AWS Elemental MediaConvert は、あらゆるサイズのコンテンツライブラリを持つ動画プロバイダーが、ブロードキャストおよびマルチスクリーン配信向けに、オンデマンドコンテンツを簡単かつ信頼性の高い方法で変換できるファイルベースの動画処理サービスです。AWS Elemental MediaConvert はスタンドアロンのサービスとして使用されるか、他の AWS メディアサービスと統合されて、柔軟なファイルベース動画ワークフローの構築を可能にします。動画の画質を完全に制御でき、予測可能な従量制料金のサービスです。

主な特徴

ビデオオンデマンドコンテンツのブロードキャスト機能

ブロードキャストグレードのビデオオンデマンド環境を構成する

AWS Elemental MediaConvert は、業界をけん引するブロードキャストおよびインターネット動画プロバイダーによって何年も前から実証済みの AWS Elemental のテクノロジーによって構築されており、グラフィックオーバーレイ、コンテンツ保護、多言語音声、クローズドキャプションのサポート、プロフェッショナルなブロードキャスト形式など、優れた視聴環境を構築するために包括的な一連の機能を提供します。

包括的な入出力サービス

標準の動画形式でストリームを作成する
AWS Elemental MediaConvert では、ブロードキャスト用やインターネット配信用など、幅広い動画の入出力形式をサポートしています。このサービスでは、MPEG-2、AVC、Apple ProRes、HEVC の圧縮規格と、高度なカラーサンプリング (10 ビット 4:2:2) をサポートしています。CMAF、Apple HLS、DASH ISO、Microsoft Smooth Streaming などの幅広いビットレートのパッケージング形式をサポートしています。さらに、AWS Elemental MediaConvert では、4K 解像度およびハイダイナミックレンジ (HDR) の動画コンテンツの処理および変換もサポートしています。

リソースの自動プロビジョニング

動画インフラストラクチャの作成および管理作業を自動化する
AWS Elemental MediaConvert を利用して、ワークロードのプロビジョニングと管理の主な作業を自動化することで、動画処理のインフラストラクチャを管理する負担がなくなります。AWS マネジメントコンソールまたは API を使用するだけで、お客様の仕様に合わせて設定された動画処理ワークロードを起動できます。AWS Elemental MediaConvert によって、リソースのプロビジョニングおよび最適化、サービスオーケストレーション、スケーリング、修復、回復性の高いフェイルオーバー、モニタリング、レポーティングなどが処理されます。AWS Elemental MediaConvert では、ブロードキャスト用やインターネット配信用など、幅広い動画の入出力形式をサポートしています。 

固有の信頼性

ビデオオンデマンドワークフローの冗長性と自動スケーラビリティ
AWS Elemental MediaConvert で作成された各ジョブは、物理的に離れた場所にある複数の アベイラビリティーゾーンに分散された、冗長性の高いインフラストラクチャで実行されます。このサービスでは、リソースの状態がモニタリングされます。機能が低下したコンポーネントが検出されると、ジョブを中断させることなくそのコンポーネントが自動的に交換されます。AWS Elemental MediaConvert では、動画コンテンツの需要に合わせて適切なコンピューティングリソースが自動的にプロビジョニングされ、応答時間やパフォーマンスを下げることなく、ピークのワークロードに合わせて伸縮自在にスケールされます。エラー処理といった組み込み機能は簡単に使用でき、メディアワークフロー全体をモニタリングして通知の発信などのアクションをリアルタイムで実行できます。

よくある質問

  • AWS Elemental MediaConvert とは何ですか?

    AWS Elemental MediaConvert はオフラインのコンテンツをフォーマット、圧縮して、テレビまたはネット接続されたデバイス上で配信できるようにするファイルベースの動画処理サービスです。AWS Elemental MediaConvert の高品質動画トランスコーディングを使うと、ほとんどどのようなデバイスでもオンデマンドで再生できる動画アセットを作成できます。このサービスでは、シンプルなウェブサービスインターフェイスから操作できる高度な動画機能や音声機能を、従量制の料金体系で使用できます。AWS Elemental MediaConvert を使用すると、複雑な動画処理インフラストラクチャを独自に構築したり操作したりする必要なく、魅力的なメディア環境を提供することに集中できます。
  • ファイルベースの動画処理とは何ですか?

    動画処理のワークフローでは、ファイルベースの動画変換ソリューションによって動画ファイルが処理され、サイズの縮小、形式の変更、再生デバイス互換性の向上のためにオリジナルコンテンツの圧縮版が作成されます。ファイルベースの動画変換ソリューションでは、高画質のスタジオマスターからモバイルデバイスで撮影された動画まであらゆる入力ソースの動画を変換でき、視聴者に配信可能なコンテンツを作成できます。ファイルベースの変換では基盤となるインフラストラクチャで可能な限りすばやくメディアが処理されます。この速度は、入力タイプ、出力形式、トランスコーダーの設定に応じてリアルタイムより速い場合も遅い場合もあります。また、ファイルベースの変換ソリューションでは、統合されたデジタル著作権管理 (DRM) を使って、複数のタイプのデバイスにオンデマンドでアセットを配信する準備をすることで、コンテンツのパッケージングと保護に対応できます。
  • AWS Elemental MediaConvert の利用対象者は誰ですか?

    AWS Elemental MediaConvert は、あらゆるタイプの動画プロバイダーのニーズを満たすように設計されています。中小企業からグローバル企業、政府機関、非営利団体、学校に至るまで、動画の重要性はますます高まっています。AWS Elemental MediaConvert は、動画の運用効率と有効性の向上を目指すあらゆる組織でご利用いただけます。映画やテレビスタジオ、ブロードキャストネットワーク、有料 TV のチャネルやシステムオペレーター、番組配信業者、インターネットサービスプロバイダー、オンライン動画プラットフォーム、プロスポーツのリーグやチームなど、メディアやエンターテイメント業界のすべての企業が、ブロードキャスト、ストリーミング、オーバーザトップ動画のサービスの一部として AWS Elemental MediaConvert を活用できます。
  • オンプレミスのファイルベースエンコーディングソリューションではなく、AWS Elemental MediaConvert を選択する理由は何ですか?

    オンプレミスソリューションでは、リリースできるまでの準備期間が長く、俊敏性が限られ、時間とともに変化するワークロードの需要に対応するようにスケールできません。このようなソリューションでは、必要なインフラストラクチャすべてをお客様が所有、ホスティング、管理する必要があります。多額の設備投資が事前に必要で、複数のベンダーから請求やサポートを受けることになる場合があります。これは、個人や中小企業には不可能です。長期的に見て、オンプレミスのシステムのアップデート、パッチ適用、保守に必要な継続的支出を考慮すれば、総所有コストは増加するのみです。一方で、AWS Elemental MediaConvert はコストの予測可能な従量制サービスであるため、高度な可用性、信頼性、スケーラビリティをインフラストラクチャ管理の負担なく実現できます。AWS Elemental MediaConvert は AWS のサービスの 1 つであるため、動画プロバイダーはその他の AWS のサービスを使用してエンドツーエンドのワークフローを簡単に構築でき、統合された請求、モニタリング、サポートを活用できます。
  • 他のファイルベースクラウドエンコーディングサービスではなく、AWS Elemental MediaConvert を選択する理由は何ですか?

    AWS Elemental MediaConvert では、すべてがブロードキャストグレードである一連の機能を利用できます。他のクラウドベースの動画処理サービスでは、所有者や配信者の要件を満たす優れた機能を利用できないことがあります。AWS Elemental MediaConvert では放送並みの質の動画を作成する機能を使え、静止グラフィックスの重ね合わせ、音量の正規化、SCTE-35 サポートを用いた広告の挿入、マニフェストデコレーション、DRM 統合、ブロードキャストと OTT クローズドキャプションなどが使えます。AWS Elemental MediaConvert では、AWS Elemental によって基礎から構築され、現在のあらゆる動画プロバイダーに使用されている動画処理テクノロジーを活用します。そのテクノロジーには、最高品質のコーデック (MPEG-2、AVC、HEVC、10 ビット 4:2:2 カラーサンプリングのサポート) に対応した取り込みと出力、幅広い適合ビットレートのパッケージング形式 (CMAF、HLS、DASH、MSS)、HDR コンテンツの処理および変換 (HDR 10、HLG BT.2020) などがあります。AWS Elemental MediaConvert を使用すると、簡単なジョブから開始し、設定可能なパラメータの詳細なセットを利用して、要件に合わせて動画の出力画質を精細に制御できます。AWS Elemental MediaConvert は生成した出力の長さと特性に基づいてジョブに課金しますので、常に使った分だけ料金をお支払いいただくことになります。最後に、AWS Elemental MediaConvert は入力ジョブのレートに応じて伸縮自在にスケーリングしますので、入力ロードが変換する場合でも短時間で仕上がります。
  • AWS Elemental MediaConvert はスタンドアロンサービスですか? それとも他のサービスに依存するサービスですか?

    AWS Elemental MediaConvert は、スタンドアロンサービスとしても、他の AWS メディアサービスを含む多数の動画ワークフロー内の一部機能としても利用できます。AWS メディアサービスは、クラウドベースの動画ワークフローの基礎を構成するサービスのファミリーです。このサービスでは、動画を作成、パッケージング、配信するのに必要な機能が用意されています。それらの機能は、すべて、AWS マネジメントコンソールや API からアクセスできます。AWS メディアサービスを他の AWS のサービスとともに使用することで、高いコスト効率と品質を確保しつつ、ライブ動画やオンデマンド動画のコンテンツを処理して世界中の視聴者に配信するための完璧なソリューションを実現できます。

  • Amazon Elastic Transcoder よりも AWS Elemental MediaConvert を選ぶべき理由は何ですか?

    ファイルベースの処理には、まず AWS Elemental MediaConvert を使うことを考えてください。AWS Elemental MediaConvert はほとんどのユースケースでのニーズに対応する高度なトランスコーディング機能を備えた総合的なスイートです。処理時間を短縮し、スケーラビリティーを向上するように最適化されていますので、より多くのファイルを並列処理できます。また、料金体系も柔軟で、実際に使う機能にだけ料金をお支払いただけます。しかし、WebM 動画の作成、アニメーションのある GIF ファイルの作成、または KMS と共に暗号化できるようにしたい場合、またはファイルの自動回転を可能にしたい場合は、Amazon Elastic Transcoder を使う必要があります。新機能は随時 AWS Elemental MediaConvert に追加されて、将来のアップデートでサポートされるようになります。

  • AWS Elemental MediaConvert はライブ動画にも使えますか?

    AWS Elemental MediaConvert はファイルベースのトランスコーディングサービスで、ライブ動画はサポートしていません。ライブ動画を放送用、また任意のデバイス上でのストリーミング用にエンコードするには、AWS Elemental MediaLive をお使いください。