AWS re:Invent 2016 の録画を見る


AWS CEO – Andy Jassy 氏

Andy-Jassy

Amazon.com CTO – Werner Vogels 氏

videothumb_reinvent_keynote_2014_02

AWS VP – James Hamilton 氏

reinvent-day1-video-thumb

Amazon Athena: 新しいサービス

Amazon Athena はインタラクティブなクエリサービスで、Amazon S3 内のデータを SQL を使用して簡単に分析できるようになります。Athena はサーバーレスのため、インフラストラクチャを管理する必要がありません。実行したクエリに対してのみ料金が発生します。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon EMR: 新しい機能

Amazon EMR で Apache HBase のデータストアとして Amazon S3 を使用できるようになりました。基盤となるストレージに影響を与えずに、コンピューティングノードをスケールアウトまたはスケールインできます。

詳細 »


Amazon QuickSight: 新しいサービス

Amazon QuickSight がすべてのお客様に一般公開されました。QuickSight は高速なクラウド対応のビジネス分析サービスであり、可視化の構築とアドホック分析の実行を容易にします。

日本語ブログを読む | 詳細 »


Amazon Redshift: 新しい機能

Amazon Redshift は、データの圧縮、接続の管理、およびデータの読み込みを改善する 4 つの新機能を発表しました。

詳細 »


AWS Glue: 新しいサービス

AWS Glue はデータソースを理解しやすくする、完全マネージド型の ETL サービスです。このサービスにより、データを作成し、そのデータをデータストアに安心してロードできます。データ検出、変換、およびジョブスケジューリングのタスクを簡単に、自動で行えるようになります。

詳細 »


Amazon API Gateway: 新しい機能

Amazon API Gateway が AWS Marketplace と統合したことにより、API 所有者はコードを記述しなくても、API を収益化したり、API 製品の使用量を測定したりできるようになりました。

詳細 »

API 利用者が API を理解しやすくなるよう、Amazon API Gateway を使用して構築した API のメソッドやリソースにドキュメントを追加できるようになりました。

詳細 »

Amazon API Gateway のカスタムオーソライザーが承認の応答で追加のフィールドを返せるようになりました。

詳細 »


AWS Step Functions: 新しいサービス

AWS Step Functions により、視覚的なワークフローを使用して、分散アプリケーションとマイクロサービスのコンポーネントを簡単に調整できます。

日本語ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon Lex: 新しいサービス

Amazon Lex は、音声やテキストを使用した会話型インターフェイスを構築するためのサービスです。Lex では、Alexa を駆動する深層学習エンジンと同じものをすべての開発者が利用でき、新しいアプリケーションや既存のアプリケーションで非常に高度な自然言語のチャットボットを利用できるようになります。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon Polly: 新しいサービス

Amazon Polly は、テキストを生きた話し声に変換するサービスです。24 の言語と 47 の本物そっくりの音声をサポートしています。会話機能を搭載したアプリを作成し、音声に対応したまったく新しいカテゴリの製品を構築することが可能になります。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon Rekognition: 新しいサービス

Amazon Rekognition は、画像の分析をアプリケーションに簡単に追加できるようにするサービスです。Rekognition では、画像内の物体、シーン、および顔を検出できます。顔を検索および比較することもできます。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


MXNet: AWS の深層学習フレームワークとして採用

MXNet は、オープンソースで、十分な機能を搭載し、柔軟にプログラミング可能で、きわめてスケーラブルな深層学習フレームワークであり、畳み込みニューラルネットワーク (convolutional neural network: CNN) や長期短期記憶ネットワーク (long short-term memory network: LSTM) などの深層学習モデルをサポートしています。AWS での MXnet の実行は、CPU または GPU、クラスター、サーバー、デスクトップ、または携帯電話で深層学習を利用する開発者に、スケーラビリティが高く、柔軟で、高速なモデルトレーニングエクスペリエンスを提供します。

詳細 »


Amazon EC2: 新しい機能

Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 内の EC2 インスタンスが、IPv6 プロトコルをネイティブサポートするようになりました。AWS マネジメントコンソール、API/SDK、および CLI を通じて、既存および新規の VPC に対して IPv6 を有効化できます。

詳細 »


Amazon EC2 C5: 新しいインスタンスタイプ

Amazon EC2 C5 インスタンスは最も強力なコンピューティング最適化インスタンスであり、最高性能のプロセッサと、EC2 で最も低廉な価格/コンピューティング性能比を特徴としています。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon EC2 Elastic GPU: 新しい機能

Amazon EC2 Elastic GPU により、最もコスト効率に優れた柔軟な方法で、Amazon EC2 インスタンスにグラフィックス高速化を追加できます。

日本語ブログを読む プレスリリース詳細 »


Amazon EC2 F1: 新しいインスタンスタイプ

Amazon EC2 F1 は、アプリケーションの高速化のためのプログラミング可能なハードウェアによる新しいコンピューティングインスタンスです。F1 では、数回のクリックでインスタンス上のカスタム FPGA ハードウェアに直接アクセスできます。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon EC2 I3: 新しいインスタンスタイプ

I3 インスタンスは最新世代のストレージ最適化高 I/O インスタンスであり、最も要求が厳しく I/O 量の多いリレーショナル、NoSQL、トランザクション、および分析ワークロードのための NVMe ベースの SSD を特徴としています。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon EC2 R4: 新しいインスタンスタイプ

Amazon EC2 R4 インスタンスは最新世代のメモリ最適化インスタンスであり、価格性能比は R3 インスタンスより 20% 高くなっています。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon EC2 T2: 新しいインスタンスタイプ

最新の Amazon EC2 バースト可能パフォーマンスインスタンスである t2.xlarge と t2.2xlarge を起動できるようになりました。t2.xlarge は 16 GiB のメモリと 4 vCPU を提供、t2.2xlarge は 32 GiB のメモリと 8 vCPU を提供します。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon Lightsail: 新しいサービス

Amazon Lightsail は、AWS を利用して仮想プライベートサーバーを立ち上げて管理するための最も簡単な方法です。プロジェクトのジャンプスタートに必要なすべて (コンピューティング、ストレージ、およびネットワーキング) を、月額 5 USD からの価格で入手できます。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


AWS Batch: 新しいサービス

AWS Batch を使用することで、開発者、科学者、およびエンジニアは、数十万件のバッチコンピューティングジョブを AWS で簡単かつ効率的に実行できます。

日本語ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


AWS Lambda: 新しい機能

AWS Lambda にデッドレターキュー (DLQ) を構成し、AWS イベント (S3、SNS、IoT など) によって配信されるものを含むすべての非同期呼び出しに対するメッセージ処理を、さらにコントロールできるようになりました。

詳細 »

.NET Core 1.0 ランタイムを使用して、C# で AWS Lambda 関数を開発できるようになりました。

詳細 »


Lambda@Edge: 新しい機能

Lambda@Edge では、サーバーをプロビジョニングしたり管理したりすることなく、CloudFront エッジロケーションでコードを実行できます。Lambda@Edge により、開発者はカスタマイズされたウェブアプリケーションについて、低レイテンシーのユーザーエクスペリエンスを実現できます。

日本語ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


Blox–Amazon ECS のオープンソースのスケジューラー

Blox はオープンソースソフトウェアの集合で、ECS にカスタムスケジューラーを作成したり、サードパーティのスケジューラーを統合することができます。

日本語ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon Aurora: 新しい機能

Amazon Aurora が PostgreSQL 互換になりました。一般的な PostgreSQL データベースの最大 2 倍のパフォーマンスを達成でき、Amazon Aurora のお客様のお気に入りの機能を利用できます。

日本語ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »

AWS はその HIPAA コンプライアンスプログラムを、Amazon Aurora および Amazon RDS for PostgreSQL が含まれるように拡張しました。

詳細 »


AWS Schema Conversion Tool: 新しい機能

AWS Schema Conversion Tool (SCT) で、スキーマ変換用のソースとして 2 つのデータウェアハウスが追加されました。

詳細 »


Amazon AppStream 2.0: 新しいサービス

Amazon AppStream 2.0 を利用すれば、AWS クラウドからユーザーに直接、ユーザーの好きなデバイスでデスクトップアプリを安全にストリーミングでき、デスクトップアプリをクラウド向けに記述しなおす必要がなくなります。

詳細 »


Amazon WorkSpaces: 新しい機能

Amazon WorkSpaces グラフィックスバンドルは、エンジニアリング、設計、建築の各アプリケーションに対応したハイエンド GPU を含む仮想クラウドデスクトップを提供します。

詳細 »

Amazon WorkSpaces Web Access という新機能を使用して、Chrome および Firefox ウェブブラウザから Amazon WorkSpaces にアクセスできるようになりました。

詳細 »

Amazon WorkSpaces は、Windows Server 2016 によって強化される Windows 10 デスクトップエクスペリエンスが付属するバンドルを提供するようになりました。Amazon WorkSpaces の Windows 10 バンドルにより、ユーザーを最新のオペレーティングシステムに簡単に移行でき、ライセンス体系も簡素化されます。

詳細 »


AWS CodeBuild: 新しいサービス

AWS CodeBuild により、クラウドでのコードのビルドやテストができます。CodeBuild により継続的にスケールされるため、構築物がキューに留まることはありません。コンピューティングリソースの使用は、1 分ごとに課金されます。他の AWS のサービスと一緒に CodeBuild を使用することもできます。例えば、AWS CodePipeline に CodeBuild をつなげると、CodeBuild へのコードのビルドとテストが自動的に行われます。この場合、使用ごとに、ソースリポジトリに対して課金されます。

日本語ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


AWS X-Ray: 新しいサービス

AWS X-Ray により開発者はプロダクション、分散アプリケーション (マイクロサービスアーキテクチャを使って作成したアプリケーションなど) を分析しデバッグすることができます。X-Ray により、アプリケーションや基盤となるサービスの動作を把握できます。それにより、パフォーマンスの問題やエラーの根本原因を確認し、トラブルシューティングすることができます。

日本語ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


VMware on AWS Cloud: 新しいサービス

VMware Cloud on AWS では AWS クラウド上で簡単に VMware ワークロードを実行できます。

詳細 »


AWS Greengrass: 接続されたデバイス用のソフトウェア

AWS Greengrass は、接続されたデバイスのローカルでコンピューティング、メッセージング、データキャッシュを実行できるソフトウェアです。AWS Lambda を使用して AWS クラウドとローカルデバイス全体で IoT アプリケーションをシームレスに実行しましょう。

ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


AWS IoT: 新しい機能

最新版の AWS IoT マネジメントコンソールは、より使いやすくなっています。デバイスの接続、詳細の確認、キーリソースの検索、MQTT クライアントでのテストなどの機能が含まれています。

詳細 »

限定プレビューで AWS IoT Button Enterprise Program を発表します。このプログラムによって、企業は既存のアプリケーションを拡張したり、シンプルな IoT ボタンデバイスに接続する新しいアプリケーションを構築したりできます。

詳細 »

AWS は開発者のエクスペリエンスを向上させました。現在、バッテリーの寿命が 2 倍になった第 2 世代の AWS IoT ボタンと、簡単に設定できる iOS と Android の新しいモバイルアプリケーションが予約受付中です。

詳細 »


Amazon CloudWatch–料金の引き下げ
 

AWS は CloudWatch メトリックスの料金引き下げを発表しました。新しい容量ベースの料金体系では、メトリックスあたり 0.50 USD から 1 か月あたりでメトリックスあたり 0.30 USD に値下げし、これは 40% の値下げになります。

詳細 »


Amazon EC2 Systems Manager: 新しいサービス

Amazon EC2 Systems Manager は、ソフトウェアインベントリの収集や Windows OS パッチの適用、システムイメージの作成そして Windows や Linux のオペレーティングシステム設定などのプロセスを自動化する管理サービスです。さらに、AWS Config を使ってインスタンスソフトウェアの構成を記録したり管理したりすることができます。

オンラインセミナー | 詳細 »


AWS CloudFormation: 新しい機能

AWS CloudFormation および AWS Serverless Application Model (AWS SAM) を使用して、AWS Lambda ベースのアプリケーションのリソースをプロビジョニングしたり管理したりできるようになりました。

詳細 »


AWS CloudTrail: 新しい機能

AWS CloudTrail が Amazon S3 データイベントをサポートするようになりました。すべての API アクションを S3 オブジェクトに記録し、発信者の AWS アカウント、発信者の IAM ユーザーロール、API コールの時刻、API の IP アドレスなど、詳細な情報を受け取ることができます。

詳細 »


Chef による自動化向けの AWS OpsWorks: 新しいサービス

AWS OpsWorks for Chef Automate により、完全マネージド型の Chef Server、継続的なデプロイのための一連の自動化ツール、コンプライアンスのための自動化テスト、各ノードに表示されるユーザーインターフェイスが利用できます。

オンラインセミナー | 詳細 »


AWS Personal Health Dashboard: 新しいサービス

AWS Personal Health Dashboard により、AWS のサービス状態がパーソナライズされて表示されます。利用しているサービスに異常があった場合はアラートが表示され、AWS リソースを正常な状態にするためのガイダンスが提供されます。

ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


AWS Marketplace: 新しい機能

AWS Marketplace は、お客様が SaaS のサブスクリプションで AWS Marketplace から直接 SaaS (Software-as-a-Service) および API (アプリケーションプログラミングインターフェイス) 製品をサブスクライブできるようになったことを発表しました。

詳細 »


Amazon SQS: 新しい機能

FIFO (先入れ先出し) キューを使用する厳密なシーケンスを必要とするアプリケーションで、Amazon Simple Queue Service (SQS) を使用できるようになりました。Amazon SQS 標準キューの料金は最大 20% 値下げされました。

詳細 »


AWS Snowmobile: 新しいサービス

AWS Snowmobile は、超大容量データを移動するために使用されるエクサバイトスケールのデータ転送サービスです。

ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon Pinpoint: 新しいサービス

Amazon Pinpoint により、対象を絞ったプッシュ通知キャンペーンを容易に実行して、ユーザーのモバイルアプリケーションの利用度を高めることができます。Pinpoint を使うと、ターゲットセグメントを定義し、キャンペーンを実行し、結果を評価できます。

ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


AWS Mobile Hub: 新しい機能

AWS は AWS Mobile Hub 用の SaaS コネクタ機能を発表しました。SaaS コネクタにより、モバイルアプリケーションからサードパーティのエンタープライズ SaaS アプリケーションに、安全で簡単にアクセスできます。

詳細 »

AWS Mobile Hub には Amazon Lex との統合が含まれるようになったため、モバイルアプリケーションへのタッチだけでなく音声やテキストを使用するモバイルアプリケーションを構築できます。

詳細 »


Amazon CloudFront: 新しい機能

CloudFront のリージョナルエッジキャッシュは、オリジンリソースへの負荷を低減しながら、視聴者に向けてのパフォーマンスを向上させます。この機能を使用しても追加コストは発生しません。

詳細 »


AWS Artifact: 新しいサービス

AWS Artifact は、クラウドのセキュリティとコンプライアンスを確認および実証するために、AWS コンプライアンスレポートへのオンデマンドアクセスを提供します。

詳細 »


AWS Organizations: 新しいサービス

AWS Organizations を使って AWS アカウントのグループを作成すれば、セキュリティと自動化の設定管理がもっと簡単になります。

詳細 »


AWS Shield: 新しいサービス

AWS Shield は、DDoS からのマネージド型保護サービスです。Elastic Load Balancing (ELB)、Amazon CloudFront、Amazon Route 53 を使用してウェブアプリケーションを保護します。

ブログを読む | オンラインセミナー | 詳細 »


Amazon EFS: 新しい機能

Amazon EFS にオンプレミスサーバーからアクセスできるようになりました。これにより、オンプレミスから Amazon EFS ファイルシステムへのファイルデータの移行が簡素化され、クラウドバースティングのワークロードのサポートが可能になります。

詳細 »


Amazon Glacier: 新しい機能

Amazon Glacier のお客様は、緊急取得を使用してデータに 1~5 分でアクセスできるようになりました。取得する GB あたり 0.03 USD の均一料金です。

詳細 »


Amazon S3: 新しい機能

Amazon S3 ストレージ管理機能のますます充実するポートフォリオに、さらに新しい機能が追加されます。これらの機能により、ストレージの分析と管理が効率化されます。

詳細 »


Amazon S3 と Amazon Glacier の料金値下げ

Amazon S3 の料金体系は現在の 6 段階から 3 段階となり、料金とプロジェクトの将来のコストがわかりやすくなりました。また、Amazon S3 と Amazon Glacier のストレージ料金は、ほとんどのリージョンで 20% 以上値下げされました。

詳細 »


AWS Snowball: 新しい機能

HIPAA コンプライアンスプログラムを拡張して AWS Snowball を含めました。これにより、保護された医療情報 (PHI) を含む大量のデータを、AWS との間で安全かつコスト効率よく転送することができます。

詳細 »


AWS Snowball Edge: 新しいサービス

AWS Snowball Edge は、オンボードストレージとコンピューティングを備えたペタバイトスケールのデータ転送サービスです。

ブログを読む | プレスリリース | オンラインセミナー | 詳細 »


AWS Storage Gateway: 新しい機能

AWS Storage Gateway は、仮想のオンプレミスファイルサーバーを提供するようになりました。ユーザーはこのサーバーで、標準のファイルストレージプロトコルを通して Amazon S3 オブジェクトの保存と取得を行うことができます。

詳細 »