投稿日: Mar 1, 2018

AWS Fargate 起動タイプで実行中のコンテナは、HIPAA 資格の記述とともに、ISO、PCI、SOC 1、SOC 2、および SOC 3 コンプライアンスの基準を満たしています。つまり、AWS Fargate のコンテナワークロードが規制された財務データや保護された健康情報 (PHI) を処理できることを意味します。

AWS Fargate は Amazon ECS のテクノロジーで、サーバーやクラスターを管理することなくコンテナを実行できます。Amazon ECS がコンテナをスケジュールし、Fargate がそれらを実行するのに必要なコンピューティングリソースのプロビジョニングとスケーリングを処理します。

HIPAA およびその他の認証の要件に合わせ、規制および保護されたデータは Fargate で起動されたコンテナによるアクセスを受けるとき転送中または停止中に暗号化しておく必要があります。また、Amazon ECS と Fargate を使用して HIPAA 下で暗号化された Protected Health Information (PHI) を処理するための資格条件を満たすために AWS とともに Business Associate Addendum (BAA) (https://aws.amazon.com/compliance/hipaa-compliance/) を実行する必要があります。

詳細については、サービスコンプライアンスのサイトにアクセスするか、コンプライアンスリソースをご覧ください。AWS Fargate についてさらに詳しい情報をご覧いただけます。

現在 Amazon Fargate は米国東部 (バージニア北部) リージョンでご利用いただけます。AWS のリージョンとサービスの詳細については、こちらを参照してください。