無料利用枠

Amazon API Gateway の無料利用枠では、REST API が受信する月間 API コール数 100 万件、および WebSocket API が受信する月間メッセージ数 100 万件と月間接続時間 750,000 分最大 12 か月間ご利用になれます。月間コール数がこの数値を超えると、API Gateway の使用レートで課金されます。

API コール受信数 100 万件 | メッセージ数 100 万件 | 接続時間 750,000 分

/月

これらの無料利用枠は、AWS の新規のお客様のみが対象であり、AWS にサインアップした日から 12 か月間ご利用いただけます。無料使用の有効期限が切れた場合、またはアプリケーションでの使用量が無料利用枠を超えた場合は、従量課金制の標準料金が発生します。

REST API

受信した API コールと、転送データ量に対してのみ料金が発生します。プライベート API のデータ転送に料金は発生しません。ただし、AWS PrivateLink の料金は、API Gateway でプライベート API を使用するときに適用されます。API Gateway にはオプションのデータキャッシュ機能があり、選択するキャッシュサイズに応じて、時間単位で料金が計算されます。REST API に関しては、API Gateway の無料利用枠では、最大 12 か月間、1 か月あたり 100 万回の API コールを利用できます。

WebSocket API

ご請求対象は、受送信したメッセージ数および分単位の接続合計時間となります。送受信できるメッセージのサイズは最大 128 キロバイト (KB) です。メッセージ数の計量は、32 KB 単位とします。たとえば、33 KB のメッセージは 2 件のメッセージとして計算されます。

WebSocket API に関しては、API Gateway の無料利用枠では、月間のメッセージ数 100 万件 (送信または受信) および接続時間 750,000 分が最大 12 か月間ご利用になれます。

追加料金

Amazon API Gateway を他の AWS サービスまたは転送データと共に使われる場合は、追加料金がかかる場合があります。

AWS サービス料金の詳細については、該当する AWS サービスの詳細ページにある料金セクションを参照してください。よく使用されるサービスの料金は以下をご覧ください。

データ転送

外部データ転送を使う場合、EC2 データ転送レートで課金されます

AWS PrivateLink

VPC エンドポイントが各アベイラビリティーゾーンでプロビジョニングされる時間ごとの料金を含みます

AWS Lambda

リクエストと所要時間に対する料金を含む

Amazon CloudWatch

メトリクスとダッシュボードに対する料金を含む

料金の例

エッジ最適化 API とリージョン API

1 か月に 500 万回の API コールを受信し、それぞれの API コールにつき 3 キロバイト (KB) のレスポンスを返す、キャッシュを使用しない Edge Optimized API または Regional API。

下記の例は、アメリカ東部 (オハイオ州ヴァージニア)、アメリカ西部 (オレゴン州) 、アジア太平洋 (ムンバイ)

Amazon API Gateway の料金 = 500 万回 * 3.50 USD/100 万回 = 17.50 USD

データ転送の合計サイズ = 3 KB * 500 万 = 1500   /KB = 14.3 GB

Amazon API Gateway データ転送料金 = 14.3 GB * 0.09 USD = 1.29 USD

Amazon API Gateway 料金の合計 = 17.50 USD + 1.29 USD = 18.79 USD

エッジ最適化 API とリージョン API

1 か月に 150 億回の API コールを受信し、それぞれの API コールにつき 4 キロバイト (KB) のレスポンスを返す、キャッシュを使用しない Edge Optimized API または Regional API。

下記の例は、アメリカ東部 (オハイオ州ヴァージニア)、アメリカ西部 (オレゴン州) 、アジア太平洋 (ムンバイ)

Amazon API Gateway API コール料金 = 333 万回 * 3.50 USD / 100 万回 = 1,165.50 USD

                                                                     667 万回 * 2.80 USD / 100 万回 = 1,867.60 USD

                                                                     140 億回 * 2.38 USD / 100 万回 = 33,320.00 USD

Amazon API Gateway 料金の合計 = 1,165.50 USD + 1,867.60 + 33,320.00 USD = 36,353.10 USD

データ転送の合計サイズ = 4 KB * 150 億 = 57,220.46 GB

Amazon API Gateway データ転送料金 = 57,220.46 GB * 0.09 USD = 5,149.84 USD

Amazon API Gateway 料金の合計 = 36,353.10 + 5,149.84 USD = 41,502.94 USD

プライベート API

500 万回の API コールを受け、それぞれの API コールは 0.3 キロバイト (KB) のリクエストサイズで、3 キロバイト (KB) のレスポンスが返されるプライベート API と、1 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) で 1 か月間 (720 時間) プロビジョニングされる VPC エンドポイント。

以下の例は、米国東部、米国西部 (オレゴン) の料金を反映しています

Amazon API Gateway の料金 = 500 万回 * 3.50 USD/100 万回 = 17.50 USD

Amazon API Gateway 料金の合計 = 17.50 USD

データ転送の合計サイズ (リクエスト + レスポンス) = (3 KB + 0.3 KB) * 500 万回 = 1,650 万/KB = 15.7 GB

VPC エンドポイント料金 = 720 時間 * 0.01/AZ/時間 = 7.20 USD

VPC エンドポイントのデータ処理料金 = 15.7 GB * 0.01/GB = 0.16 USD

Amazon VPC (AWS PrivateLink) 料金の合計 = 7.20 USD + 0.16 USD = 7.36 USD

合計料金 = 17.50 USD + 7.36 USD = 24.86 USD

WebSocket API

チャットアプリケーション: 1000 人のユーザーがチャットアプリケーションに 1 日に 12 時間接続。各ユーザーが毎日メッセージを 100 件送信し、毎日メッセージを 500 件受信。各メッセージのサイズは、3KB とする。

以下の例は、米国東部 (バージニア北部) の料金を反映しています

メッセージングコスト

月間メッセージ数 = (100 (送信) + 500 (受信)) * 1000 (ユーザー) * 30 (日) = 18,000,000

メッセージングコスト合計 = 18,000,000/1,000,000 * $1.00 (100 万件あたり) = 18 USD

接続コスト

月間接続時間 (分) = 1000 (ユーザー) * 12 (時間) * 60 (分) * 30 (日) = 21,600,000

接続コスト合計 = 21,600,000/1,000,000 * 0.25 (100 万分あたり単価) = 5.40 USD

総コスト = 18 USD (メッセージングコスト) + 5.40 USD (接続コスト) = 23.40 USD

キャッシュが必要な料金の例 (米国東部、米国西部、欧州 (アイルランド))

お客様の API のデータに 1.5 GB のキャッシュが必要な場合、1.6 GB のキャッシュを 0.038 USD/時でプロビジョニングできます。

0.038 USD * 24 = 0.912 USD/日

料金に関するその他のリソース

TCO 計算ツール

総所有コスト (TCO) を計算

簡易見積りツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるための追加のリソース