Amazon API Gateway の使用を開始するには、Amazon API Gateway コンソールを使用するのが最も速くて簡単です。Amazon API Gateway コンソールには、API を構築、デプロイ、管理、モニタリングするためのウェブベースのインターフェイスが用意されています。Amazon API Gateway コンソールには、API の作成プロセス全体をガイドする、全面的な UI があります。Amazon API Gateway の API を使用すれば、プログラムによりアクセスすることも可能です。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

Amazon API Gateway の無料利用枠では、最大 12 か月間、1 か月あたり 100 万回の API 呼び出しを利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »


Amazon API Gateway 開発者ガイドには、実践練習によって Amazon API Gateway の使用開始をサポートするチュートリアルが含まれています。

この演習では、Amazon API Gateway を使用してカスタム API を作成し、カスタム API を AWS Lambda 機能のセットに接続し、それらの AWS Lambda 機能を自分の API から呼び出す方法について学びます。

詳細 >>

この演習では、Amazon API Gateway を使用して、カスタム API を REST プロキシ経由で HTTP エンドポイントに接続する方法を学びます。

詳細 >>

 

この演習では、Amazon API Gateway でモデルとマッピングテンプレートを使用して API 呼び出しに対する出力形式を別のものに変換する方法を学びます。

詳細 >>

API Gateway コンソールを使用すると、カスタム API を簡単かつスピーディーに作成できます。シンプルな「Hello World」であれば、次のようなステップになります。

1. Amazon API Gateway コンソールにアクセスします。

2.   既存の REST API を選択するか、API の名前を入力して新規作成します。

3. REST API ツリービューで、[Actions] ボタンから [Create Resource] を選択します。

4. 「cars」のようにリソースの名前を選択します。

5. 新しいリソースが選択された状態で、ボタンをクリックして新しいメソッドを作成し、そのメソッドに関連付けられた HTTP の動詞を選択します(例: GET)。

6.統合タイプを選択し(例: HTTP Proxy)、API Gateway が呼び出す URL を入力します。

7. 変換テンプレートを使用して、リクエストとレスポンスがどのように変換されるかを定義します。あるいは、変換を全く適用せずにリクエストとレスポンスのデータをそのままパススルーさせるデフォルト設定を受け入れます。

8. メソッドのセキュリティ設定を行います。

9. 新しい API をステージにデプロイします。

10. [Stage management] 画面で、キャッシュとスロットリングの設定を行います。

11. Amazon API Gateway コンソールの [Client Platforms] タブでボタンをクリックして、sayHello 動作を呼び出すためのヘルパーメソッドを含む Android、iOS SDK、または Javascript ライブラリをダウンロードします。SDK ライブラリは、ローカルメソッドの呼び出しと類似の方法でお客様の API の呼び出しを行います。クライアント SDK はリトライを自動的に処理し、開発者にネットワークや他の障害状況について知らせます。SDK ライブラリには、クライアントアプリケーションをお客様の API に対して認証するのに必要なロジックが含まれています。

12. ダウンロードされた SDK をお客様のモバイルアプリケーションに統合します。カスタム API を呼び出すコードを作成します。たとえば、iOS アプリケーションでは getCar(int carId) API を次のようにして呼び出します。

–(void)getSampleCar

{

NSString *response = [MyServiceClient getCar:1323];

NSLog( @"Response was [%@]", response );

}

13. アプリケーションを実行します。