電力会社におけるカスタマーエンゲージメント

Alexa などの新しいデバイス、Machine Learning などの新しいデータ、それを実現するクラウドベースのコンタクトセンターなどの新しい技術によって、電力会社は顧客をより深く理解し、連携し、サービスを提供できるようになっています。AWS を利用すると、電力会社は大規模で複雑な IoT データセットを取り込むことにより、より効率的でカスタマイズされた費用対効果の高い方法で、何百万もの顧客をサポートできるようになります。サポート担当者は、業者と対話することなく、点検スケジュールの設定や保守の見積り要求などの一般的なタスクを実行できます。電力会社は、グリッドを構成する資産およびコネクテッドホームから抽出されるデータインサイトを活用し、過剰な負荷を最小限に抑えながら状況を管理できます。AWS を使えば、電力会社は、安全かつコンプライアンスに準拠したコスト効率の高い方法で、より優れた拡張性、管理性を実現し、顧客と関わることが可能になります。

動画: AWS re:Invent 2017 : コネクテッドホーム製品でエネルギーの未来を拓く

ユースケース

  • コネクテッドホームデマンドレスポンス
  • コネクテッドホームデマンドレスポンス
  • コネクテッドホームデマンドレスポンス

    大規模電力施設では供給に十分な量を貯蔵できないため、需要に合わせて電力を供給することが何よりも重要になってきます。風力、太陽光、電気自動車などの分散型電源装置は電力の供給が不安定なため、特定の地域で流動的に変化する需要に合わせて電力を供給することはますます複雑になってきています。Amazon ではコネクテッドホームの大規模展開が可能なプログラムを用意しており、電力会社は顧客と直接つながって付加価値サービスとプログラムを提供できるようになります。さらに、IoT を使ってさまざまなスマートホームデバイスを安全に管理して、ユーザーへの影響を最小限に抑えながらエネルギー使用量を最適化することができます。AWS を使うことでピーク対応用の発電所が不要になり、コネクテッドホームとデマンドレスポンスを実現するツールが利用できるようになります。これにより、カスタマーエクスペリエンスを向上させながらコストを削減し、エネルギー効率を高めることができます。詳細はコネクテッドホーム向け IoT にアクセスしてください。 

    product-page-diagram-AWS-for-Power-Utilities_connected-home-demand-response@1.5x

今すぐ始める

電力とエネルギー業界の大手企業はすでに AWS を使っています。当社の専門家にお問い合わせいただき、今すぐ AWS クラウドの導入を開始してください。