AWS Elemental MediaConvert では、ワークロードと動画のトランスコーディング要件により、オンデマンド料金、リザーブド料金、あるいは 2 つの組み合わせから選んでいただけます。

  • オンデマンド料金: 使用料金は従量課金制となっており、最低料金はありません。出力するビデオの再生時間 (分) に応じたシンプルな料金体系です。オンデマンド料金には、低いコストで制限された機能セットをサポートするベーシックと、すべての機能セットをサポートするプロフェッショナルがあります。長期間の契約や前払いは必要ありません。
     
  • リザーブド料金: 最短 12 か月契約と定額の月額料金で、1 つ以上のリザーブドトランスコードスロットを購入していただけます (Dolby Audio と Audio Normalization の使用には使用した分に応じて追加料金がかかります)。各スロットはすべての使用可能なエンコードされた機能にアクセスしつつ一度に一つのジョブを実行し、次々と続けてジョブを処理することができます。詳細については、こちらのドキュメントページを参照してください。

オンデマンド料金

オンデマンド料金は、速い応答時間とスケーラビリティを要する予測不能なワークロード、あるいは短期でアプリケーションを構築しているお客様や、AWS Elemental MediaConvert で開発された新しいアプリケーションやワークフローに最適です。

オンデマンド料金では、ビデオの各出力ごとに、分刻みで料金が発生します (ご使用の機能によりレートは異なります)。各出力の再生時間は 1 秒単位で計算します。1 分を 60 秒として分数換算し、出力に対する請求額を決定します。例えば 45 秒の出力は 45/60 で、0.75 分になります。課金対象となる最小の再生時間は 10 秒です。そのため、10 秒未満は 10 秒として課金されます。

AWS Elemental MediaConvert にはオンデマンド料金の 2 つの料金階層があり、これらはサポートするエンコーディング機能に基づいて異なります。ひとつ目は低料金のベーシック階層で、AVC のみの出力でのシンプルなウェブディストリビューションのユースケースを意図しています。ふたつ目はプロフェッショナル階層で、高画質出力を放送したりマルチスクリーン配信したりするために、一連のプロフェッショナル動画処理機能をサポートします。ベーシックおよびプロフェッショナル階層でサポートされる機能の詳細な比較については、こちらを参照してください。
 

ベーシック階層

オンデマンド料金のベーシック階層は AVC コーデック、シングルパスエンコーディングでの出力をサポートし、クリッピング、スティッチング、スタティックオーバーレイ、その他多くの機能をサポートします。この階層は主にウェブ上での配信を意図したユーザー作成のコンテンツや、その他の短いコンテンツに最適です。ベーシック階層での分刻みの料金は、出力の解像度とフレームレートによって異なります。

プロフェッショナル階層

オンデマンド料金表サポートのプロフェッショナル階層は一連の放送クラスの機能をサポートします。これには MPEG-2、AVC、HEVC、Apple ProRes の各コーデック、デュアルパスと高画質エンコーディング、高速トランスコーディング、多岐にわたるキャプションフォーマット、デジタル権利管理 (DRM)、広告シグナリング、アドバンストプリプロセッシング、マルチトラックオーディオプロセッシングなどがあります。この階層は、アドバンスド出力フォーマットの放送、マルチスクリーン配信に最適です。プロフェッショナル階層での分刻みの料金は、出力の解像度、フレームレート、画質設定、コーデックによって異なります。プロフェッショナル階層にはまた数多くのアドオン機能がオプションとしてあります。これには、ドルビービジョン、ドルビーオーディオ、音量正規化などがあります。それぞれ追加料金でご利用いただけます。

  • AVC コーデック
  • MPEG-2 コーデック
  • HEVC コーデック
  • Apple ProRes コーデック
  • AVC コーデック
  • MPEG-2 コーデック
  • HEVC コーデック
  • Apple ProRes コーデック
ベーシック階層、プロフェッショナル階層の解像度は次のように定義されています。
SD は、解像度が 720 未満の出力です。
HD は、解像度が 720 以上、1,080 以下の出力です。
UHD は、解像度が 1,080 を超え、2,160 以下の出力です。
 
水平方向の出力については、解像度は 垂直に測定されます。.
方向の出力について、解像度は 水平に測定されます。

リザーブドの料金

リザーブドの料金は、予測可能で一貫した進行中の使用があるお客様専用です。キューに入れられ、時間をかけて処理されているエンコードされたジョブのワークフローに最適です。リザーブドの料金では、購入されたリザーブドトランスコーディングがキャパシティのフルスイートをサポートするため、ベーシックおよびプロフェッショナル層はありません。ドルビーオーディオや音量正規化などのオプションのアドオン機能は追加料金でご利用いただけます。またこれらはアウトプットの分単位で請求されます。 リザーブド料金で、ドルビービジョンをご利用いただくことはできません。

リザーブド料金を利用するには、最短 12 か月の契約をしていただき、月額使用料という形でリザーブドトランスコードスロットにお支払いいただきます。コンソールを使用して複数のコンソールを購入することができ、リザーブドクエリにそれらを適用することができます。いくつのスロットが必要か見積もりを調べるためのシンプル計算機は、コンソールでお使いいただけます。まず、オンデマンドキューを使用して典型的なジョブを実行し、ジョブが完成するまでの時間を観察し、最大の希望応答時間を設定する必要があります。それによって、必要なリザーブドトランスコードスロットの数を計算機が予測します。

オンデマンド料金の例

  • 例 1
  • 例 2
  • 例 3
  • 例 4
  • 例 5
  • 例 1
  • 10 分 30 秒のソースファイルを、米国西部 (オレゴン) で、AVC コーデックを用いて SD 出力に 30 fps、1 パス品質設定でトランスコードするが、字幕、DRM、マルチトラックオーディオなどの機能 (プロフェッショナル階層で指定すると 0.07875 USD) は使用しない場合のコスト。
     
    出力:
    AVC、SD、30 fps、1 パス品質 = 0.0075 USD/分 (ベーシック階層)
    (10.5 x 0.0075 USD = 0.07875 USD)
  • 例 2
  • アジアパシフィック (シンガポール) で 10 分 45 秒のソースファイルをトランスコードする場合、HEVC コーデックを使用した 30 fps および 1 パス品質設定の HD 出力への変換の料金は、0.58 USD になります。
     
    出力:
    HEVC、HD、30 fps、1 パス品質 = 0.0544 USD/分 (プロフェッショナル階層)
    (10.75 x 0.0544 USD = 0.58 USD)
  • 例 3
  • 欧州 (アイルランド) で 8 秒のソースファイルをトランスコードする場合、AVC コーデック、1 パス品質設定、30 fps を使用した 1 つの字幕付き SD 出力への変換の料金と、AVC コーデック、1 パス品質設定、30 fps を使用した 1 つの字幕付き HD 出力への変換の料金は、0.01 USD になります。
     
    出力:
    AVC、SD、30 fps、1 パス品質 = 0.0136 USD/分 (プロフェッショナル階層)
    AVC、HD、30 fps、1 パス品質 = 0.0272 USD/分 (プロフェッショナル階層)
    ((10/60 x 0.0136 USD) + (10/60 x 0.0272 USD) = 0.01 USD)
  • 例 4
  • 欧州 (フランクフルト) で 10 分のソースファイルをトランスコードする場合、ドルビーオーディオを使用した音声出力への変換の料金は、0.11 USD になります。
     
    出力:
    音声のみ = 0.0057 USD/分
    ドルビーオーディオ = 0.005 USD/分
    ((10 x 0.0057 USD) + (10 x 0.005 USD) = 0.11 USD)
  • 例 5
  • 米国西部 (北カリフォルニア) で 10 分のソースファイルをトランスコードする場合、以下の出力への変換料金は 1.43 USD になります。
    a) ドルビーオーディオおよび音量正規化オプションを指定した音声出力への変換
    b) インターレース解除、ドルビーオーディオおよび音量正規化オプションを指定し、AVC コーデック、1 パス設定、30 fps を使用した 3 つの字幕付き SD 出力への変換
    c) インターレース解除、ドルビーオーディオおよび音量正規化オプションを指定し、AVC コーデック、1 パス設定、30 fps を使用した 2 つの字幕付き HD 出力への変換
     
    出力:
    オーディオのみ = 0.0057 USD/分 (プロフェッショナル階層)
    ドルビーオーディオ = 0.005 USD/分 (アドオン機能)
    音量正規化 = 0.002 USD/分 (アドオン機能)
    AVC、SD、30 fps、1 パス品質 = 0.0136 USD/分 (プロフェッショナル階層)
    AVC、HD、30 fps、1 パス品質 = 0.0272 USD/分 (プロフェッショナル階層)
     
    a) (10 x 0.0057 USD) + (10 x 0.005 USD) + (10 x 0.002 USD) = 0.127 USD
    b) (3 x 10 x 0.0136 USD) + (3 x 10 x 0.005 USD) + (3 x 10 x 0.002 USD) = 0.618 USD
    c) (2 x 10 x 0.0272 USD) + (2 x 10 x 0.005 USD) + (2 x 10 x 0.002 USD) = 0.684 USD
     
    (0.127 USD + 0.618 USD + 0.684 USD = 1.43 USD)

追加料金

AWS Elemental MediaConvert をその他の AWS サービスと共に使われる場合は追加料金が必要になる場合があります。例えば、ソースファイルおよびトランスコード済みのメディアファイルのストレージに使用する Amazon S3 の料金、Amazon S3 バケットがトランスコードジョブを送信したリージョンの外にある場合の Amazon S3 データ転送料金、Amazon CloudFront を使用した CDN 配信の料金、ウォッチフォルダの処理を行う AWS Lambda の料金などがあります。AWS からのコンテンツ転送料金など、Amazon S3 料金の詳細については、Amazon S3 の料金表を参照してください。

オンデマンドベーシック対プロフェッショナル階層機能比較

機能

ベーシック階層

プロフェッショナル階層

出力ビデオコーデックとコンテナ

MPEG-4 (AVC (H.264))

CMAF (AVC (H.264))

MPEG DASH (AVC (H.264))

HLS (AVC (H.264))

MPEG-4 (AVC (H.264) および HEVC (H.265))

MPEG-4 Flash (AVC (H.264))

QuickTime (AVC (H.264))、MPEG-2、Apple ProRes (AIFF オーディオのみ)

MPEG-2 TS (AVC (H.264))、HEVC (H.265)、MPEG-2

MXF (MPEG-2)

Raw (AVC (H.264))、HEVC (H.265)、
MPEG-2

CMAF (AVC (H.264) および HEVC (H.265))

MPEG DASH (AVC (H.264)) および HEVC (H.265)

HLS (AVC (H.264))、HEVC (H.265)

Smooth (AVC (H.264))

出力オーディオコーデックとコンテナ

MPEG-4 (AAC)

CMAF (AAC)

MPEG DASH (AAC)

HLS (AAC)

オーディオのみの MPEG-4 (AAC)

MPEG-4 (AAC、ドルビーデジタル、および
ドルビーデジタルプラス)

MPEG-4 Flash (AAC)

QuickTime (ドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス、AAC、WAV、AIFF)

MXF (WAV)

Raw (AAC および WAV)

MPEG-2 TS (AAC、ドルビーデジタルおよびドルビーデジタルプラス)

CMAF (AAC、ドルビーデジタルおよびドルビーデジタルプラス)

MPEG DASH (AAC、ドルビーデジタルおよびドルビーデジタルプラス)

HLS (AAC、ドルビーデジタルおよびドルビーデジタルプラス)

Smooth (AAC、ドルビーデジタル、および
ドルビーデジタルプラス)

オーディオのみの MPEG-4 (AAC)

出力解像度

SD、HD、4K、およびオーディオのみ

SD、HD、4K、およびオーディオのみ

出力フレームレート

120 fps 以下

120 fps 以下

画質設定

シングルパス

シングルパス、シングルパス HQ (HEVC のみ)、デジタルパス、および
デュアルパス HQ (HEVC のみ)

AVC (H.264) プロファイル

高、メイン、およびベースラインのみ

高、メイン、ベースライン、高 10 ビット、高 4:2:2、および
高 4:2:2 10 ビット

入力スティッチング

はい

はい

出力クリッピング

はい

はい

フレームキャプチャ

はい

はい

イメージ挿入

はい

はい

出力位置と入力クロッピング
rectangle

はい

はい

タイムコード設定 (ソース、アンカー
タイムコード、タイムスタンプオフセット)

はい

はい

キャプションサポート

いいえ

はい

DRM 暗号化

いいえ

はい

マルチオーディオトラック

いいえ

はい

手動オーディオリミックス

いいえ

はい

音量正規化

いいえ

はい

タイムコードの書き込み

いいえ

はい

色訂正、インターレース解除、および
ノイズリデューサー

いいえ

はい

広告マーカーサポート

いいえ

はい

広告シグナリング (広告表示先オフセット)

いいえ

はい

Nielsen 設定 (ディストリビューター ID、
ブレークアウトコード)

いいえ

はい

広告表示先のブランキング

いいえ

はい

Timed metadata の挿入
(ID3 挿入)

いいえ

はい

品質が定義された可変ビットレート (QVBR) エンコーディング 1 パス AVC (H.264) AVC (H.264) および HEVC (H.265) による 1 パスまたは 2 パス
IMF (Interoperable Master Format) パッケージの取り込み
動画の回転 (自動または手動)
ESAM XML を使用した広告の挿入ポイントの指定
高速トランスコーディング
ドルビービジョン
ご質問がありますか?
お問い合わせ
始める準備はよろしいですか?
サインアップ
さらにリソースを調べる
リソースのページにアクセスする