AWS Elemental MediaConnect とは何ですか?

AWS Elemental MediaConnectは、信頼性が高く安全かつ柔軟なライブ動画の伝送サービスです。MediaConnect を使えば、ライブ動画処理ワークフローを構築し、AWS クラウドを使用してコンテンツをパートナーや顧客と安全に共有することができます。MediaConnect は、高品質の動画を 1 つのソースから取り出し、複数の送り先に送信します。MediaConnect は、標準的な IP 伝送ではなくサービス品質レイヤーを追加しており、パケットリカバリを使用して中断のないライブ動画接続を可能にし、業界標準の動画暗号化をサポートします。動画レプリケーション機能を使えば、自分のアカウント内の複数のワークフローにストリームを配信したり、他の AWS アカウントとコンテンツを共有したりすることができます。MediaConnect では、リアルタイムの統計情報とアラートを使用して、ライブ動画の運用パフォーマンスを可視化できます。MediaConnect はたった数分でデプロイすることができ、AWS Elemental MediaLive などの他の AWS のサービスとも統合しています。 

MediaConnect を使用開始するには、どうすればいいですか?

MediaConnect を使用するには、まず MediaConnect コンソールまたは MediaConnect API を用いて、フローを作成します。フローで、1 つの動画ソースを多数の宛先に論理的に接続します。フローに関する次の 3 つの詳細を指定します。1) 使用する伝送プロトコル、2) 暗号化のタイプ、および 3) 宛先。MediaConnect は、ライブ動画を単一のユニキャスト伝送ストリームとして送信できるインジェストエンドポイントを返します。MediaConnect は、AWS の内部か外部かは関係なく、指定されたすべての宛先にストリームを複製して配信します。

誰が MediaConnect を使用できるのですか?

MediaConnect は、動画放送事業者、コンテンツ所有者、コンテンツアグリゲータ向けに設計されており、高品質のサービス、強力な暗号化、柔軟なルーティング、モニタリング、さらに共有機能を含むプロレベルのソリューションの期待に応えることが可能です。MediaConnect が開始される以前は、信頼性、セキュリティ、そしてコストの問題から、高品質の動画をクラウドに送信することは難しいとされていました。しかし MediaConnect では、コンテンツ制作者は、信頼性やセキュリティを犠牲にすることなく、衛星やファイバーに比べてコストを削減し、俊敏性を向上しながら、高品質の動画フィードを AWS に送ることが可能です。また、MediaConnect は、動画配信事業者に、AWS クラウドでライブ動画を受信するための信頼性の高い方法を提供します。MediaConnect は、AWS Direct Connect 、あるいは公共インターネット経由での送信のどちらかの方法を使用することができます。 

衛星やファイバーなどのインフラストラクチャプロバイダーではなく、MediaConnect を選ぶべき理由は何ですか?

衛星やファイバーを使ったソリューションは、リードタイムが長く、俊敏性が限られており、事前の契約を必要とします。さらには、時間の経過とともにワークロードが変化するのに合わせてその需要を満たせる規模も不足しています。MediaConnect は、コストを予測しやすい従量課金制を採用しており、数ヶ月ではなく数分で開始できます。MediaConnect では、他の AWS のサービスを使用して、簡単にエンドツーエンドのワークフローを構築できます。よって、請求、モニタリング、サポートを統合することによるメリットを享受できます。加えて、MediaConnect は柔軟性が高く、必要に応じて設定を開始、停止、変更することができます。 

IP 伝送サービス品質を向上させるのに、既存のソリューションではなく、MediaConnect を選択する理由は何ですか?

MediaConnect は、IP 伝送サービス品質を改善するのに、既存のソリューションよりも優位性があります。なぜなら、長距離で優れたパフォーマンスを発揮し、複数のプロトコルをサポートし、配信と企業間配信 (オンプレミスからクラウド、クラウドツークラウド、クラウドからオンプレミス) のワークフローの両方を提供し、セキュリティや共有を実施するのに、独自のソリューションを構築する必要がないからです。

MediaConnect はスタンドアロンサービスですか、それとも他のサービスに依存しているのですか?

MediaConnect は、スタンドアロンサービスとしても、AWS メディアサービスといった AWS の他のサービスを使用した大規模な動画ワークフロー内の一部機能としても利用できます。AWS メディアサービス は、クラウドベースのワークフローの基盤を形成するサービスのうちの 1 つです。AWS Media Services は世界中のコンシューマーにライブまたはオンデマンドの動画を作成、パッケージ化、配信するのに必要な機能を提供します。これらの機能はすべて AWS マネジメントコンソールおよび API からアクセスできます。

MediaConnect はライブ動画フローでの信頼性を、どのように提供するのですか?

MediaConnect では、動画品質の維持のために、いくつかのビデオ固有のネットワークレベルのプロトコルから選択することができます。これらのプロトコルは、パケット損失がライブ動画の品質に影響を与えないように、ネットワーク上で追加情報を送信します。具体的には、MediaConnect は、放送事業者がよく使用する、オープンスタンダードのプロトコル (IP ネットワーク上でのリアルタイムビデオ/オーディオ伝送の順方向誤り訂正用の全米映画テレビ技術者協会 SMPTE-2022 パート 1 規格)、および商用プロトコル (Zixi) の両方をサポートしています。MediaConnect は、あらゆるインフラストラクチャを管理し、問題があれば自動的にリカバリします。

MediaConnect はライブ動画のセキュリティを、どのように行うのですか?

MediaConnect には、動画ワークフローに暗号化を適用できるオプションがあります。MediaConnect は、AES や Zixi の暗号化および復号化といった、信頼性のあるセキュリティ方法をサポートしています。それぞれの出力は MediaConnect から送信される際に、一意のキーで暗号化し、コンテンツのセキュリティを制御します。MediaConnect では、動画コンテンツへのアクセスを許可するエンタイトルメントを使用して、顧客やパートナーとコンテンツを安全に共有することもできます。

MediaConnect は、ライブ動画の操作をどのように可視化するのですか?

MediaConnect は、動画を送信するネットワークの状態と、動画ストリームの状態の両方に関するメトリクスを提供します。ネットワーク側では、MediaConnect はエンドツーエンドのネットワークパフォーマンスを定量化するパケット損失メトリクスを提供します。MediaConnect は、入力ストリームのビットレートを下げてより高いサービス品質を得る、または動画フローのソースでエラー訂正パラメーターのサイズを調整するのに、ネットワーク状況がいつそれらを示すとよいかを提案します。TR-101 290 ブロードキャスト規格を使用した追加アラームは、ネットワークをエンドツーエンドで経由する伝送ストリームのタイミングに関する問題を識別します。 これで、いつソースエンコーダまたはネットワークの設定を調査し、品質を最大にするよう調整すればいいかがわかります。

AWS Elemental MediaConnect と AWS Ground Station の違いは何ですか?

AWS Elemental MediaConnect は、信頼性が高く、安全で柔軟性の高いライブ動画の伝送サービスで、放送事業者やコンテンツ所有者が動画ワークフローを優れたコスト効果で構築し、ライブコンテンツをパートナーや顧客と安全に共有できるようにします。MediaConnect は、1 年中休みなく送信しているライブチャネルを管理したり、ライブイベントをストリーミングしたり、あるいは災害対策機能を必要とするといった場合に、AWS クラウドでアプリケーションを構築するためのツールを提供します。

AWS Ground Station を使用すれば、衛星地上局のインフラストラクチャを購入または構築することなく、周回衛星からのデータを制御し取り込むことができます。AWS Ground Station では、アンテナ、デジタイザー、モデムなどの地上局設備を世界中の AWS リージョンに統合することで、これを実現しました。自身の衛星を搭載し、衛星と通信する時間をスケジューリングするのは簡単です。それには、衛星データの保存と処理、AWS のサービスを使ったプロダクトのデリバリーなど、AWS クラウド上であらゆる衛星操作を行うか、AWS Ground Station を使用して衛星データをダウンリンクし、自身のプロセスセンターに伝送するかのオプションがあります。

投稿動画とは何ですか? MediaConnect では、どんなビットレートとフォーマットが使用できますか?

投稿動画は、投稿エンコーダまたは再生システムから送信される、軽く圧縮された高画質の動画のことで、メザニン動画と呼ばれることもあります。MediaConnect は、AVC (Advanced Video Codec) および HEVC (High Efficiency Video Codec) の圧縮フォーマットを使用する伝送ストリームフローをサポートしています。また、120 Mbps (メガビット/秒) を超過するビットレートをサポートしています。また MediaConnectは、AWS CDI フローを JPEG XS でサポートして知覚的損失のない投稿を行い、さらには AWS Direct Connectを使用して、140~2500 Mbps 以上のビットレートをサポートしています。

MediaConnect を使用するには、自身のオンプレミスエンコーダを用意する必要がありますか?

MediaConnect は、オンプレミスの場所またはクラウドからコンテンツを取り込みます。ブロードキャストセンターやイベントの場所などから、オンプレミスで発信するライブ動画ソースの場合、投稿動画の作成には、AWS Elemental Live のような顧客の提供するエンコーダが必要になります。

MediaConnect CDI フローで動作する投稿エンコーダとデコーダは?

MediaConnectは、SMPTE 2110 プロトコルと SMPTE 2110-22 JPEG XS 圧縮規格を使用するあらゆる投稿エンコーダと互換性があり、AWS Elemental Live アプライアンスとソフトウェアも含まれます。AWS Elemental Live のご購入に関心をお持ちの場合や、他の JPEG XS エンコーダ、デコーダとの互換性についてお知りになりたい場合には、お問い合わせください

MediaConnect CDI で実現可能なライブ映像のレイテンシーは?

適切な JPEG XS 投稿エンコーダを使用すれば、オンプレミスと AWS クラウドの間で 50 ms のライブ映像のレイテンシーを実現できます。これには、一方では JPEG XS エンコーディング、もう一方では非圧縮ビデオ (SMPTE 2110 または AWS CDI) へのデコーディングが含まれます。

MediaConnect JPEG XS の入出庫に必要な帯域はどれくらいですか?

JPEG XS の圧縮率を管理します。圧縮率は必要な帯域に直接影響します。HD ビデオでは 140~320 Mbps (メガビット/秒) 、UHDビデオでは1250~2500 Mbps の帯域が一般的です。MediaConnect、JPEG XSでは、AWS Direct Connect を使用して、オンプレミスの動画ネットワークを Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) VPC にブリッジできます。Direct Connect は、1、10、100 Gbps の Ethernet ポートによる専用接続を使ってオンプレミスから AWS への専用ネットワーク接続の構築を簡単にする、クラウドサービスソリューションです。1 つの Direct Connect リンクで多数の HD チャンネルをサポートし、複数の Direct Connect リンクをプロビジョニングすることで、重要なワークロードのために冗長な接続を作ることができます。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
コストを計算

詳細については、料金表を参照してください。

詳細 
Sign up for a free account
アカウントにサインアップする

AWS Elemental MediaConnect に、今すぐアクセスできます。

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

AWS コンソールの AWS Elemental MediaConnect を使用して、構築を始めましょう。

開始方法