Games24x7

Games24x7 は AWS の機械学習でゲームのユーザーエクスペリエンスをパーソナライズ

2020 年

機械学習モデルが主要ビジネスロジックを促進

インドの大手ゲーム会社 Games24x7 は、オンラインでラミーをプレイできる RummyCircle、ファンタジースポーツを楽しめる My11Circle などの主力製品で知られています。この 2 つのゲームはどちらも本物のお金を稼ぐことができます。これらの製品は、プレイヤーのエンゲージメントを高めることで知られています。あらゆるテクノロジーとデータサイエンスを最大限に活用し、プレイヤーのゲームエクスペリエンスが極限までパーソナライズされているためです。さらに同社は、競争が熾烈な米国のカジュアルゲーム市場にも参入し、斬新なゲームで国内外のシェアを伸ばしています。

データは常に Games24x7 の中核です。事業の拡大に応じ、同社はデータ駆動ではなく、「モデル駆動」の企業へとシフトしつつあります。機械学習 (ML) モデルが、事業全体の軸となるビジネスロジックをガイドするのです。「当社では技術スタックを、機械学習モデルを実現する究極のイネーブラーと見なしています。当社の強みは、ユーザーの選択や関心に基づいてゲームエクスペリエンスをカスタマイズできることです」と Games24x7 の最高技術責任者である Sandeep Agarwal 氏は述べています。

SCS のお客様にはリリースを 4 倍早くお届けします
kr_quotemark

「AWS に置いた同一の技術スタックを使えば、ホスト環境を複数の地域で複製できます」

Sandeep Agarwal 氏
Games24x7、最高技術責任者

ビルトインされたスケーラビリティでボトルネックを解消

同社は 2018 年まで、コロケーションのデータセンター内にインフラストラクチャをホストしていました。ところが運用から 1 年、幾度もの急激な拡大が生じて、ユーザーベースが 2 倍以上に膨れ上がりました。同社は、コロケーション環境では処理量の急増に対応できないことを悟りました。コロケーションサービスでは新たなサーバーが必要な場合は事前に連絡する必要があり、これが運用上のネックになっていました。数分から 90 分続く定期ダウンタイムは、システムにとって大きな問題でした。エンジニアも、技術スタックの状態を可視的に把握することが難しかったため、トラブルシューティングを効果的に行うことが困難でした。

顧客中心の文化

Agarwal 氏は、2018 年に Games24x7 に入社した際、アマゾン ウェブ サービス (AWS) のクラウドに移行し、俊敏性を高めることや、Amazon SageMaker などクラウドネイティブの機械学習サービスを活用することを勧めました。自身が AWS を使ったことがあり良さを知っていたこと、AWS が質の高い顧客サービスの提供に注力していることから、同氏は AWS への移行を決めました。「AWS は、おそらく私が知っている中で最も顧客を大切にするクラウドサービスプロバイダーです」と Agarwal 氏は言います。

この顧客中心の姿勢は、同社が AWS クラウドへ移行する際にもはっきり示されました。同社は AWS Enterprise Support を利用しており、エンジニアは、担当の AWS テクニカルアカウントマネージャーの支援のもと、移行の 2 か月前に AWS インフラストラクチャイベント管理のトレーニングを受け移行の計画を立てました。移行は午前 3 時に開始しました。Agarwal 氏は、AWS チームが実際にそのプロセスに立ち会い、一緒に作業したことに感動しました。

視覚化によりシステムの問題を特定して修正

アプリケーションを監視するため、同社では現在 Amazon CloudWatch を使用しています。Amazon CloudWatch はリアルタイムでアラートを通知するため、実際に障害が発生してユーザーエクスペリエンスに支障が出る前に、エンジニアは潜在的なボトルネックを特定して対応できます。Agarwal 氏は移行の日のことを鮮明に覚えています。同氏のチームは、Amazon CloudWatch で管理対象のマイクロサービスのさまざまなメトリクスを注意深く観察し、レイテンシーやパフォーマンスを向上できないか設定を調整していました。

「すばらしい体験でした。エンジニアは皆、この新しい機能に興奮していました。技術スタックの状態を確認できるようになったことは、大きなプラスでした。どんなシステムイベントにもリアルタイムで対応できるようになりました」

オンライントーナメントを 2 倍の規模に

AWS への移行から数か月後、Games24x7 のプラットフォームのスケーラビリティのテストが行われました。同社は、それまでの倍の人数のプレイヤーが参加するオンラインラミートーナメントを開催しました。大幅な増員にもかかわらず、同社の AWS アーキテクチャはダウンタイムなしにシームレスにスケールされました。

移行から 2 年で、Games24x7 のユーザー利用度は 400% 近く伸びました (各ユーザーがプレイするゲームの数と毎日の新規プレイヤー数に基づき測定)。エンジニアは、AWS の担当者と常に連絡を取り合いながら、システムを調整したり耐障害性を高めたりしています。

不正や共謀を防止

ラミーでは本物のお金が使われるため、トーナメントでは監視の目を光らせ不正や共謀を阻止する必要があります。同社では Amazon Neptune のグラフデータベースを使い、2 名のプレイヤーが他の 4 名を共謀して倒そうとしていれば検出します。そのためには、各プレイヤーがログインした際に、データベース内のテーブルをそのプレイヤーに割り当てます。

セキュリティ上の脅威を検出する速度や対応にかかる時間も、AWS クラウドへの移行によって向上しました。Games24x7 は、AWS Shield Advanced を使いアプリケーションの脅威を検出し緩和しています。ここ数か月、エンジニアは複数の国からの攻撃ベクトルの急増をリアルタイムで把握しています。エンジニアは、同社のユーザーベースが国内であることを踏まえて異常をすぐに察知し、AWS Enterprise Support や AWS DDoS レスポンスチームと協力して攻撃を阻止しました。

迅速なイテレーションで新機能をテストする

ゲーム市場は短期間で変遷します。ユーザーは常に次のレベルや新たなチャレンジを求めています。売れるゲームを開発するには、映画製作と同様、理想の案にたどり着くまで何度も試行を繰り返す必要があります。Games24x7 はイテレーションを高速化し、複数のアイデアのテストとふるい落としを行うことを目指しています。

同社のエンジニアは自社の実験用エンジンを使い、新しい機能やゲームを発売前にテストします。その際は Amazon SageMaker を活用し、実験用エンジン内の使い物にならないアイデアを迅速に排除する機械学習モデルを構築し、デプロイします。これは、ユーザーを魅了する新しいレベルやキャラクター、機能を考案する際に役に立ちます。

新たなゲームを四半期ごとに海外市場に投入

Games24x7 は現在、国外のゲームコミュニティの構築に力を注いでいます。同社では、対象ユーザーが居住する AWS のリージョンとアベイラビリティーゾーンを活用し、プレイヤーを飽きさせないために必要となる低レイテンシーを確保する予定です。「AWS に置いた同一の技術スタックを使うことで、ホスト環境を複数の地域で複製できます」と Agarwal 氏は述べています。

お金を稼ぐことのできるスキルベースのゲームの人気は、今後も変わらないことが予想されます。そのため Games24x7 は設立以来、新たなゲームを年に 2 つから 3 つリリースしてきました。極めて堅牢な開発パイプラインを活用し、同社は四半期に 1 製品のペースで新たなゲームをリリースすることを目指しています。実現すれば、業界トップに立てる可能性もあります。


Games24x7 について

Games24x7 は、Bhavin Pandya 氏と Trivikraman Thampy 氏によって 2006 年に設立されたオンラインゲーム会社です。本社をインドに構え、スキルゲーム (Rummy Circle、My11Circle) やカジュアルゲームなどのポートフォリオを展開しています。同社は行動科学、テクノロジー、人工知能などの活用を得意とし、優れたゲーム体験を自社プラットフォームで提供しています。

AWS 導入後の効果

  • 機械学習を使いユーザーエクスペリエンスをパーソナライズ
  • ユーザーベースを 2 年で 400% 拡大
  • 高速なイテレーションで新機能をリリース 
  • プレイ中の不正や共謀を防止
  • システムエラーのトラブルシューティングを可視化
  • マネージドサービスを使い時間を節約

使用されている AWS のサービス

Amazon SageMaker

Amazon SageMaker は、すべてのデベロッパーやデータサイエンティストが機械学習 (ML) モデルを迅速に構築、トレーニング、デプロイできるようにするフルマネージドサービスです。

詳細はこちら »

Amazon Neptune

Amazon Neptune は高速かつ信頼性の高いフルマネージドグラフデータベースサービスです。このサービスでは、高度に接続されたデータセットと連携するアプリケーションを簡単に構築および実行できます。Amazon Neptune の核となるのは、数十億のリレーションシップの保存とミリ秒台のレイテンシーでのグラフのクエリに最適化された、専用の高パフォーマンスグラフデータベースエンジンです。

詳細 »

AWS Shield Advanced

AWS Shield はマネージド型の分散サービス妨害 (DDoS) に対する保護サービスで、AWS で実行しているアプリケーションを保護します。AWS Shield ではアプリケーションのダウンタイムとレイテンシーを最小限に抑える常時稼働の検出と自動インライン緩和策を提供しているため、DDoS 保護のメリットを受けるために AWS サポートに依頼する必要はありません。AWS Shield にはスタンダードとアドバンストの 2 つの階層があります。

詳細はこちら »

AWS Enterprise Support

AWS Enterprise Support は、お客様が成果を達成し、クラウドで成功できるように支援することに注目を置いて、コンシェルジュのようなサービスを提供します。

詳細 »


開始方法

あらゆる業界のさまざまな規模のお客様が、AWS を活用してビジネスを日々変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。