Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Cloud Development Kit (CDK) 資料及び QA 公開

先日 (2020/03/03) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Cloud Development Kit (CDK)」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200303 AWS Black Belt Online Seminar AWS Cloud Development Kit (CDK) AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CircleCI などの他社製品との親和性はいかがなものでしょうか? A. 特に外部サービスで使うことの制限はなく、実際に使っていらっしゃるお客様もいらっしゃいます。各種デプロイツールのビルドフェーズで cdk synth までを実施し、デプロイフェーズで cdk deploy を実施することで、AWS上に環境をデプロイするといったことが行われています。 Q. ライフサイクルが異なる複数の Stack を連携する場合は、どのようにするのが良いでしょうか? A. Appの中で異なる Stack として定義していただき、参照が必要なオブジェクトをそれぞれの Stack 間で渡すことで、クロススタックリファレンスによるスタック管理が可能です。デプロイする場合は 「cdk deploy スタック名」のコマンドで指定したスタックだけをデプロイできますので、ライフサイクルが異なる場合でも分けて管理ができます。 Q. Stack 作成時のパラメータを、扱うときに、環境変数とコンテキストなどがあると思いますが、どう使い分けるのが良いでしょうか? A. […]

Read More

AWS Innovate 2020 : 今年もスタート!

今週 2020年3月10日 から開催している「AWS Innovate」をお楽しみいただいていますでしょうか?ライブ配信は視聴していただけましたでしょうか? AWS Innovate はグローバルでも人気のある「クラウド活用のための無償オンラインカンファレンス」です.今回は 2020年3月10日 から 2020年4月17日 までの「計39日間」毎日開催をしており,「計42個のセッション」を何度でも視聴可能です.参加申込みは簡単です!以下の申込みサイトにアクセスをしましょう. AWS Innovate サイト AWS Innovate 申込みサイト(無料)   本記事は AWS テクニカルトレーナーの吉田慶章が担当します.私自身の観点から「AWS Innovate 2020 の見どころ」を3週間連続で紹介していきます.去年から AWS Innovate の紹介記事を書き続けているため,この時期が来ると「またセッション視聴祭りだワッショーイ!」という気持ちになります.過去の AWS Innovate 紹介記事も載せておきますね! AWS Innovate 2019(4月) 今すぐ視聴しよう!AWS Innovate 見どころ紹介 | Amazon Web Services ブログ AWS Innovate 2019(10月) さぁ!AWS Innovate に参加しよう! – Week.1 見どころ紹介 | Amazon Web Services ブログ […]

Read More

サーバーレスハンズオン第3弾 “AI サービスを活用した音声文字起こし&感情分析編” を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年2月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。 本日は、先日 2/21 に公開した新たなサーバーレスハンズオン “AWS Lambda と AWS AI Services を組み合わせて作る音声文字起こし&感情分析パイプライン“ を紹介します。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: “サーバーレス第2弾 AWS SAM 編とオススメ学習方法を紹介します! – Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年1月号   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら AWS サービスについて学んでいただくコンテンツです。名前の通り、初めて AWS サービスをご利用される方向けの内容ですので、学習の最初のステップとしてご活用いただけます。オンデマンド形式での配信となるので、移動時間などのスキマ時間での学習もできますし、分かりにくい部分を巻き戻して何度でもご覧いただくことができます。   [New] サーバーレス第3弾 “AWS Lambda と AWS AI Services […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 3 月)

こんにちは!AWS Webinarチームです。 3 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 3 月は、5 本のWebinarを実施いたします!ぜひお役立てください。 今回は 皆さまから多くリクエストいただきましたセッションや、Black Belt では初のマイクロサービスアーキテクチャについてのセッションも配信予定です。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 3 月のスケジュール AWS Cloud Development Kit (CDK) 2020 年 3 月 3 日 (火) | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ AWS CDK は AWS の環境を管理するコードを一般のプログラミング言語を使って記述できるフレームワークです。このセミナーでは AWS CDK と 他の管理ツール(CloudFormationなど) との位置付け、TypeScript/Python/Java/.NET での実装方法、 実環境での利用 Tipsまで、CDK を活用するための最新情報をまるごとお伝えします。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] オンプレミスとAWS間の冗長化接続 資料及び QA 公開

先日 (2020/02/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「オンプレミスとAWS間の冗長化接続」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200219 AWS Black Belt Online Seminar オンプレミスとAWS間の冗長化接続 AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. リージョンをまたいだ冗長構成(Act/Act、Act/Sby)のベストプラクティスはありますでしょうか? A. 多くの場合、オンプレミス拠点から一番近くにある Direct Connect ロケーションへ接続したほうが、レイテンシーの面で有利になります。そのため、レイテンシーが短い接続を Active、他方を Standby とする方が一般的かと考えます。 一方で、こういったレイテンシーの違いによるアプリケーションへの影響が無い場合、両方の接続で帯域を使い切る事ができるActive-Activeを選択する事も有効です。 どちらの方式を選択するかは、ご利用のアプリケーションの要件からご判断ください。 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 — AWSome Day Online Conference 「AWSome Day Online」は、実際に足を運んでいただく 1 日の AWSome Day の内容を 2.5 時間に凝縮し、AWSの主要サービスや基礎知識をポイントを押さえて紹介いたします。技術的な面だけではなく、AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。 日時: 3 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Next Generation Redshift 資料及び QA 公開

先日 (2020/02/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Next Generation Redshift」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200218 AWS Black Belt Online Seminar Next Generation Redshift AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Concurrency Scalingの1日あたり1時間分の無料クレジットは繰越されるのでしょうか? A. はい、繰り越されます。クレジットはクラスターごとに最大30時間まで累積します。詳細はAmazon Redshift の料金 の「同時実行スケーリングの料金」をご参照ください。 Q. 無料アカウント(期間)にRA3をお試しする事可能ですか? A. いいえ、無料トライアルの2ヶ月間でお試しいただけるのはDC2.largeインスタンスタイプのみとなります。詳細は Amazon Redshift 無料トライアル をご参照ください。 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 — AWSome Day Online Conference 「AWSome Day Online」は、実際に足を運んでいただく 1 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Systems Manager 資料及び QA 公開

先日 (2020/02/12) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「 AWS Systems Manager 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200212 AWS Black Belt Online Seminar AWS Systems Manager AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. SSM Agentを有効化した場合、全てのサービスが利用できるようになるのでしょうか。 RunCommandは利用したいが、Session Managerは利用したくないなどの細かい設定は可能でしょうか? A. Agentを入れただけでは利用できません。利用するにはインスタンスプロファイル(IAM Role)の設定が必要です。IAM Roleにアタッチする IAM Policyにより利用可能なサービスを制限できます。IAM UserまたはIAM RoleのIAM Policyの設定により、アクセス可能な機能を制限することも可能です。 オンプレミスインスタンスの管理については、デフォルトのスタンダード、有料のアドバンスドの2つのティア(Tier)があります。 セッションマネージャーやWindowsアプリケーションのパッチ管理を行う場合はアドバンスドティアをご利用ください。 Q. WorkSpacesでSSMを利用することはできますか? A. ハイブリッド環境としてSSMを利用することは可能ですが、WorkSpacesとして SSMは正式には対応していません。 Q. run commandはOSへの実行、 automation は AWS サービスに対してのみでしょうか? automation は […]

Read More

3 月 4 日(水)に AWSome Day Online Conference を開催いたします

こんにちは! AWS Webinarチームです。 最近暖かくなってきて、地球がカラフルに花開く準備とその躍動を感じる季節が到来ですね! それとともに花粉シーズンももれなくスタートし、花粉症の方はつらい 2-3 か月間になりますね。 そんな花粉にもめげずに、3月の AWSome Day Online Conference 開催のご案内です。約 2.5 時間の本ウェビナーを 3 月 4 日(水)15 時から配信します。 新しくクラウドを始めようと思っている方、クラウドの基礎知識がぼんやりしてしてしまったのでこっそり復習したいと思っている方、どちらの方にもお勧めの内容ですので、ぜひこの機会にご登録・ご視聴ください。 日程:3 月 4 日(水) 時間:15:00 – 17:40 終了予定 費用:無料 ご視聴はこちらからお申込みください。 AWSome Day Online Conferenceとは? 「AWSome Day Online Conference」は、AWS に関する基礎知識を 体系的に学ぶ無償のトレーニングイベントです。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS の主要なサービスを段階的に学ぶことができます。また、AWSに関わる方への基礎知識として、請求、アカウントマネジメント、料金モデル等、実際の導入に向けた内容となっております。 技術的な面だけではなく、これから AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。 セッションは二人の講師による掛け合い形式となっており、飽きることなく、短時間で、そして場所を選ばずに効率的に学習したい方はぜひご活用ください! ご注意事項:本セッションは AWS Innovate Online Conference(2019年 4 月 […]

Read More

2020 年 2 月の AWS オンラインテックトーク

 AWS ソリューションのアーキテクトとエンジニアがご案内する、オンラインライブプレゼンテーションにぜひご参加ください。AWS オンラインテックトークは、幅広いトピックと専門知識レベルを網羅し、技術的詳細、デモ、顧客の例、AWS エキスパートとの Q&A をライブで特集しています。 注 – すべてのセッションは無料です。時間は太平洋時間で表示しています。ライブでの参加が難しい方は、 AWS のオンデマンドポータルで、オンラインセミナーの録画やスライドにアクセスできます。 今月のテックトークを、カテゴリ別でご紹介しましょう。 ブロックチェーン 2020 年 2 月 27 日 | 午前 9:00~午前 10:00 (太平洋時間) – A Customer’s Perspective on Building Enterprise Application with Amazon Managed Blockchain – Workday が考える Amazon Managed Blockchain を使用したエンタープライズアプリケーションの構築。 コンピューティング 2020 年 2 月 20 日 | 午後 1:00~午後 2:00 […]

Read More

Amazon re:MARS の参加登録が始まりました

Amazon re:MARS 2020 は、ネバダ州ラスベガスで 6 月 16〜19 日に開催されます。新しい企画 Developer Day に合わせて早めに到着し、Jeff Bezos や Jon Favreau の講演、さらに機械学習、自動化、ロボット工学、宇宙に特化した Amazon のイベントに参加しましょう。 re:MARS 2020 は、業界のリーダーやビルダーを集めて、Amazon のリーダーやゲストスピーカーによる没入型セッションを行います。さらに、先見の明に満ちたトーク、インタラクティブなワークショップ、技術に関する詳しい解説、円卓会議、実践的なデモ、交流会などもあります。未来を見据えた最新の科学と、現在の組織を変える実用的なアプリケーションを組み合わせています。Amazon の製品チームと関わり、Amazon のテクノロジー製品を深く掘り下げ、他のビルダーと交流することができます。re:MARS ウェブサイトで今すぐ登録しましょう。 2020 の新企画 re:MARS Developer Day 開発者、エンジニア、テクニカルアドバイザーの方々はぜひ事前に登録し、早めに到着して Amazon 製品のリーダーによる詳細な技術コンテンツを逃さないでください。コンファレンスパスに含まれるこの Developer Day では、技術的な基調講演や各トラックでの一連の話題に関する詳細な解説など、Amazon のテクノロジー製品に合わせた技術的なトラックが予定されています。Developer Day のトラックとしては、AWS Machine Learning、AWS RoboMaker、Alexa Skills、デバイスメーカー向け Alexa が予定されています。 機械学習 AWS のリーダーと共に、コンピュータービジョン、言語、リコメンデーション、予測のための事前トレーニング済みの AI サービスについて学びましょう。大規模な機械学習モデルの迅速な構築、トレーニング、デプロイ、あるいは一般的なオープンソースフレームワークをサポートするカスタムモデルの構築なども取り上げます。幅広い種類の製品や、ディープラーニングプロジェクトの始め方などを深く掘り下げて、習熟しましょう。 AWS RoboMaker AWS RoboMaker について、AWS […]

Read More