AWS での Media Insights

マルチメディアを処理するアプリケーションを構築するための開発フレームワーク

概要

このソリューションは、機械学習サービスをメディアワークフローに適用するための開発フレームワークです。このソリューションの API は、動画、画像、音声、テキストを処理し、マルチメディアアプリケーションの AWS 機械学習サービスをサポートするアプリケーション向けに設計されています。このソリューションは、ワークフローを管理することにより、堅牢なバックエンドフレームワークの恩恵を受けながら、アプリケーションをより迅速に構築できるようにします。

 

利点

開発時間を削減する

このソリューションは、ワークフローのオーケストレーションとデータの永続性を管理するため、メディアから価値を引き出したり、手動ワークフローを自動化したりするアプリケーションに集中できます。

カスタマイズ

新しいユースケースに合わせてソリューションを拡張およびカスタマイズできます。演算子は、事前に構築された生成されたステートマシンですが、特定のユースケースを処理するように拡張することもできます。

モジュラーフレームワーク

コンポーネントは、クリーンなインターフェイスによって記述されます。演算子は、メディアからメタデータを変換または抽出する小さな単一目的のコンポーネントです。カスタム演算子を定義することも、付属の構築済み演算子を使用することもできます。

技術的な詳細情報

下の図表は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャを示しています。

このデプロイについて
バージョン
5.1.5
リリース
2023 年 11 月
作成者
AWS
予想されるデプロイ時間
10 分
推定コスト
実装ガイドをダウンロード  ソースコード  CloudFormation テンプレート  RSS フィードを購読 
デプロイオプション
開始のステップ
AWS コンソールでこのソリューションを起動し、デプロイする
この AWS ソリューションはお役に立ちましたか?
フィードバックを送る
AWS Media ブログ
Media Insights Engine を使用して AWS でマルチメディアアプリケーションのプロトタイプを迅速に作成する方法

このブログでは、デベロッパーが足場に注力するのではなく、アプリケーションを多大な影響をもたらすものにするための作業に集中できるようにすることを目的とした Media Insights Engine ソリューションについて詳しく見ていきます。 

Media Insights Engine が構築されているモジュラーフレームワーク、およびこのソリューションのユースケースと実用的な適用について学習します。

ブログ投稿の全文を読む