メディアワークフローの AWS への移行

技術的負債を返済し、顧客のための変革により注力しましょう。

お客様がメディアワークフローをクラウドに移行していることには、いくつかの理由があります。一部のお客様は、労働生産性を向上させるためにクラウドに移行しています。また、クラウドに移行してデータセンターの統合または合理化を図るプロジェクトを進めている企業も多くあります。さらには、より大規模なデジタルトランスフォーメーションプログラムの一環として、最新のテクノロジーを使って一からビジネスを創造し直そうとしている企業もあります。もちろん、企業は常にコスト削減によって利益を改善する方法についても模索しています。

AWS メディアサービス (1:16)

追加情報

eBook: Video Processing and Delivery Moves to the Cloud

動画の品質、アクセシビリティ、実益性が急激に向上するのと同時に、動画プロバイダーがプロフェッショナルグレードの動画サービスを作成および配信する方法は劇的に変わります。この eBook では、その変化の原因と結果を詳しく掘り下げます。動画オペレーションをクラウドに移行する利点、従来型アプローチのメリットとデメリット、今後起こる変化に適応していく際に役立つ情報について学びます。

詳細はこちら »

ホワイトペーパー: Live Video Deliver from the Cloud

従来の動画インフラストラクチャを使用する放送事業者にとって、動画オペレーションの維持にまつわるコストおよび複雑さは必要悪といえます。改善のための変化を主張するには、放送事業者には正当なビジネス上の理由が必要です。この文書では、クラウドテクノロジーが高いコストや複雑さを取り除き、プロバイダーと顧客の間に互いに有益な関係を築いていく方法について説明します。

詳細はこちら »

ウェブキャスト: How to Implement Video Processing, Storage, and Monetization in the Cloud

アプライアンスを使用している場合でも、またはアプライアンス + VM + クラウドインスタンスを使用している場合でも、効果的なクラウドベースの動画インフラストラクチャを利用できるようになりました。スタジオ、放送事業者、有料 TV オペレーター、メディアサービスプロバイダー、スポーツリーグ、デジタルパブリッシャー、ニューメディア企業は安定したサービスでサポートされます。動画コンテンツの取り込み、保存、処理、管理、配信、分析を AWS メディアサービスではすべて行うことができます。このウェブキャストではその利点を解説します。

詳細はこちら »

利点

すべてをクラウド上で実行

AWS クラウドサービスは、お客様のニーズに合わせて拡大、縮小、適応、発展するよう設計されています。従来型動画インフラストラクチャを使うよりも、最新のテクノロジーを利用するほうが時代に遅れずについていくことがより簡単であり、動画プロバイダーは資金と時間を節約できます。

さらなるイノベーションを促進

AWS を利用すると新しい動画ワークフローの作成および実行にかかる時間が減少し、高度な分析および機械学習といった機能による動画イノベーションにより多くの時間を割り当てられます。

信頼性と品質を維持

AWS の動画サービスは、ライブ動画およびオンデマンド動画配信について従来の物理インフラストラクチャと同様の信頼性および品質を提供しています。動画プロバイダーは、あらゆるコーデック、機能、統合性にアクセスして動画ワークフローを最適化することが可能です。

クラウド上のメディアワークフローに関する課題およびソリューション

動画は、現在のインターネット接続エクスペリエンスに深く組み込まれています。外出先でのアクセス向けにパッケージ化され、常にソーシャルメディアフィードに存在し、家じゅうのインターネット接続された TV、セットトップボックス、ますます増加しているデバイスで視聴可能な状態になっています。

現在の動画を取り巻く状況において、最大手のグローバルコングロマリットから成長中のエンタープライズまで、すべての動画プロバイダーが同じ課題に直面しています。端的に言えば、動画の処理および配信に対する従来のアプローチでは、動画消費の変化する性質やそれに続くますます高まる期待に応えていくことはできません。

テクノロジーベンダーは、従来の動画インフラストラクチャの欠点克服や画一的に生じる困難な作業を削減するなかで、クラウドベースのサービスを提供し始め、動画ワークフローにおけるハードウェアベースのソリューションの役割を削減すると請け合っています。

AWS を利用すれば、動画プロバイダーはインフラストラクチャ、スピード、キャパシティーについて悩む必要がなくなります。OTT、Live-to-VOD、マルチスクリーン、24時間年中無休ストリーミングのいずれの場合でも、動画プロバイダーはエンドツーエンドの動画ワークフローのすべてを AWS クラウド上で実行できます。セキュリティ、容易さ、レイテンシーが改善するほか、他のサービスと統合されているため、AWS ではコンテンツをプラットフォーム外に持ち出す必要が一切ありません。

導入事例

動画配信に革新をもたらすリーダーのための信頼されたテクノロジー

Fox Sports ロゴ
Qello ロゴ
Amazon Prime Video ロゴ
FuboTV ロゴ
M2A Media ロゴ
Spuul ロゴ
BT ロゴ
Pac-12 ロゴ
Imagica ロゴ
Sky News ロゴ
Formula 1 ロゴ
Mariott International ロゴ

開始方法

時間やリソースが不足している場合は、AWS ベストプラクティスを使った構築済みアーキテクチャを使用すると、クラウドの導入をたちまちスピードアップできます。