AWS Elemental MediaConnect は、MPEGトランスポートストリーム (MPEG-TS) ワークフローと AWS Cloud Digital Interface (AWS-CDI)/JPEG XS ワークフローをサポートしています。 MediaConnect のアクティブなリソースはフローと呼ばれ、1 つまたは複数の出力に接続した単一の入力として定義されています。また、料金は実行中のフローのタイプに依存します。

  • MediaConnect トランスポートストリームフローでは、実行フローごとに 1 時間単位の料金で課金を行います。加えて、フローを使用して転送されたデータのギガバイトごとの料金、もしくは、インターネットに送信された動画の帯域幅に基づき(予約済みのアウトバウンド帯域幅での料金が適用され)毎時の料金も発生します。予約済みのアウトバウンド帯域幅を使用することで、ギガバイトあたりのデータ転送料を 70% 以上削減することができます。

  • MediaConnect CDI および JPEG XS フローは、実行中のフローごとの 1 時間単位の料金に加えて、出力ごとの 1 時間単位の料金で請求されます。このレートは、作成時に定義されたフローの最大映像サイズに依存します。MediaConnect CDI および JPEG XS フローでは、予約されたアウトバウンド帯域幅は利用できません。

スタンバイモード状態のフローはアクティブなリソースではありません。出力があったりエンタイトルメントが設定されていたりしても、アクティブなリソースとしてのコストはかかりません。長期契約や前払い料金は必要なく、使用量は任意のタイミングでの増加もしくは減量が可能です(帯域幅セットの階層に応じ 12 か月の契約が必要となる、トランスポートストリームの予約済みのアウトバウンド帯域幅を除きます)。

転送ストリームフローの料金

以下の料金は、MediaConnect のトランスポートストリームフローのコストです。

アクティブなリソース

以下の料金設定は、各実行フローの 1 時間当たりにかかるコストです。

データ転送

MediaConnect では、MediaConnect のリソース、AWS Elemental MediaLive、またはその他の AWS サービスとの間でデータを転送すると、データ転送料金が発生します。また、AWS 外でコンテンツを提供すると追加料金が発生する場合があります。ライブ動画出力が AWS 外の宛先に配信されると、インターネットデータ転送料が適用されます。 以下の料金は、MediaConnect を使用して転送したデータに基づいています。

予約済みのアウトバウンド帯域幅

12 か月の長期契約をご希望の場合は、予約済みのアウトバウンド帯域幅を使用するインターネットへのデータ送信に対して、割引料金がご利用になれます。予約済みのアウトバウンド帯域幅の料金は、契約期間中の各月において、使用時間単位のレートで課金されます。契約した帯域幅を超えて送信されるビットレートには GB 単位で課金されます。この場合は、MediaConnect からインターネットテーブルに送信するデータについての、標準料金が適用されます。24 時間 365 日の配信ワークフローを実行するお客様は、予約済みのアウトバウンド帯域幅により、標準の料金と比較して(利用量に応じ) 40%~70% 以上の節約が可能となります。詳細については、MediaConnect のドキュメントをご参照ください。

CDI と JPEG XS フローの料金

下記の料金は、MediaConnect CDI と JPEG XS フローのコストです。この表には、フローの作成時に選択した最大映像サイズに応じて、実行中の各フローの時間当たりのコストと、フローの各出力の時間あたりのコストが示されています。
お客様のオンプレミス環境との間で 24 時間 365 日の恒常的な AWS CDI / JPEG XS フローを設定する必要がある場合は、特別料金について お問合せください

料金の例

  • 例 1
  • 例 2
  • 例 3
  • 例 4
  • 例 5
  • 例 1
  • イベント場所が、米国東部 (バージニア北部) リージョンの MediaConnect に 10 Mbps のビットレートでエンコードされたトランスポートストリーム動画を 24 時間送信し、同じリージョンの別の AWS のサービスに単一の出力を送信します。

    米国東部 (バージニア北部) リージョンでのランニングコスト
    0.16 USD/時間

    24 時間の総ランニングコスト
    0.16 USD * 24=3.840 USD

    24 時間後に転送されたデータ
    10 Mbps/8 = 1.25 MBps/1024 = 0.00122 GBbps * 3600 = 4.4 GB/時間 * 24 = 105.6 GB

    米国東部 (バージニア北部) リージョンの MediaConnect から別の AWS サービスへの総データ転送コスト
    105.6 GB * 0.01 USD = 1.056 USD

    コストの合計
    3.840 USD + 1.056 USD = 4.896 USD

  • 例 2
  • 配信業者は、米国東部 (バージニア北部) リージョンの MediaConnect に 30 Mbps のビットレートでエンコードしたトランスポートストリーム動画を 30 日間配信します。その際、AWS からインターネットへ、米国西部 (オレゴン) リージョンの MediaConnect に 1 つの出力、さらに米国西部 (オレゴン) の MediaConnect から 1 つの出力を使用します。

    米国東部 (バージニア北部) リージョンでのランニングコスト
    0.16 USD/時間

    米国西部 (オレゴン) リージョンでのランニングコスト
    0.16 USD/時間

    総ランニングコスト
    0.16 USD/時間 + 0.16 USD/時間 = 0.32 USD/時間 * 24 時間 * 30 日= 230.40 USD

    30 日後に転送されたデータ
    30 Mbps/8 = 3.75 MBps/1024 = 0.00366 GBbps * 3600 = 13.184 GB/時間
    13.184 GB/時間 * 24 時間 * 30 日 = 9,492.48 GB (9.27 TB)

    米国東部 (バージニア北部) リージョンの MediaConnect から米国西部 (オレゴン) の MediaConnect への総データ転送コスト
    9,492.48 * 0.02 USD = 189.850 USD

    米国西部 (オレゴン) からインターネットまでの総データ転送コスト (最初の 1 GB は無料)
    9,491.48 * 0.090 USD/GB = 854.233 USD

    コストの合計
    230.40 USD + 189.850 USD + 854.233 USD = 1,274.483 USD

  • 例 3
  • 配信業者が、米国東部 (バージニア北部) リージョンにおいて 1 つの MediaConnect フローを使用し、50 Mbps のビットレートのトランスポートストリーム動画を AWS からインターネットに送信しているとします。この配信業者では、この動画を 24 時間 365 日、送信し続ける計画です。この配信業者は、12 か月の長期契約をして、50 Mbps の階層でアウトバウンド帯域幅を予約することで、インターネットへのデータ送信を割引料金で利用できます。

    米国東部(バージニア北部)リージョンでのランニングコスト
    0.16 USD/時

    米国東部(バージニア北部)からインターネットに送信する、予約済みアウトバウンド帯域幅の 50 Mbps 階層
    1.161 USD/時

    1 時間あたりの総コスト
    0.16 USD + 1.161 USD = 1.321 USD

    1 か月当たりの総コスト
    1.321 USD × 24 時間 × 30 日 = 951.12 USD

    アウトバウンド帯域幅を予約した場合の、オンデマンド料金と比較した割引額
    予約済みアウトバウンド帯域幅の料金(GB 単位)= 0.052 USD / GB
    オンデマンドの料金 = 0.09 USD / GB
    配信業者では、予約済みのアウトバウンド帯域幅を使用することで、コストを 42% 節約

     

  • 例 4
  • ある有名なイベントのために、配信業者は 2 つの 1080i50 JPEG XS ストリームを、欧州 (アイルランド) リージョンの別々のアベイラビリティーゾーンにある 2 つの MediaConnect インスタンスを使って送信し、それぞれのインスタンスで AWS CDI を使って 1 つの出力を作成し、AWS Elemental MediaLive に送信します。MediaLive のコストはこの計算に含まれていません。イベントはトータルで 4 時間続きます。

    欧州 (アイルランド) リージョンにおける CDI/JPEG XS 1080i 動画の 1 時間あたりのランニングフロー価格
    3.00 USD/時

    欧州 (アイルランド) リージョンにおける CDI/JPEG XS 1080i 動画の 1 時間あたりの出力コスト
    0.13 USD/時

    MediaConnect の 1 時間あたりの総コスト
    3.00 USD + 3.00 USD + 0.13 USD + 0.13 USD = 6.16 USD

    4 時間のイベントにかかる MediaConnect の総コスト
    6.16 USD/時間 * 4 時間 = 24.64 USD

  • 例 5
  • 6 時間のイベントを取材する配信業者では、MediaConnect を使って映像を複製し、複数の宛先に動画を配信するとともに、映像信号をリアルタイムに監視しています。映像は 1080p で、ワークフローは米国東部 (バージニア北部) リージョンで実行されています。3 つの MediaConnect CDI フローが使用され、各フローには 2 つの CDI 出力があります。EC2 インスタンス上で動作するプロダクションスイッチ、マルチビューワー、プレイアウトアプリケーションのコストはこの計算に含まれません。このユースケースの詳細については、ドキュメントページをご覧ください。

    CDI/JPEG XS 1080p 動画の米国東部 (バージニア北部) リージョンにおける 1 時間あたりのランニングフロー料金
    1 時間あたり 6.00 USD

    米国東部 (バージニア北部) リージョンにおける CDI/JPEG XS 1080p 動画の 1 時間あたりの出力コスト
    1 時間あたり 0.30 USD

    MediaConnect の 1 時間あたりの総コスト
    6.00 USD + 6.00 USD + 6.00 USD + 0.30 USD + 0.30 USD + 0.30 USD + 0.30 USD + 0.30 USD + 0.30 USD = 19.80 USD

    6 時間のイベントにかかる MediaConnect の総コスト
    19.80 USD/時間 * 6 時間 = 118.80 USD

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
疑問を解決する

AWS Elemental MediaConnect の特徴の詳細とよくある質問を参照してください。

詳細はこちら 
Sign up for a free account
アカウントにサインアップする

AWS Elemental MediaConnect に、今すぐアクセスできます。

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

AWS コンソールの AWS Elemental MediaConnect を使用して、構築を始めましょう。

開始方法