自動デプロイ

App Runner をコードリポジトリまたはコンテナイメージレジストリに接続すると、ソースコードやコンテナイメージを更新したときに App Runner が自動的にアプリケーションをビルドしてデプロイします。

ロードバランシング

App Runner は、トラフィックを自動的にロードバランシングを行い、アプリケーションに高いレベルの信頼性と可用性を提供します。

自動スケーリング

これはデフォルトで有効になっており、App Runner がアプリケーションのニーズに応じてコンテナの数を自動的にスケールアップまたはスケールダウンします。  

ログとメトリクス

App Runner は、ビルド、デプロイ、ランタイムの詳細なログを提供することで、コンテナ化されたアプリケーションのモニタリングと最適化を容易にします。Amazon CloudWatch と統合されるので、コンピューティングメトリクスをひととおり完全に把握することもできます。

証明書管理

App Runner には、特にセットアップは必要とせずにフルマネージド TLS が用意されています。証明書は、有効期限になる前に自動的に更新されます。

コスト管理

コンソール、CLI、または API を使用して、App Runner アプリケーションを簡単に一時停止および再開できます。料金が請求されるのは、サービス実行の分だけです。

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) アクセス

App Runner サービスは、プライベート Amazon VPC で実行されている AWS のサービスと通信できるため、App Runner でアプリケーションのサポートを簡単に追加し、ネットワークアクセスが VPC 内に確実に含まれるようにすることができます。

料金を確認する

AWS App Runner の料金について詳細をご確認ください。

詳細 
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで AWS App Runner を使った構築を始めましょう。

サインイン