Amazon Kinesis Video Streams を使用すると、カメラ、RADAR、熱センサー、その他の接続されたデバイスなどのソースから、機械学習 (ML) や解析などのために AWS にビデオ、オーディオ、およびその他の時間エンコードされたデータを安全にストリーミングできます。詳細 »

ブログを読む(日本語)


Amazon MQ は、クラウド内のメッセージブローカーを容易に設定、運用できる Apache ActiveMQ 向けのマネージド型メッセージブローカーサービスです。Amazon MQ は、ユーザーが自身のメッセージシステムを管理、操作、メンテナンスすることなく、既存のアプリケーションおよびサービスと共に動作します。詳細 »

ブログを読む(日本語)


Amazon Sumerian を使用すると、特別なプログラミングや 3D グラフィックスの専門知識を必要とすることなく、バーチャルリアリティ (VR)、拡張現実 (AR)、および 3D アプリケーションをすばやく簡単に作成し、実行できます。Sumerian を使用すると、没入型でインタラクティブなシーンを構築し、Oculus Rift、HTC Vive、iOS モバイルデバイスといった一般的なハードウェアで実行できます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース


Alexa for Business は従業員の業務に合わせてカスタマイズできるインテリジェントなアシスタントで、Alexa を使って企業を簡単に強化できます。Alexa for Business は、Alexa を大規模に管理するための企業向けツールです。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース


AWS Fargate は、基盤となるインフラストラクチャを管理することなく、コンテナのデプロイと管理を行うためのテクノロジーです。コンテナを実行するために仮想マシンのクラスターをプロビジョニング、構成、およびスケールする必要がなくなりました。コンテナイメージをアップロードし、リソース要件を指定するだけで、Fargate が数秒でコンテナを起動します。AWS Fargate によって、ユーザーはインフラストラクチャではなく、アプリケーションの設計と実行に専念できます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS) は、Kubernetes を運用する上で専門家になることなく、Kubernetes を AWS 上で簡単に実行できるようにするマネージド型サービスです。Amazon EKS は、各クラスターの Kubernetes コントロールプレーンの可用性とスケーラビリティを完全に管理します。Amazon EKS は、バージョンアップグレードの処理、Kubernetes マスターおよび etcd 永続レイヤーのスケーリング、異常なマスターの検出と置換など、すべてのクラスター管理操作を自動的に実行します。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon EC2 M5 インスタンスは Amazon EC2 汎用計算インスタンスで、エンタープライズアプリケーション、ゲームサーバー、キャッシングフリート、またアプリ開発環境のウェブサーバー、アプリケーションサーバーなどのワークロードに最適です。M5 インスタンスは、ホストハードウェアの実質的にすべての計算リソースおよびメモリリソースをユーザーのインスタンスに割り当てる新型の軽量 Nitro ハイパーバイザーに基づいています。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon EC2 H1 インスタンスは新世代の Amazon EC2 Storage Optimized インスタンスで、非常に大規模なデータセットに対して低コストで、ディスクスループットが高く、シーケンシャルディスク I/O アクセスが高いものを要するアプリケーションのために作られました。H1 インスタンスは磁気格納 EC2 インスタンスファミリーで最高のコストパフォーマンスをお届けします。H1 データ集約型ワークロード、分断型ファイルシステム、ログまたはデータ処理アプリケーション、ビッグデータワークロードクラスターに最適です。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

あらかじめ割り当てた重みに応じて、2 つの AWS Lambda 関数間で入力トラフィック間をシフトできるようになりました。このため 2 つのバージョン間でトラフィックを徐々にシフトでき、リスクを減らし、新しい Lambda 関数導入の影響範囲を制限できます。また AWS CodeDeploy も用いて、機能の新バージョンのロールアウトを自動的に管理できるようにもなりました。詳細 »

Amazon EC2 Bare Metal インスタンスでは、アプリケーションから、サーバーのプロセッサー、メモリーに直接アクセスできます。こうしたインスタンスはハードウェアの機能群 (Intel Vt-x など) へのアクセスを要するワークロードや、ライセンス付与やサポートのために非仮想環境で実行する必要のあるアプリケーションに最適です。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon EC2 スポットが、中断があったときには Amazon EBS に基づくインスタンスを休止できるようになりました。容量が利用可能になると、Spot は休止した状態からインスタンスを再開することでリクエストを満たすことができます。休止はノートパソコンのふたを閉じて、開けるようなもので、アプリケーションの休止前のところから再開できます。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語)

Amazon EC2 は需要と供給の長期トレンドに基づいて、緩やかに変動する、低く、予測可能な価格を提供して、スポット価格付けを簡素化します。今まで通りオンデマンドインスタンス価格から最高 90% 安く、実行中にインスタンスには各インスタンス・時の最初でのスポット価格を支払い、これは最も近い秒で課金されます。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語)

Array ジョブは AWS Batch の主要な新製品です。この製品では、API を一度呼び出すだけで、最大 10,000 個のジョブを容易に実行できます。このためお客様はモンテカルロシミュレーション、パラメーターのスイープの実行、また何千もの入力ファイルやオブジェクトの処理が容易に行えます。詳細 »

Amazon Lightsail の使いやすいクラウドプラットフォームにロードバランサーが追加されました。これにより開発者は、スケーラブルで可用性に優れたウェブサイトやアプリケーションを短時間で簡単に構築できるようになります。Lightsail のロードバランサーにより、お客様は、無料の SSL/TLS 証明書を使った HTTPS トラフィックを許可し、直感的な証明書管理が組み込まれた安全なアプリケーションを、簡単に構築および管理できます。詳細 »

Launch Templates では、Auto Scaling、スポットフリート、スポットインスタンス、オンデマンドインスタンスの作成プロセスを合理化および簡略化するために、作成リクエストをテンプレート化できます。Amazon EC2 インスタンスを作成するために必要な情報すべてを 1 つの永続的なリソースに保存できるようになりました。詳細 »

新しいタイプのプレイスメントグループであるスプレッドプレイスメントグループの一般提供が開始されました。スプレッドプレイスメントグループでは、メンバーインスタンスの相関障害が発生する可能性が低減されます。詳細 »

Amazon EC2 T2 インスタンスで、必要な時にはいつでも CPU パフォーマンスを上昇させることができるようになりました。T2 Unlimited により、お客様は、時間料金が安い T2 インスタンスをさまざまな汎用アプリケーションで使用し、ベースラインを超えてインスタンスを利用できるようになります。詳細 »

ブログを読む(日本語)

Amazon Time Sync サービスを使うと、現在時刻を世界標準の協定世界時 (UTC) で非常に正確かつ信頼性の高い方法で読み取ることができます。このサービスでは、人工衛星に接続され原子を参照する時計を各 AWS リージョンで使用します。Amazon EC2 インスタンスから Amazon Time Sync サービスを利用するには、Network Time Protocol (NTP) を使用します。
詳細 »

ブログを読む(日本語)

AWS Lambda 関数に最大 3,008 MB のメモリを割り当てることができるようになりました。これまで、関数で利用できるメモリの最大量は 1,536 MB でした。これにより、ビッグデータ分析、大容量ファイルの処理、統計計算など、大容量メモリや高密度コンピューティングが必要なワークロードを簡単に処理できるようになりました。詳細 »

AWS Serverless Application Repository (現在、プレビューで利用可能) は、サーバーレスコミュニティに参加している開発者、企業、パートナーが公開したサーバーレスアプリケーションのコレクションです。これによりお客様は、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションを構築するためのコードサンプルやコンポーネントからバックエンド処理サービスやアプリケーションの完成品まで、すべてのものの検索、デプロイ、公開を簡単に行えるようになりました。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語)

AWS Lambda の個々の関数に同時実行制限を設定できるようになりました。設定した同時実行制限により、当該の関数のために、アカウントレベルの同時実行制限の一部が予約されます。この機能により、同時実行数が許可された最大数になると当該の関数を調整するように設定できます。この機能は、Lambda で呼び出すダウンストリームのリソース (データベースなど) へのトラフィック量を制限する必要がある場合や、プライベート VPC に対して実行される関数の Elastic Network Interface (ENI) や IP アドレスの消費を制御する必要がある場合に役立ちます。詳細 »

AWS Lambda コンソールに機能拡張や新しい機能が追加され、Lambda 関数の作成、設定、テスト、モニタリングを実行しやすくなりました。詳細 »

AWS Server Migration Service で、Hyper-V VM の AWS への移行がサポートされるようになりました。このリリースにより、オンプレミスの仮想スタックで実行されている仮想マシンを、Microsoft Hyper-V 環境や VMware ESX/ESXi 環境から AWS に移行できるようになりました。AWS Server Migration Service は、大量のオンプレミスワークロードを AWS に簡単に移行するためのエージェントレスサービスです。詳細 »


Amazon Neptune は、高速で信頼性の高い、完全マネージド型グラフデータベースサービスで、高度に接続されたデータセットで動作するアプリケーションの構築と実行を容易にします。Neptune の中核となるのは、数十億の関係を保存し、ミリ秒単位のレイテンシーでグラフをクエリするために最適化された、専用の高性能グラフデータベースエンジンです。Neptune は、よく使われるグラフのクエリ言語 Apache TinkerPop Gremlin と W3C の SPARQL をサポートしており、高度に接続されたデータセットを効率的にナビゲートするクエリを簡単に作成できます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Aurora Multi-Master のプレビューにサインアップしてください。この機能により、Aurora は複数の書き込みノードを作成し、複数のアベイラビリティゾーンにわたる読み取りと書き込みの両方をスケーリングし、スケーラビリティと可用性を向上させます。このプレビューは Amazon Aurora の MySQL 互換版で利用できます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

On-Demand Backup では、企業や政府の規制要件を満たすために、DynamoDB テーブルデータとデータアーカイブのための設定の完全バックアップを作成できます。数テラバイトから数百テラバイトのテーブルデータを瞬時にバックアップすることができ、運用アプリケーションのパフォーマンスや可用性には影響しません。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Aurora Serverless のプレビューにサインアップしてください。この新しいサーバーレスモードは、アプリケーションのニーズに合わせて自動的にデータベースの容量を調整することにより、時間とコストを節約します。このプレビューは Amazon Aurora の MySQL 互換版で利用できます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Global Tables は、DynamoDB のグローバルフットプリントをベースに構築され、ユーザーがグローバルに分散している大規模なアプリケーションの高速なローカルでの読み取りおよび書き込みパフォーマンスを実現する、完全マネージド型のマルチリージョン、マルチマスターのグローバルデータベースを提供します。Global Tables は、リージョン間でデータを自動的に複製して更新の競合を解決するという難しい作業を処理するため、開発者はグローバルに分散したアプリケーションを構築する際にアプリケーションロジックに集中することができます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース


AWS Cloud9 はクラウドベースの開発環境 (IDE) で、ブラウザのみを使ってコードの記述、実行、デバックを行うことができます。AWS Cloud9 にはコードエディタ、デバッガ、ターミナルが含まれています。詳細 »

ブログを読む(日本語)

AWS CodeDeploy を用いて、AWS Lambda 関数をデプロイできるようになりました。CodeDeploy は Lambda 関数のテスト、ロールアウト、また必要に応じてロールバックを自動的に行えるよう支援します。これで Lambda 関数の更新に関わるリスクを減らすことができます。詳細 »


AWS IoT Device Management は、デバイス管理機能を提供する AWS IoT サービスで、IoT デバイスのライフサイクル全体にわたる安全な実装、整理、監視、およびリモート管理を容易にします。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

AWS IoT Analytics は、完全マネージド型 IoT 分析サービスで、IoT デバイスデータの大規模な収集、処理、強化、保存、および分析を行います。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

AWS IoT 1-Click は、特定のアクションを実行する AWS Lambda 関数を単純なデバイスがトリガーするのを容易にするサービスです。AWS IoT 1-Click では、事前に定義されている AWS Lambda 関数の 1 つを選択することによって、E メールや SMS メッセージの送信といった一般的なアクションをデバイスで実行できます。また、独自の Lambda コードを使用して自分で作成した Lambda 関数から選択することもできます。
詳細 »

プレスリリース

AWS IoT Device Defender は、IoT デバイスの保護に役立つ完全マネージド型サービスです。AWS IoT Device Defender は、デバイスに関連付けられたセキュリティポリシーを継続的に監査して、セキュリティのベストプラクティスから逸脱していないことを確認します。AWS IoT Device Defender を使用すると、デバイスごとに適切な動作として定義した動作から逸脱した動作がないか、デバイスを監視することもできます。詳細 »

ブログを読む(日本語)

Amazon FreeRTOS は、電力消費の少ない小型エッジデバイスのプログラミング、デプロイ、保護、接続、および保守を容易にするマイクロコントローラ用の IoT オペレーティングシステムです。Amazon FreeRTOS は、マイクロコントローラベースのコネクテッドデバイスを簡単にプログラムし、IoT アプリケーション用のデータをデバイスから簡単に収集できるようにする、コアオペレーティングシステムとソフトウェアライブラリを提供します。Amazon FreeRTOS は無料のオープンソースで、誰でも今日から利用できます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

AWS Greengrass ML Inference を使用すると、ローカルのコネクテッドデバイス上で ML 推論をデプロイして実行できます。コネクテッドデバイス上で推論を行うことで、予測するためにデバイスデータをクラウドに送信することで発生するレイテンシーとコストが削減されます。ML 推論のためにすべてのデータをクラウドに送信する代わりに、ML 推論はデバイス上で実行され、より多くの処理が必要な場合にのみデータがクラウドに送信されます。詳細 »

プレスリリース

AWS Greengrass には 3 つの新機能があります。第 1 に、Greengrass Core デバイス上で動作する AWS Lambda 関数は、基盤となるホストデバイスの機能とネイティブに対話できます。第 2 に、Greengrass は一般的な産業用メッセージングプロトコル OPC-UA を使用できるようになりました。第 3 に、Greengrass Core ソフトウェアをリモートでアップデートして、新機能、バグ修正、セキュリティ強化を利用できるようになりました。詳細 »

AWS IoT Core はカスタムオーソライザーを追加し、デバイス用の AWS 認証情報を提供できるようになりました。詳細 »


AWS DeepLens は、ディープラーニング対応のワイヤレスビデオカメラで、HD カメラの開発者用キットと一連のサンプルプロジェクトを組み合わせて、開発者が機械学習の概念を学ぶのに役立ちます。DeepLens には、コンピュータビジョンとディープラーニングを始めるための実用的で実践的な学習体験を提供するサンプルプロジェクトがあらかじめ用意されています。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Comprehend は、機械学習を使用してテキスト内で洞察と関係を見つける自然言語処理 (NLP) サービスです。Amazon Comprehend は、テキストの言語を識別し、キーフレーズ、場所、人物、ブランド、またはイベントを抽出し、テキストがどの程度肯定的か否定的かを理解し、テキストファイルのコレクションをトピックごとに自動的に整理します。Amazon Comprehend API を使用すると、お客様の声の分析、インテリジェントなドキュメント検索、ウェブアプリケーションのコンテンツパーソナライゼーションなどの幅広い用途でテキストを分析し、その結果を使用できます。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Rekognition Video は、人物を追跡したり、活動を検出したり、物体、有名人、および不適切なコンテンツを認識したりする、ディープラーニングを使用した動画分析サービスです。Amazon Rekognition Video は、ライブストリーム内で顔を検出して認識することができます。Rekognition Video は、Amazon S3 に保存されている既存のビデオを分析し、活動、人物と顔、物体を示すラベルをタイムスタンプ付きで返すため、シーンを簡単に見つけることができます。Amazon Kinesis Video Streams からライブビデオの顔認識を実行することもできます。人物や顔の場合は、フレーム内での人物や顔の場所を示す境界ボックスも返されます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon SageMaker は、データサイエンティストや開発者が機械学習モデルを大規模に、迅速かつ簡単に構築、トレーニング、デプロイできるようにする完全マネージド型サービスです。Amazon SageMaker には、Build、Train、および Deploy という 3 つのモジュールがあります。Build モジュールは、データを操作し、アルゴリズムを試し、出力を視覚化するためのホストされた環境を提供します。Train モジュールでは、ワンクリックでのモデルのトレーニングやチューニングを大規模かつ低コストで行うことができます。Deploy モジュールは、推論のためのモデルを簡単にホストし、安全かつ低レイテンシーでテストするためのマネージド環境を提供します。Amazon SageMaker は機械学習を使用することで、開発者の成功を妨げる複雑さを排除します。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Translate は、高速で高品質な言語翻訳を手ごろな価格で提供するニューラル機械翻訳サービスです。ニューラル機械翻訳は、機械学習やディープラーニングモデルを使用して、従来の統計ベースやルールベースの翻訳アルゴリズムよりも正確で自然な翻訳を提供する言語翻訳自動化の一形態です。Amazon Translate を使用すると、大量のテキストを効率的に簡単に翻訳し、各国のユーザー向けにウェブサイトやアプリケーションをローカライズすることができます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Transcribe は、開発者が音声をテキストに変換する機能をアプリケーションに簡単に追加できるようにする、自動音声認識 (ASR) サービスです。Amazon Transcribe API を使用すると、一般的な形式 (WAV、MP3 など) で Amazon Simple Storage Service (S3) に保存されたオーディオファイルを分析し、書き起こしたすべての音声のテキストファイルを返すことができます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース


AWS Systems Manager の統合ユーザーインターフェイスでは、AWS の複数のサービスから入手した運用データを確認することや、複数の AWS リソース間で運用タスクを自動化することができます。これにより、リソースとアプリケーションの管理を簡略化し、運用上の問題の検出と解決までにかかる時間を短縮し、大規模なインフラストラクチャの安全な運用と管理を簡単に行うことができるようになります。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語)

AWS CloudTrail の Lambda データイベントを使って、AWS Lambda 関数の実行アクティビティを記録できるようになりました。これまで、記録できるものは Lambda 管理イベントのみであったため、関数の作成、変更、削除を実行した時刻とユーザーについての情報しか確認できませんでした。今後は Lambda データイベントも記録できるようになったため、API コールを呼び出した時刻とユーザー、および実行された Lambda 関数に関する追加情報も確認できるようになりました。詳細 »

ブログを読む(日本語)


AWS Elemental MediaConvert はオフラインのビデオコンテンツをフォーマット、圧縮して、テレビまたはネット接続されたデバイス上で配信できるようにするサービスです。高品質のビデオコード変換は、ほとんどどのようなデバイスに対してでも、オンデマンドのビデオアセットの作成を可能にします。
詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

AWS Elemental MediaLive は放送グレードのライブビデオを、テレビまたはネット接続されたデバイス用にユーザーがエンコードできるようにするサービスです。ボタン 1 つで放送チャネルやライブイベントを作成し、必要に応じて拡大縮小できます。 詳細情報を見る »

 ブログを読む(日本語) | プレスリリース

AWS Elemental MediaPackage は、コスト効果の高いビデオ配信のために、ジャストインタイムのパッケージングを行うサービスです。貴重なコンテンツを保ち、格納コストを削減しながら、時間シフトされたテレビなどの高度な機能で、ビデオの視聴効果を高めます。
詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

AWS Elemental MediaTailor はビデオのストリーム中、その規模に応じて的を絞った広告を容易に挿入できるようにするサービスです。コンテンツをパーソナライズすることで、視聴者の関わりを高め、ビデオからの収益を向上できます。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

AWS Elemental MediaStore は高性能格納サービスで、ビデオデータに対する高頻度のリクエストを取り扱うために最適化された Amazon S3 のセキュリティーと耐久性と共にお届けします。 詳細情報を見る »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース


AWS AppSync はリアルタイムでウェブ上、アプリ上でのデータを自動的に更新し、オフラインのユーザーには接続と同時にデータを更新します。AppSync は応答性の良い協力的なユーザーエクスペリエンスを備えた、協力的なモバイルアプリ、ウェブアプリの構築を容易にします。詳細 »

ブログを読む(日本語)


弊社では先に、AWS PrivateLink を用いてお客様の Virtual Private Cloud (VPC) を公衆インターネットにさらすことなく、VPC からサードパーティーの SaaS アプリケーションにアクセスできるようになったことをお知らせしました。また、AWS PrivateLink を用いてお客様の組織内の異なるアカウント、VPC 間でサービスを接続し、内部ネットワークのアーキテクチャーを大幅に簡略化できます。詳細 »

 ブログを読む(日本語)

Amazon API Gateway上で新しい API をカナリアリリースを導入して、徐々にロールアウトできるようになりました。これで、API の変更をより安全にロールアウトし、新規導入の影響範囲を制限できます。詳細 »

Amazon EC2 では、AWS リージョンが異なる Virtual Private Clouds (VPC) 間でピア接続関係を確立できるようになりました。リージョン間 VPC ピア接続では、異なる AWS リージョンで実行している VPC リソース (EC2 インスタンス、RDS、Lambda など) がプライベート IP アドレスを使用して相互に通信できます。ゲートウェイ、VPN 接続、個別の物理ハードウェアは必要ありません。詳細 »

 ブログを読む(日本語)

Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 内の HTTP/HTTPS リソースについて、パブリックインターネットに直接公開しなくても、アクセスを提供できるようになりました。API Gateway を使用して、VPC と統合された API エンドポイントを作成できます。詳細 »


Amazon GuardDuty は脅威を検出するサービスで、継続的な監視でユーザーの AWS アカウントとワークロードをより正確に、容易に保護します。GuardDuty は、AWS マネジメントコンソールでいくつかクリックするだけで、脅威情報フィード、異常検出、マシンラーニングを組み込んだユーザーの AWS アカウントすべてにわたって AWS データの解析を開始し、容易で、使った分だけ支払うクラウド上でのセキュリティーサービスとして今まで以上に行動をとりやすい脅威の検出を行います。詳細 »

ブログを読む(日本語) | プレスリリース

Amazon Cognito の高度なセキュリティー機能は、リスクに基づいた適応型の認証と、資格情報保護を用いて、お使いのアプリケーションへのアクセスを安全にします。Amazon Cognito が新しい場所やデバイスからのサインインなどの通常とは異なるサインインを検出すると、ユーザーに追加の確認を求めます。詳細 »

Managed Rules for AWS WAF は、AWS Marketplace 出品者が作成して管理している厳選されたルールセットで、AWS Application Load Balancer や Amazon CloudFront で実行しているウェブアプリケーションの前面に簡単にデプロイできます。詳細 »

 ブログを読む(日本語)


ほとんどのアプリケーションでは、オブジェクトの完全なセットを取り出し、必要なデータだけをフィルタリングする必要があります。Amazon S3 Select を使用すると、アプリケーションはオブジェクト内のデータのフィルタリングとアクセスという負荷のかかる作業を Amazon S3 サービスに任せることで、オブジェクト全体を取得するのではなく、S3 オブジェクトからデータのサブセットのみを取得できます。S3 Select は、分析アプリケーションによってロードおよび処理されるデータ量を削減することで、S3 からのデータに頻繁にアクセスするほとんどのアプリケーションのパフォーマンスを最大 400% 向上させることができます。詳細 »

ブログを読む(日本語)

Amazon Glacier Select は、Amazon Glacier のアーカイブデータをクエリする新しい方法です。Amazon Glacier Select では、Amazon Glacier に保存されたデータに対して直接クエリを実行し、必要なデータのみをアーカイブから取り出して分析に使用することができます。これにより、総所有コストを削減し、データレイクをコスト効率の高いアーカイブストレージに大幅に拡張できます。詳細 »

ブログを読む(日本語)