中級コース
クラスルーム
バーチャル
3 日間

AWS でのデータベースの計画と設計

データベースを計画および設計するときに AWS のサービスを使用する方法について学ぶ

Database Icon

このコースでは、AWS のリレーショナルデータベースと非リレーショナルデータベースの両方を計画および設計するプロセスについて学習します。ワークロードの要件を利用してデータベース設計の考慮事項を明確にする方法を学び、8 つの AWS データベースサービスの特徴と機能を探ります。コースを修了すると、ワークロードに適した AWS データベースサービスを特定し、要件を満たすようにデータベースを設計できるようになります。

学習目標

  • データベースの概念、データベース管理、およびデータモデリング手法を適用する
  • Amazon EC2 インスタンスでホスティングデータベースを評価する
  • AWS のリレーショナルデータベースサービスとその機能 (Amazon RDS、Amazon Aurora、Amazon Redshift) を評価する
  • AWS の非リレーショナルデータベースサービスとその機能 (Amazon DocumentDB、Amazon DynamoDB、Amazon ElastiCache、Amazon Neptune、Amazon QLDB) を評価する
  • その他

本コースの受講対象

  • データエンジニア
  • ソリューションアーキテクト
  • デベロッパー
  • IT プロフェッショナル

受講に必要となる経験

  • AWS Database Services の知識 (AWS Database Offerings のデジタルトレーニングに相当) 
  • リレーショナルデータベースまたは非リレーショナルデータベースのデータベース設計概念やデータモデリングの理解 
  • クラウドコンピューティングの概念の知識 
  • 一般的なネットワークと暗号化の概念の知識 
  • データの 3 つの V (ボリューム、速度、多様性) の理解

コースの概要

レベル: 中級
種類: クラスルーム (仮想および対面)
長さ: 3 日間

対象言語

このコースは、インドネシア語、英語、日本語、韓国語で受講していただけます。

詳細情報をご希望ですか?

本コースの詳しい内容については、コースの概要をダウンロードしてください。

チームのプライベートトレーニングをお探しですか?

AWS が提供するプライベートトレーニングを使用すると、お客様のチームは、特定のユースケースに合わせて実用的なベストプラクティスを一緒に学習できます。

試験を受けたいと考えていますか?

関連する試験を見つけて、学習を進めましょう。

AWS 認定データベース – 専門知識

試験
170 分