reinvent-logo_all-white
カテゴリを選択する
  • カテゴリを選択する
  • アプリケーション連携
  • 分析
  • ブロックチェーン
  • コンピューティング
  • データベース
  • 開発者用ツール
  • IoT
  • 機械学習
  • マネジメントとガバナンス
  • Marketplace
  • メディアサービス
  • 移行とデータ転送
  • モバイル
  • ネットワークとコンテンツ配信
  • ロボティクス
  • 人工衛星
  • セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス
  • ストレージ

製品発表

基調講演ビデオ

*日本語字幕版 近日提供予定

Peter DeSantis, VP, AWS Global Infrastructure

Terry Wise, VP of Global Alliances Ecosystems, and Channels, AWS

Andy Jassy, CEO, Amazon Web Services

Werner Vogels, CTO, Amazon.com


AWS re:Invent 2018 ダイジェスト

東京・大阪でイベント開催!

2018 年 12 月 11 日 (火) 10:00 ~ 17:20
東京会場よりライブストリーム中継!

詳細・お申し込みはこちら »

2018 年 12 月 13 日 (木) 10:00 ~ 17:20
サンライズビル大阪(大阪) にて開催

詳細・お申し込みはこちら »

アプリケーション連携


AWS Step Functions、 Amazon SageMaker と AWS Glue の連携

AWS Step Functions は、Amazon SageMaker および AWS Glue と連携し、データサイエンスおよびエンジニアリングチームが機械学習(ML)のワークフローの作成、デプロイメント、監視、およびイテレーションをより簡単かつ迅速に行うことができます。AWS Step Functions を使用すれば、複数の Amazon SageMaker のジョブと AWS のサービスをコーディングなしで、数分で接続し機械学習のワークフローを自動化できます。詳細はこちら >

AWS Step Functions でワークフローの自動化

AWS Step Functions で AWS Batch、Amazon Elastic Container Service (ECS) のジョブを開始するワークフローを自動化できるようになりました。Amazon DynamoDB でデータペイロード(データ本体)を格納および取得します。Amazon SNS と Amazon SQS にメッセージを送れます。これらの連携により、ワークフローの構築、セキュリティの簡素化、および監視がより迅速に対応できるようになります。詳細はこちら >

分析


AWS Lake Formation 近日リリース

AWS Lake Formation は、プレビュー版の新サービスで、セキュアなデータレイクを構成します。これにより、データの取り込み、分類、整理、変換が可能になります。AWS Lake Formation は、Amazon EMR、Amazon Redshift, Amazon Athena, Amazon Sagemaker, QuickSight のような分析ツールとの連携を容易にします。詳細はこちら »

Amazon QuickSight プレビュー

Amazon QuickSight は、機械学習を提供する最初の BI サービスであり、自然言語が組織内のすべてのユーザーにインサイトを与えます。機械学習と自然言語により、ユーザーは隠れたインサイトを容易に発見することができ、前進するために重要な要素を理解し、機械学習の専門家や手動の解析による膨大な時間を費やすことなく、ビジネスを予測することができます。詳細はこちら »

Amazon Kinesis Data Analytics for Java Applications

Amazon Kinesis Data Analytics は、ストリーミングデータを解析したり、すぐに使用可能なインサイトを得たり、ビジネスやお客様のニーズにも即時に対応できる、最も簡単な方法です。ストリーミングデータを解析する為に SQL を記述することに加えて、開発者はいかなるスケールにおいてもデータを構造化、変換、統合するような共通処理を可能にするビルトイン型の最新の Java アプリケーションを構築できます。詳細はこちら »

Amazon Managed Streaming for Kafka プレビュー

Amazon Managed Streaming for Kafka は、フルマネージド型のサービスで、Apache Kafka を使用してストリーミングデータを処理するアプリケーションを簡単に構築および実行できます。 Kafkaのインフラストラクチャ管理の専門知識は必要ありません。したがって、インフラストラクチャの管理にかかる時間を短縮し、ストリーミングアプリケーションを構築する時間を短縮できます。 詳細はこちら »

ブロックチェーン


Amazon Managed Blockchain プレビュー

Amazon Managed Blockchain は、Hyperledger Fabric や Ethereum といった人気のオープンソースフレームワークを用い、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを容易に作成し管理するフルマネージド型のサービスです。詳細はこちら »

コンピューティング


EC2 A1 インスタンス

Amazon EC2 A1 インスタンスは、大幅なコスト節約、スケールアウトと拡張した Arm エコシステムによりサポートされた Arm ベースのワークロードに適しています。A1 インスタンスは EC2 ではじめてのインスタンスで、AWS がカスタムデザインした 64 ビット Arm Neoverse コアと回路による Graviton プロセッサーを使用しています。詳細はこちら »

EC2 C5n インスタンス

Amazon EC2 C5n インスタンスは C5 インスタンスファミリーに追加された次世代のインスタンスで、100 Gbps のネットワークのスループットを提供します。C5n インスタンスは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、データレイク、ファイヤウォールやルーターなどのネットワークアプライアンスを含むネットワーク集中型アプリケーションに適しています。詳細はこちら »

AWS Container Competency

AWS Container Competency は、AWS の製品やソリューションでコンテナの実行をサポートする AWS Partner Network (APN) テクノロジーパートナー を識別します。パートナーが提供する製品やサービスは、コンテナ上でワークロードの処理能力を向上させるよう AWS のサービスと連携します。AWS Container Competency は、オーケストレーション、スケジューリング、インフラ、アプリケーションの構築/テスト、コンテナ上での構築の最適化に加え、監視、ログの記録、コンテナのセキュリティ管理なども最適化できます。詳細はこちら »

Firecracker

Firecracker は、AWS のオープンソースによる専用仮想化技術です。セキュアでマルチテナントなコンテナで、機能ベースのサービスが AWS Lambda と AWS Fargate で利用できます。詳細はこちら »

AWS Outposts 近日リリース

AWS Outposts は、ネイティブな AWS サービス、インフラストラクチャ、運用モデルをデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミス環境へ仮想的にもたらします。AWS Outposts なら、エンタープライズIT全体に対して単一の管理方法が適用でき、同様にオンプレミスまたはクラウドにおけるモダンアプリケーション開発において、自動化、ガバナンス制御、ポリシー、API、開発者ツールが使用可能です。詳細はこちら »

Amazon EC2 P3dn インスタンス 近日リリース

Amazon EC2 P3dn.24xlarge インスタンスは、最も処理速度が速く、パワフルで、P3 インスタンスの中でも最も大きなインスタンスサイズです。100 Gbps のネットワークスループット、8 NVIDIA® Tesla® V100 GPU、32 GB メモリ、 カスタマイズした 96 Intel® Xeon® Scalable (Skylake) vCPU、2 TB の NVMeベースの SSD ストレージなどが利用できます。さらに高速なネットワーク、プロセッサ、GPU メモリ倍増、 vCPU を追加すれば、機械学習に費やす時間をさらに低減したり、いくつかのインスタンスを使ってスケールアウトさせるような HPC のシミュレーションを実行したりすることができます。詳細はこちら >

Amazon EC2 オンデマンドハイバーネーション

起動中の EC2 インスタンスの休止(一時停止)と再開ができるようになりました。すぐに再開できるようメモリ上に展開している状態を保持できます。 詳細はこちら »

Amazon Lightsail のインスタンスアップグレード

本日より Amazon Lightsail のインスタンスを Amazon EC2 のインスタンスへ簡単にアップグレードできるようになりました。Lightsail は、予測しやすい価格、アプリケーションのスケールと管理、必要に応じて EC2 へ移行できるなど Lightsail の使いやすいプラットフォームの特徴をより活用できるようになります。 詳細はこちら »

アプリケーションロードバランサーで AWS Lambda をサポート

アプリケーションロードバランサーで AWS Lambda ファンクションを呼び出し、サーバーレスアプリケーションでウェブブラウザなどの HTTP クライアントからの HTTP(S) リクエストを処理できるようになりました。アプリケーションロードバランサーをサーバーやサーバーレスコンピューティングのアプリケーションにおける運用や監視を簡易化するため、共通の HTTP エンドポイントして利用できます。詳細はこちら »

AWS Lambda レイヤー

複数の機能間において共通のソフトウェアやデータを簡単に管理できる、AWS Lambda の機能、Lambda レイヤーを発表しました。以前、開発者は、アプリケーションフレームワーク、SDK、機械学習モデルなどの Lambda 関数に必要なすべてのソフトウェアとデータを関数のデプロイメントパッケージに含める必要がありました。現在では、Lambda レイヤーを使用して、複数の機能間で共通のソフトウェアとデータを集中管理することができます。詳細はこちら »

AWS License Manager

AWS License Manager は、AWS やオンプレミス環境にある Oracle、Microsoft、SAP などのソフトウェアライセンスを容易に管理することができます。AWS License Manager であれば、管理者がそれらのライセンスを単一のダッシュボードで確認でき、誤った使用を防止するようなルールを設定できます。 詳細はこちら » 

データベース


DynamoDB トランザクション

Amazon DynamoDB トランザクションを利用することにより、開発者は複数のミスのゆるされないの操作を必要とするミッションクリティカルなアプリケーションでビジネスロジックを支援することができます。例えば、開発者が構築する注文処理アプリケーションで、顧客の支払い方法が有効であることを確認し、1 回限りのミスのゆるされない操作として正確なロイヤリティポイント数を顧客の口座にクレジットすることができます。詳細はこちら »

Amazon Quantum Ledger Database

Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) は、アプリケーションのデータに加えられた不変で暗号で検証可能なすべての変更履歴を提供する完全マネージド型の元帳データベースです。詳細はこちら »

Amazon Timestream

Amazon Timestream は、IoT および運用アプリケーションにおいてリレーショナルデータベースの 1/10 のコストで 1 日あたり何兆ものイベントを容易に保存、分析できる、高速でスケーラブルな完全マネージド型の時系列データベースです。Amazon Timestream を使用することにより、DevOps のログデータや、IoT アプリケーションのセンサーデータ、機器保守のための工業用テレメトリーデータを簡単に保存、分析できます。詳細はこちら »

Amazon RDS on VMware

Amazon Relational Database Service (RDS) on VMware を使用することにより、AWS の数十万のお客様が活用している Amazon RDS テクノロジーを使用して、オンプレミスやハイブリッド環境でマネージドデータベースをデプロイできます。RDS on VMware を使用することにより、VMware vSphere の独自データセンターでデータベースの設定、操作、拡張や、AWS への移行が容易に行えます。詳細はこちら »

Amazon Aurora Global Databases

Aurora Global Database は、複数の AWS リージョンにまたがって、アプリケーションワークロードに対応できるようデータベースリソースを完全に使用可能な専用インフラストラクチャを使用して、1 秒未満の待ち時間で書き込みをレプリケートできます。世界規模のフットプリントを持つアプリケーションでは低レイテンシーな読み込みのためにセカンダリリージョンのリーダーインスタンスを使用できます。セカンダリリージョンでは災害対策のために 1 分以内に完全な読み書きワークロードを取得できます。詳細はこちら »

DynamoDB On-Demand

お客様が消費するリソースのみへの支払いを可能にする新しい請求オプションです。新しい課金オプションにより、あらかじめ設定されたスループットが提供され、ワークロードは毎秒 0から数千件の要求が瞬時に増加し、DynamoDB は、サーバー、ストレージ、またはスループットのキャパシティプランニングを行わずにインターネット規模のパフォーマンスとフルマネージドな体験の組み合わせを提供する最初のデータベースとなります。詳細はこちら »

開発者用ツール


新旧システムの切替構築に新たなサポート

Amazon ECS と AWS Fargate は AWS CodeDeploy を経由して、新旧のシステムの切替構築をサポートします。新たな本番環境にトラフィックを向ける前に新しいアプリケーションが正常に動作するかどうかの、検証のための構築を容易に自動化できます。詳細はこちら »

 

新しい AWS Toolkits

PyCharm 用 AWS Toolkit は、AWS 上で Python アプリケーションを簡単に開発できるようにする新しいオープンソースプラグインです。 このツールキットは、PyCharm でサーバーレスアプリケーションの作成、ステップバイステップのデバッグ、およびデプロイを支援する、統合されたエクスペリエンスを提供します。 詳細はこちら »

 

IoT


AWS IoT Things Graph プレビュー

AWS IoT Things Graph を使用すると、センサーやアクチュエータのようなデバイスを接続することで、あるいは、コードをほとんど、またはまったく使用しないウェブサービスを接続することで、IoT アプリケーションを簡単に構築できます。 AWS IoT Things Graph により、連携して動作するよう設計されていないデバイスやサービスを簡単に接続できます。詳細はこちら »

AWS IoT Events プレビュー

AWS IoT Events は、マネージド型の IoT サービスで、さまざまな IoT センサーやアプリケーションからのイベントを容易に検出して対応できます。 IoT Events は、運用上の問題をすばやく解決し、メンテナンスコストを削減し、運用を効率化し、製品品質を改善するのに役立ちます。詳細はこちら »

新しい Greengrass の特徴

AWS IoT Greengrass の新しい機能には、サードパーティーのアプリケーションおよび AWS サービス、信頼できる秘密鍵ストレージのハードウェアルート、および新しい設定オプションへのコネクタが含まれています。詳細はこちら »

AWS IoT SiteWise プレビュー

AWS IoT SiteWise は、産業施設のデータベースから IoT データを簡単に収集、構造化、検索し、設備やプロセスのパフォーマンスを分析するためのマネージドサービスです。 IoT SiteWise により、高コストな内製のデータ収集および管理アプリケーションを構築するのではなく、業務を理解して最適化することに集中できます。詳細はこちら »

AWS Partner Device Catalog

AWS Device Qualification Catalog により、お客様は、Amazon FreeRTOS、AWS IoT Greengrass、AWS IoT Core、Amazon Kinesis Video Streams など、AWS のサービスで動作するデバイスを簡単に見つけることができます。 AWS Device Qualification Program により、AWS パートナーネットワーク (APN) のハードウェアパートナーは、セルフでデバイスに関する資格を取得し、お客様が簡単に購入できるよう、AWS Partner Device Catalog に掲載することができます。詳細はこちら »

AWS IoT Service Delivery Designations

AWS Service Delivery プログラムでは、AWS Partner Network(APN)コンサルティングパートナーが、特定のAWSサービスをお客様に提供した実績を紹介します。 今回の re:Invent で、AWS IoT Core、AWS IoT Analytics、AWS IoT Greengrass の 3 つの新しい AWS IoT Service Delivery を発表しました。 これらの APN パートナーは、関連する AWS サービスの実証された知見と深い専門知識を活用して、安全でスケーラブルな IoT ソリューションを構築します。詳細はこちら »

AWS IoT Device Tester for Amazon FreeRTOS ベータ版

Amazon FreeRTOS は、Bluetooth Low Energy (BLE) をサポートしました。 この機能により、組み込みアプリの開発者は、BLE を使用して、Amazon FreeRTOS デバイスを、Android および iOS デバイスを経由して AWS IoT に安全に接続できます。詳細はこちら »

機械学習


Amazon SageMaker Ground Truth

Amazon SageMaker Ground Truth は、人為的な注釈と統合された自動ラベリングを効果的に組み合わせて、高品質で正確なトレーニングデータセットを構築するためのサービスです。Ground Truth を利用することで、モデルが学習して正しい決断を下すのに役立つラベルづけされたデータを使用して訓練を行うことができ、機械学習モデルの成功を促します。詳細はこちら »

Amazon Forecast プレビュー

Amazon.com (http://amazon.com/) で使われるのと同じ技術に基づいて、Amazon Forecast は機械学習を使用して時系列データと追加変数を組み合わせて、高精度の予測を作成します。Amazon Forecast を開始するには、機械学習の経験は必要ありません。詳細はこちら >

Amazon Comprehend Medical

Amazon Comprehend Medical は機械学習を用いて、体系化されていない医療テキストのインサイトと関連性を迅速に見つけ出します。Amazon Compehend Medical は HIPAA に適合しており、初期費用不要ですべての開発者が高度な医療テキスト分析へのアクセスができるようになります。詳細はこちら >

Amazon Elastic Inference

Amazon Elastic Inference は、Amazon SageMaker または Amazon EC2 インスタンスを使用することにより、深層学習推論コストを最大 75 % 削減可能となる高速化されたコンピューティングサービスです。Amazon Elastic Inference は、深層学習推論を実行する SageMaker のエンドポイントや EC2 インスタンスに簡単にアタッチすることができる小規模なサイズの完全な GPU インスタンを提供します。詳細はこちら >

Amazon Textract プレビュー

Amazon Textract は、スキャンしたドキュメントからテキストとデータを自動的に検出、抽出するサービスです。Textract は、単純な光学式文字認識 (OCR) を超えて、テーブルに格納されたフォームや情報のフィールドの内容も識別します。Textract により、ドキュメントワークフローを迅速に自動化できるため、1 時間で 100 万ページのドキュメントページを処理できます。詳細はこちら >

Amazon Personalize プレビュー

Amazon Personalize は機械学習サービスであり、開発者は個人ごとに適切なタイミングに適切なメッセージでパーソナライズをスケーラブルに作成することができます。Amazon.com (http://amazon.com/) が何百万人もの顧客へ製品レコメンデーションを提供するのと同じパーソナライズ技術に基づいて、Amazon Personalize は顧客データから生成されたインサイトを使用して、特定のニーズに合わせて最適化されたエクスペリエンスを提供します。詳細はこちら >

Amazon Sagemaker Neo

Amazon SageMaker Neo は、機械学習モデルをトレーニングして、クラウド内またはエッジでどこでも利用でき、最大 2 倍のパフォーマンス改善が可能となります。Amazon SageMaker Neo を利用することで、モデルが構築されたフレームワークとは無関係に、異なるハードウェアプラットフォームにデプロイすることができます。SageMaker Neo は、コンパイラとランタイムを使用してモデルを最適化し、モデルフレームワークやハードウェアに依存しないモデルを作成します。詳細はこちら >

Amazon SageMaker RL

Amazon SageMaker RL は、自律システム、ロボティクス、運用リサーチをはじめとした多くの分野で実世界の複雑なシナリオを反映するために、開発者やデータサイエンティストが強化学習を使って模擬環境でモデルを構築、訓練およびデプロイできるよう支援します。Amazon SageMker RL は、深層強化学習手法を用いて、学習し、プロトタイプを作成し、迅速に実世界の問題に革新的なソリューションを提供したい開発者を支援します。詳細はこちら >

Amazon Translate Custom Terminology

Custom Terminology は お客様が企業およびドメイン特有のボキャブラリを使うために、Amazon Translate からの出力をカスタマイズする目的でご利用いただける機能です。お客様は、翻訳リクエストを含むカスタム用語をアップロードし、呼び出すことにより、ブランド名、キャラクター名、モデル名などの独自コンテンツを、コンテクストや Amazon Translate アルゴリズムによる決定にかかわらず、お客様が必要とする形で正確に翻訳させることができます。詳細はこちら >

Dynamic Training with Apache MXNet on AWS

AWS の Apache MXNet による Dynamic Training は、精度を損なうことなく、トレーニングの途中で EC2 スポットインスタンスや RI の追加および削除を柔軟に行うことで、トレーニングにかかるコストを大幅に削減します。詳細はこちら >

Amazon Sagemaker Developer Enhancements

Amazon SageMaker には、機械学習モデルの前処理と後処理を支援する開発者の生産性を向上する機能がいくつか用意されており、機械学習モデルの構築、トレーニング、導入をより簡単に迅速に行えます。 Amazon SageMaker の新しい開発者向け拡張機能は、一般的に必要とされる前処理タスクと後処理タスクが大幅に軽減されるため、機械学習モデルを迅速かつ簡単に導入するのに役立ちます。

AWS DeepRacer

AWS DeepRacer は 1/18 スケールのレースカーで、強化学習(RL)を始めるための興味深い楽しい方法を提供します。 強化学習 (RL) は、他の機械学習方法よりも訓練モデルに対して大きく異なるアプローチをとる高度な機械学習(ML)技術でです。 そのスーパーパワーは、ラベル付きトレーニングデータを必要とせずに非常に複雑な動作を学習し、長期的な目標を最適化しながら短期的な決定を下すことができるということです。 詳細はこちら >

Amazon Sagemaker Orchestration and Management

Amazon SageMaker は、開発者が安全で復元力のある機械学習アプリケーションの配信を促進するために、オーケストレーションと管理のいくつかの機能強化を発表しました。 Amazon SageMaker を使用した新しいオーケストレーションと管理機能の拡張により、機械学習モデルを導入するための記述と管理に必要なコードの量が削減されます。

AWS IoT Greengrass ML Inference

AWS IoT Greengrass ML Inference は、SageMaker の新機能と統合されています。 これにより機械学習の推論を、コンピューティングやストレージの能力が低い場合でも、より高速に、より多くの種類のデバイスで実行できます。詳細はこちら >

マネジメントとガバナンス


Amazon CloudWatch Logs Insights

Amazon CloudWatch Logs Insights は、完全に統合された、インタラクティブな、使った分だけお支払いいただく、CloudWatch のログ分析サービスです。 CloudWatch Logs Insights を使用すると、ログをすぐに調査、分析し、可視化して、運用上の問題を簡単にトラブルシューティングできます。 詳細はこちら >

AWS Control Tower プレビュー

AWS Control Tower は、安全なマルチアカウント環境をセットアップ、管理する最も簡単な方法です。お客様は、ベストプラクティスの青写真を使って AWS 環境を迅速にセットアップ、設定し、ガードレールで継続的にポリシーを実施し、ダッシュボードで AWS 環境を把握することができます。詳細はこちら >

AWS Well-Architected Partner Program

AWS Well-Architected パートナープログラムは、AWS Partner Network (APN) コンサルティングパートナーをトレーニングし、お客様が AWS Well-Architected フレームワークを活用して優れた設計の習慣を確立し、リスクを排除し、AWS のベストプラクティスと AWS の原則に従うワークロードを設計できるよう支援します。詳細はこちら » 

CloudWatch Application Insights Preview

Amazon CloudWatch Application Insights は、.NET および SQL Server アプリケーションの可観測性を可能する新しいサービスです。 CloudWatch Application Insights は、機械学習に基づくインテリジェントな異常検出を活用して、アプリケーションからキーとなるメトリックとログを検出し、SQL サーバへのメモリプレッシャーといった一般的な問題を突き止めます。詳細はこちら >

AWS Well-Architected Tool

AWS Well-Architected Tool は、ワークロードをレビューし、最新の AWS アーキテクチャのベストプラクティスと比較するのに役立ちます。 このツールは、AWS ソリューションアーキテクチャチームが実施した数万のワークロードレビューで使用されてきた AWS Well-Architected フレームワークに基づいています。 AWS Well-Architected Tool は、5つの柱に沿ったアーキテクチャガイダンスを提供し、アプリケーションのニーズに合わせた設計を実装するのに役立ちます。 詳細はこちら »

AWS Serverless Application Repository

AWS Serverless Application Repository は、ネストされたアプリケーションをサポートするようになりました。 プロジェクトやチーム内で共通のサーバーレスパターンが出現すると、それらをネストされたアプリケーションとして配布してデプロイし、ベストプラクティスを確保しながら新しいアーキテクチャを迅速に開発することができます。 詳細はこちら »

 

Marketplace


AWS Marketplace for Containers

AWS Marketplace for Containers により、お客様は AWS Marketplace と Amazon ECS コンソールでコンテナ製品を見つけることができます。AWS Marketplace for Containers を利用することで、Amazon ECS や Amazon EKS などの Amazon コンテナサービス群にコンテナ製品を簡単にデプロイすることができます。詳細はこちら »

Private Marketplace

Private Marketplace では、AWS Marketplace のサードパーティーソフトウェア製品のカスタムデジタルカタログを作成することができます。Private Marketplace により、管理者は AWS Marketplace の数千のリストから選択し、製品の一覧を作成し、ユーザーが AWS 上で実行したい製品を管理することができます。詳細はこちら »

AWS Marketplace for Machine Learning

Private Marketplace では、AWS Marketplace のサードパーティーソフトウェア製品のカスタムデジタルカタログを作成することができます。Private Marketplace により、管理者は AWS Marketplace の数千のリストから選択し、製品の一覧を作成し、ユーザーが AWS 上で実行したい製品を管理することができます。詳細はこちら >>

メディアサービス


AWS Elemental MediaConnect

AWS Elemental MediaConnect は、信頼性のある、セキュアで、柔軟な高品質のライブ映像の転送サービスです。最新のクラウドベースの動画ワークフローを構築し、安全に映像を共有し、そして AWS のクラウドの内外の送信先に映像を送出します。詳細はこちら »

移行とデータ転送


AWS Transfer for SFTP

AWS Transfer for SFTP は、Amazon S3 と連携したフルマネージドで安全なファイル転送サービスであるため、SFTP インフラストラクチャを実行する必要はありません。必要に応じて、既存の Active Directory、または LDAP 認証システムと統合することで、パートナーやお客様のクライアントアプリケーションやプロセスを中断することなく、ファイル転送ワークフローをシームレスに AWS に移行できます。詳細はこちら »

AWS DataSync

AWS DataSync を使用すると、オープンソースツールと比較して最大 10 倍高速に、 AWS にオンラインでデータを転送できます。DataSync は NFS 経由でオンプレミスのストレージに接続し、移行、データ処理、またはテータ保護用途における Amaszon S3、Amazon EFS へのデータ転送を自動化します。詳細はこちら »

モバイル


AWS Amplify Console

AWS Amplify Console は、クラウドベースのモダン ウェブアプリケーションの継続的なデプロイメントとホスティングを提供します。 モダン ウェブアプリケーションは、ページのリロードをせずにフロントエンド、またはブラウザへのユーザーインターフェイスを提供することにより、ネイティブアプリのような体験を提供します。 フロントエンドは、地理的に分散したコンテンツ配信ネットワーク(CDN)上に静的コンテンツとしてホストされており、低レイテンシーでコンテンツをグローバルに配信できます。 バックエンドはサーバーレスであり、開発者はサーバーを管理せずにコードを書くことに専念できます。Amplify Console は、フロントエンドと(サーバーレスの)バックエンドアップデートを、'git push' ごとの単一ワークフローでデプロイするための簡素化されたワークフローを提供します。詳細はこちら »

ネットワークとコンテンツ配信


AWS Global Accelerator

AWS Global Accelerator は、世界中に利用者がいるようなアプリケーションにおいて、可用性とパフォーマンスを向上するネットワークサービスです。アプリケーションエンドポイントの状態を継続的に監視し、AWS のグローバルネットワークを使って最も近い正常なネットワークのエンドポイントへ経路を変更します。詳細はこちら »

Amazon API Gateway support for WebSocket APIs 近日リリース

Amazon API Gateway は WebSocket API をサポートし、リアルタイム双方向通信アプリケーションを構築できるようになりました。 お客様はサーバーレス API を使用して、ユーザーとバックエンドサービス間の接続やメッセージ転送を処理できるため、チャットアプリケーション、ストリーミングダッシュボードなどを簡単に構築してホストすることができます。

Elastic Fabric Adapter 近日リリース

Elastic Fabric Adapter (EFA) は、Amazon EC2 インスタンス のネットワークインターフェースです。数値流体力学、気象モデル、貯留層シミュレーションといった、高いレベルのノード間通信を必要とするハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプリケーションの実行を可能にします。詳細はこちら »

AWS Transit Gateway

AWS Transit Gateway は、数千におよぶ Amazon VPC、AWS アカウント、オンプレミスのネットワークとの接続を容易に管理します。AWS Transit Gateway は管理をシンプルにし、オペレーションコストを削減します。それぞれのネットワークは、ただ AWS Transit Gateway に接続すればよく、その時点で他のネットワークからも利用できるようになります。詳細はこちら »

AWS App Mesh ベータ版

AWS App mesh を使用することにより、AWS 上のマイクロサービスを簡単に制御、監視することができます。App Mesh は、マイクロサービスのすべての通信を管理し、可視性、トラブルシューティングおよびデプロイを簡素化します。詳細はこちら >

AWS Cloud Map

AWS Cloud Map はお客様のクラウド上の地図です。Cloud Map を使用すると、アプリケーションリソースのカスタム名を定義し、これらの動的に変化するリソースが更新された場所を管理することができます。これにより、ウェブサービスは常にそのリソースの最新の場所を検出するため、アプリケーションの可用性が向上します。詳細はこちら >

ロボティクス


AWS RoboMaker

AWS RoboMaker はインテリジェントロボットアプリケーションの開発、テスト、およびデプロイを容易にするサービスです。 AWS RoboMaker には、インテリジェントなロボティクスアプリケーションをより使いやすくするためのツール、迅速かつ容易なテストのためのフルマネージド型のシミュレーションサービス、ライフサイクル管理のためのデプロイメントサービスがあります。AWS RoboMaker を使うことで、ロボティクス開発環境で生じる各ステップの作業を取り除くことができ、ロボットアプリケーション開発に集中できます。詳細はこちら »

人工衛星


AWS Ground Station プレビュー

AWS Ground Station は、フルマネージド型の Ground Station-as-a-Service (GSaaS) です。このサービスは、衛星通信を制御したり、衛星データを地上局に送出したり、独自の地上局の建設や管理を気にすることなく、容易にコスト効率よく衛星の運用をスケールできます。AWS Ground Station なら、独自の地上局の建設や運用の代わりに、フルマネージド型の Ground Station-as-a-Service を利用することで、コストの80%を削減することができます。もはや長期の契約も不要で、アンテナを使用した分だけ料金を支払い、ビジネスのニーズに合わせてオンデマンドで衛星通信を使用でき、容易にコスト効率よく衛星の運用を素早くスケールします。詳細はこちら »

セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス


AWS Security Hub プレビュー

AWS Security Hub は、優先度の高いセキュリティアラートと AWS アカウントにおけるコンプライアンスの状況を、複数のAWSやパートナーのサービスから得たセキュリティの懸念点を集約し優先順位をつけることで可視化します。双方向型のダッシュボードを用いて、その環境における潜在的な問題また解決する為の初期対応を継続的に監視し、ベストプラクティスと業界標準に適合しているか、コンプラインアンスの確認を自動化することができます。詳細はこちら »

KMS Custom Key Store

AWS Key Management Service (KMS) は、CloudHSM クラスターを使用して専用のシングルテナントカスタムキーストアを作成するオプションを提供します。 これによりお客様は、CloudHSM が提供するコントロールと分離を、統合および AWS 全体の暗号化キーを管理するための KMS の使い易さとともに実現できます。詳細はこちら »

ストレージ


Amazon Elastic File System Infrequent Access 近日リリース

Amazon Elastic File System Infrequent Access は新しいファイルシステムを作成し、ライフサイクル管理を有効にすることで、EFS IA の使用を開始することができます。ライフサイクル管理を有効にすると、EFS は、30日間アクセスされていないファイルを標準ストレージクラスから低頻度アクセスストレージクラスに自動的に移動し、最大 80% の EBS のコストを削減させることができます。詳細はこちら »

S3 Object Lock

Amazon S3 Object Lock は、ユーザーが定義した保持期間中にオブジェクトの削除を制御する新しい S3 の機能です。これにより、データ保護の追加レイヤーとして、または法令順守のために保持ポリシーを適用できます。Retain Until Date 前のオブジェクトをAmazon S3 から削除することを防止するため、オブジェクトに対して write-once-read-many (WORM) 保護を適用するバケットレベルのポリシーを書き込むことが可能です。詳細はこちら »

Amazon S3 Glacier Deep Archive 近日リリース

Amazon S3 Glacier Deep Archive は、新しい Amazon S3 ストレージクラスであり、AWS サービスの中でも最も低いコストで、長期間のデータ保持とデジタル保存のためのセキュアで耐久性のあるオブジェクトストレージを提供します。 S3 Glacier Deep Archive は、稀にしかアクセスする必要のないデータのアーカイブで耐久性のある複製を作成しようとするお客様にとって、理想的なストレージクラスです。詳細はこちら >

Amazon S3 の4つの新機能

Amazon S3 は、Glacier ストレージクラスを使用したアーカイブアプリケーションの構築をさらに容易にするため、別の AWS リージョンの S3 Glacier へのワンクリックデータレプリケーションを有効にすることで、ストレージコストを削減する4つの新機能をサポートしました。S3 PUT から Glacier へのクロスリージョンレプリケーション、 Glacier への S3 クロスリージョンレプリケーション、復元の通知、復元速度のアップグレード。これにより効率的に Glacier をご利用いただくことでコスト削減を実現できます。詳細はこちら »

Amazon FSx for Windows File Server

Amazon FSx for Windows File Server は、最大数千の計算インスタンスからアクセス可能なフルマネージド型のネイティブな Windows ファイルシステムを提供します。Windows Server および SSD ストレージ上に構築することで、Amazon FSx は、Windows ベースのアプリケーションに準拠した互換性、機能、およびパフォーマンスを持つ Windows 共有ファイルストレージを提供します。これにより、Windows ベースのアプリケーションを AWS に簡単に移行できます。詳細はこちら >>

Amazon FSx for Lustre

Amazon FSx for Lustre は、コンピューティング集約型ワークロード向けに最適化され、Amazon S3 と統合された、フルマネージド型のファイルシステムです。 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)や機械学習などのコンピューティング集約型ワークロードの場合、Lustreでは、FSXのスケールとパフォーマンスを、ファイルベースのデータを最大数百ギガバイト/秒のスループット、数百万 IOPS、およびサブミリ秒の待ち時間でレバレッジできます。詳細はこちら>>

AWS Snowball Edge Compute Optimized

AWS Snowball Edge のコンピュート最適化インスタンスが米国東部(バージニア州)、米国西部(オレゴン州)、米国西部(カリフォルニア北部)、GovCloud(米国西部)、およびEU(アイルランド)で利用可能になりました。物理的に過酷な場所やオフラインの場所でコンピューティングを集中的に使用するアプリケーション用に、52の vCPU、208GB のメモリ、7.68TB の NVMe SSD、および 42TB の S3 互換ストレージを提供します。詳細はこちら >>

S3 Batch Operations プレビュー

S3 Batch Operations は Amazon S3 に格納されている数十億のオブジェクトを、単一の API リクエストまたは S3 管理コンソールで数回クリックするだけで簡単に管理できる新しい機能です。S3 オブジェクトの一括処理に必要な API アクションを実行するために、カスタムアプリケーションソフトウェアを作成するために必要な開発時間とリソースを最大 3 か月間節約できます。また、この機能を使用して、数十億(数十億)の S3 オブジェクトのカスタム AWS Lambda 機能を実行して、データの処理やイメージファイルのトランスコードなど、より複雑なタスクを実行することもできます。詳細はこちら »

S3 Intelligent-Tiering (S3 INT)

S3 Intelligent-Tieringは、アクセス・パターンが変化したときに頻繁にアクセスされるアクセスと頻繁にアクセスされないアクセス・ティア間でデータを移動することで、アクセス・パターンが未知または変化するデータに理想的な自動コスト削減を提供します。頻繁にアクセスするために最適化された 1 つの層と、まれなアクセスに最適化された低コスト層の 2 つのアクセス層にオブジェクトを格納し、30 日間連続してアクセスされていないオブジェクトを低頻度のアクセス層に移動します。詳細はこちら »

Amazon EBS Doubles Max Performance of io1 Volumes

Amazon EBS の Provisioned IOPS (io1) のピークパフォーマンスは、32,000 IOPSから64,000 IOPSに、また500Mbpsから1,000MB /秒のスループットを、Nitro システム EC2 インスタンスに接続すると、最大2倍の向上を実現できます。これらのパフォーマンス向上により、大規模なトランザクショナルデータベース、ビッグデータ分析、ログ処理アプリケーションなど、高性能ストレージを必要とするアプリケーションをより簡単に実行します。詳細はこちら »