この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

このソリューションは、AWS クラウドで費用対効果の高い画像処理を開始するためのサーバーレスアーキテクチャーを構築します。アーキテクチャは AWS のサービスをオープンソースのイメージ処理ソフトウェアの Sharp と組み合わせており、動的なイメージ操作用に最適化されています。このソリューションでは、動的な画像処理を行うことで、ウェブサイトやモバイルアプリケーションで高品質な画像を維持し、ユーザーエンゲージメントを高めることができます。

関連コンテンツを確認するにはこちらをクリック 

利点

動的コンテンツの配信

お客様のデバイスに応じて、ランタイムに動的な画像を配信します。

コンテンツのモデレーション
空欄

Amazon Rekognition を使用して、不適切な画像を検出してぼかします。

スマートクロップ
空欄

Amazon Rekognition の顔認識機能を使用して画像をクロップします。

インタラクティブなウェブインターフェイス

ユーザーがすでに自分のアカウントにある画像ファイルを使用して、自分の画像ハンドラー API エンドポイントと直接やり取りできるシンプルなウェブインターフェイスをデプロイします。

ローコストストレージ
空欄

バージョン管理が自動化され、複数のバージョンの画像が不要になるため、ストレージコストを削減できます。

AWS ソリューション実装の概要

下図はサーバーレスアーキテクチャを示しています。このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを利用すれば、数分でデプロイできます。

Serverless Image Handler | アーキテクチャ図
 クリックして拡大する

Serverless Image Handler ソリューション実装アーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、次のリソースをデプロイします。

  1. Amazon CloudFront ディストリビューションは、イメージ処理のコストとその後のイメージ配信のレイテンシーを削減するためのキャッシュレイヤーを提供します。CloudFront ドメイン名は、イメージハンドラー API にキャッシュアクセスを提供します。
  2. Amazon API Gateway はエンドポイントリソースを提供し、AWS Lambda 関数を開始します。
  3. Lambda 関数は、お客様の Amazon S3 バケットからイメージを取得し、Sharp を使用してイメージの変更されたバージョンを API Gateway に返します。
  4. お客様が作成した画像保存用の S3 バケットとは別に、ログ保存用のAmazon S3 バケットが必要です。選択した場合、このソリューションは、オプションのデモ UI を保存するための S3 バケットを展開します。
  5. イメージ URL 署名機能を有効にすると、Lambda 関数は既存の AWS Secrets Manager シークレットからシークレット値を取得して、署名を検証します。
  6. スマートクロップまたはコンテンツモデレーション機能を使用する場合、AWS Lambda 関数は Amazon Rekognition を呼び出して画像を分析し、結果を返します。

Serverless Image Handler

バージョン 5.2.0
最終更新日: 2021 年 1 月
作成者: AWS

見積りデプロイ時間: 15 分

コストの見積り  ソースコード  CloudFormation テンプレート 
このソリューション実装の更新を E メールで受け取るには、下のボタンからサインアップしてください。
このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
動画
AWS ソリューションによる解決: Serverless Image Handler
AWS アーキテクチャブログ
Serverless Image Handler を使用した高速かつ費用対効果の高い画像操作
お客様は、現代の企業として、さまざまなデバイスでコンテンツを表示する顧客にコンテンツを提供するために、おそらくウェブベースとモバイルアプリの両方のプラットフォームを持っているでしょう。これは、デバイスに応じて、複数のバージョンの画像を保存する必要があることを意味します。結果として生じる画像管理は、管理に費用と手間がかかる可能性があるため、頭痛の種になる可能性があります。
 
Serverless Image Handler (SIH) は、コンテンツに含まれるあらゆるイメージの単一バージョンを保存し、エンドユーザーのデバイスに基づいて実行時にさまざまなバージョンを動的に配信するために使用する AWS ソリューション実装です。
ブログ投稿の全文を読む 
先頭に戻る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら