動を行っています。Managed Workflows は、高可用性、監視、および自動的にスケーラブルなマネージド Airflow 環境を提供することにより、こうした実践的な操作の必要性を排除します。

Q: Amazon MWAA は私に代わって何を管理してくれるのですか?

Amazon MWAA は、インフラストラクチャのキャパシティ (サーバーインスタンスとストレージ) のプロビジョニングからソフトウェアのインストール、AWS Identity and Access Management (IAM) とシングルサインオン (SSO) による簡素化されたユーザー管理と承認の提供まで、Airflow のセットアップに関連する作業を管理します。Airflow が稼働し始めると、Amazon MWAA は、実行するワークフローの量に対応するようにワーカーをスケーリングし、オペレーティングシステムへのパッチ適用や Airflow ソフトウェアの更新などの一般的な管理タスクを自動化します。

Q: このサービスがどのように他の AWS のサービスと関係または連携するかを教えてください。

Amazon MWAA は、データエンジニアとデータサイエンティストが他の AWS、オンプレミス、および他のクラウドサービスを使用してワークフローを構築できるようにするワークフロー環境です。Amazon MWAA ワークフローは、Athena クエリを使用して S3 などのソースから入力を取得し、EMR クラスターで変換を実行し、結果のデータを使用して SageMaker で機械学習 (ML) モデルをトレーニングします。Amazon MWAA のワークフローは、Python を使用した Directed Acyclic Graphs (DAG) として作成されています。Airflow の主な利点は、プラグインによるオープンな拡張性です。これにより、Athena、Batch、Cloudwatch、DynamoDB、DataSync、EMR、ECS/Fargate、EKS、Firehose、Glue、Lambda、Redshift、SQS、SNS、Sagemaker、および S3 などのワークフローに必要な AWS またはオンプレミスリソースのタスクプラグインを作成できます。

Q: 新しい Airflow のバージョン、パッチ、アップグレードはどのように処理されますか?

Amazon MWAA は、デフォルトで自動マイナーバージョンアップグレードとパッチを提供し、これらのアップグレードが実行されるメンテナンスウィンドウを指定するオプションがあります。このメンテナンスウィンドウは、リクエストや必要のいずれかがある場合に、ソフトウェアのパッチ適用が実行されるタイミングを制御するものと考えることができます。「メンテナンス」イベントが特定の週に予定されている場合、お客様が識別するメンテナンスウィンドウの間の一定の時点で、開始されて完了します。メンテナンスウィンドウは、2 時間です。

Q: Amazon MWAA サービスとワークフローの実行を監視するにはどうすればよいですか?

Amazon MWAA は、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、SDK を介して利用可能な Airflow 環境へのアクセスを提供します。Airflow ユーザーインターフェイスは、インターネットや VPC に直接アクセスするように構成できます。Airflow コマンドラインの手順は、API 呼び出しと AWS CLI を介して利用できます。

Q: サービスはどの Airflow プラグインをサポートしていますか?

Amazon MWAA は、S3 バケットに配置するだけで、これまでに開発された 100 以上の Airflow コミュニティプラグインのすべてに加えて、作成したカスタムプラグインをサポートします。

Q: Amazon MWAA サービスとワークフローの実行を監視するにはどうすればよいですか?

Amazon MWAA マネジメントコンソールと Airflow UI を介して、それぞれの Airflow 環境に直接アクセスできます。Airflow メトリクスは Amazon CloudWatch メトリクスに公開され、ログは CloudWatch Logs に公開されます。

Q: Amazon MWAA とAWS Step Functions はどのように使い分けますか?

オープンソースと移植性を優先する場合は、Amazon MWAA を使用する必要があります。Airflow には、新しい機能と統合を定期的に提供する大規模でアクティブなオープンソースコミュニティがあります。Amazon MWAA は、コードを変更せずに既存の Airflow ワークフローと統合をサポートし、移行が簡単で、環境は使い慣れたものです。

コストとパフォーマンスを優先する場合は、Step Functions を使用するのがよいでしょう。例えば、ストリーミングデータを処理し、DynamoDB データベースまたは S3 に配置する前に複数のステップで変換する場合は、パフォーマンスが高く、コストが低いため、Step Functions を使用するのがよいでしょう。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
料金の詳細について

Amazon MWAA 料金ページを参照してください。

詳細はこちら 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon MWAA を使った構築を始めましょう。

サインイン