Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon QuickSight アップデート 資料及び QA 公開

先日 (2020/02/04) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon QuickSight アップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon QuickSight アップデート AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 予め決められた分析手順(項目、パラメーター、フィルタなどの組合せて順)がある場合、データを与えるだけで可視化できる機能があると考えて良いでしょうか?またはAPI/CLI 等で対応する必要があるでしょうか? A. パラメータは、URL に#p.パラメータ名=abc といった形で付与する事が可能であり、パラメータの値をつかってフィルタが可能です。また、ユーザやグループ毎に、パラメータのデフォルト値を設定することも可能です。これにより、ユーザが QuickSight のダッシュボードを見る際、それぞれ個別のパラメータ値でフィルタをする事が可能になります。 Q. QuickSight の利用についてセキュリティ面(ID/PW の漏洩等)を意識したベストプラクティスはありますでしょうか(CloudWatch の活用など)? A. ID 管理の面では、一般論になりますが、組織を異動されたり退職されたりした場合の対応を、人手ではなく自動的に行うのが望ましいと考えられます。つまり、SAML 連携や AD 連携を使っていただき、異動や退職が反映されるディレクトリと連携してシングルサインオンを実現することで、QuickSight 独自のパスワード管理が不要になり、不必要なアクセスを防ぐことが可能になります。 また、監査という意味では CloudTrail をご活用いただくのがよろしいかと思います。CloudTrail では QuickSight 内の活動が記録され、S3 にログが保存されます。 Q. conditional format は […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Forecast 資料及び QA 公開

先日 (2020/01/28) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Forecast」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. よくエンドポイントという言葉を聞くのですが、どういう意味でしょうか? A. エンドポイントは、AWSのサービスまたはAWS上でホストするアプリケーションのエントリーポイントの URL です。 Amazon Forecast で「推論のエンドポイントを作成する」とご説明したのは、「学習したモデルをAWS上でホストし、QueryForecast などのAPIを呼ぶためのエントリーポイントを作成する」という意味となります。 Q. タイムスタンプよりも細かいサンプリングを指定することはカスタムで出来ますか?(1 秒未満の細かいセンサデータなど) A. タイムスタンプの最小単位は秒ですので、秒より細かい単位でサンプリングされたデータには対応していません。もし、秒より細かい単位のデータを扱う場合は、事前に前処理をして頂く必要がございます。 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 — AWSome Day Online Conference 「AWSome Day Online」は、実際に足を運んでいただく 1 日の AWSome Day […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Cost Explorer 資料及び QA 公開

先日 (2020/01/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Cost Explorer」の資料を公開しました。 当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Cost Explorer AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 新しいレポートについて、今は Savings Plans のレポートも作成できるように見えます(3種だけではない) A. ご認識のとおりです。配信中の資料が古い情報となっていましたが、現在は Savings Plans Utilization/Coverage Reportを加えた5種類のレポートを新規に作成できます。 Q. 「RI のフレキシビリティ」と、SavingsPlan の「EC2 Instansce Savings Plans」は、結果的に同じだと考えて良いでしょうか。 A. 同一リージョンのインスタンスファミリー内で割引が適用されるという点では、同じです。しかし、「RI のフレキシビリティ」は「 Linux/UNIX かつデフォルト(共有)テナンシー選択時」のみ適用される制限がございます。SavingsPlan の「EC2 Instansce Savings Plans」では、そのようなプラットフォームとテナンシーの制限がない、という点で異なります。 Q. 時間単位とリソースレベルのアクセス有効化に伴う料金は発生しますか? A. 「1,000 使用量レコード ごとに […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon EventBridge 資料及び QA 公開

先日 (2020/1/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「 Amazon EventBridge 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EventBridge   AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. AWS CLI から test-event-pattern API を呼び出すことでイベントパターンのテストが可能ということですが、この API call は課金されますか? A. test-event-pattern API は無料でご利用いただけます。 Q. イベントバスの所有者自身がイベントを送信する、クロスアカウントに対してポリシーで許可してイベントを送信できるようにする、または、パートナーSaaSでのイベントを送信する、これら以外の方法でイベントバスにイベントを送信できますか? A. 現状はありません。お客様がイベントを送信する場合は、送信先のイベントバスに対するPutEventsの権限を IAM に付与してから送信していただく必要があります。 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 — AWSome Day Online […]

Read More

サーバーレス第2弾 AWS SAM 編とオススメ学習方法を紹介します! – Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年1月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。 本日は、先日 1/27 に新たに公開したサーバーレスの新コンテンツの紹介、AWS Hands-on for Beginners の活用方法の紹介、そして AWS を「広く学ぶ」のにオススメな AWS Innovate についてご案内します。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: “スケーラブルウェブサイト構築編” を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2019年12月号   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら AWS サービスについて学んでいただくコンテンツです。名前の通り、初めて AWS サービスをご利用される方向けの内容ですので、学習の最初のステップとしてご活用いただけます。オンデマンド形式での配信となるので、移動時間などのスキマ時間での学習もできますし、分かりにくい部分を巻き戻して何度でもご覧いただくことができます。   [New] サーバーレス第2弾 “AWS SAM を用いてサーバーレスな環境を自動構築する” 編を公開しました AWS Hands-on for Beginners […]

Read More

2 月 5 日(水)に AWSome Day Online Conference を開催いたします

こんにちは! AWS Webinarチームです。 令和2年最初のAWSome Day Online Conference のご案内です。約 2.5 時間の本ウェビナーを 2 月 5 日(水)15 時から配信開始いたします。 新しくクラウドを始めようと思っている方、年末年始のお休みでクラウドの基礎知識がぼんやりしてしてしまったので復習したいと思っている方、どちらの方にもお勧めの内容ですので、ぜひこの機会にご登録・ご視聴ください。 日程:2 月 5 日(水) 時間:15:00 – 17:40 終了予定 費用:無料 ご視聴はこちらからお申込みください。 AWSome Day Online Conferenceとは? 「AWSome Day Online Conference」は、AWS に関する基礎知識を 体系的に学ぶ無償のトレーニングイベントです。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS の主要なサービスを段階的に学ぶことができます。また、AWSに関わる方への基礎知識として、請求、アカウントマネジメント、料金モデル等、実際の導入に向けた内容となっております。 技術的な面だけではなく、これから AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。 セッションは二人の講師による掛け合い形式となっており、飽きることなく、短時間で、そして場所を選ばずに効率的に学習したい方はぜひご活用ください! ご注意事項:本セッションは AWS Innovate Online Conference(2019年 4 月 / 10 月)にて開催されたものと同じ内容です。見逃した方はこの機会にご視聴ください。 AWS Webinarチーム

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon CloudWatch Container Insights で始めるコンテナモニタリング入門 資料及び QA 公開

昨年 (2019/11/27) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon CloudWatch Container Insights で始めるコンテナモニタリング入門」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 資料P48 のCloudWatch LogsのEKSのロググループ名で以下の通り記載誤りがございました。資料は正しい内容に修正した上で公開いたします。 誤) EKSの場合:/aws/ContainerInsights/< Cluster名>/performance 正) EKSの場合:/aws/containerInsights/< Cluster名>/performance   20191127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudWatch Container Insights で始めるコンテナモニタリング入門 AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Fargateの場合、ECS インスタンスのメトリクスは見れるのでしょうか? A. Fargate 起動タイプにおけるコンテナ実行環境となる仮想マシンは AWS が管理・運用する仕組みとなっているため、お客様の CloudWatch Container Insights 上では仮想マシンレベルのメトリクスは表示されません。 Q. EKSのメトリクスの表示時は、どのような粒度での表示が可能なのでしょうか(ECSの場合はTasks etc. でしたが) A. Amazon […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 1月)

こんにちは!AWS Webinarチームです。 令和 2 年最初の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 2020 年 1 月は、3 本のWebinarを実施いたします!ぜひお役立てください。 今回は Black Belt で初めて取り扱うアジェンダの2本と、2016 年に実施したAWS Cost Exploerの最新版を実施いたします。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 1 月のスケジュール Amazon EventBridge 2020 年 1 月 22 日 (水) | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ Amazon EventBridge は、SaaSアプリケーション、独自のアプリケーションやAWSサービスからのイベントを中継してプッシュ型でタイムリーにさまざまな処理を起動するためのサーバーレスイベントバスです。本セミナーではサービスの概要に始まり、ユースケース、最新のアップデート、他のサービスとの違いなどを網羅的にご紹介します。 対象者 サーバーレスアプリケーション開発に興味がある方 SaaSとAWSの連携を考えている方 本セミナーで学習できること Amazon EventBridgeの概要 ユースケース 最新アップデート情報 […]

Read More

Amazon Managed Blockchain は AWS re:Invent 2019 のセッションおよびワークショップを録画しました

AWS re:Invent は、ユースケースについてお客様により深く学んでいただくとともに、当社がサービスについてフィードバックを受け、新たな機能および性能についての情報を共有できる素晴らしい機会です。Amazon Managed Blockchain チームは、いくつかのセッションおよびワークショップを開催しました。お客様がブロックチェーン技術を活用する方法に焦点を当てるとともに、ブロックチェーンアプリケーションの構築について詳しく説明しました。以下は、録画されたセッションおよびワークショップのチュートリアルへのリンクです。 BLC204 – ブロックチェーンを使用したエンタープライズソリューション: Nestlé、Sony Music、Workday のユースケース ブロックチェーン技術は急速に進化しています。企業向けのブロックチェーンを活用する準備はできていますか? このセッションでは、ブロックチェーンのメリットと企業向けのユースケースについて学びます。また、Amazon Managed Blockchain の責任者である Jonathan Fritz、あるいは Nestlé、Sony Music Entertainment Japan、Workday などのお客様から直接話を聞くこともできます。 セッションビデオ完全版 各社へ直接スキップする場合: Workday Sony Music Nestlé BLC301 – Managed Blockchain の詳細 独自のインフラストラクチャでエンタープライズブロックチェーンアプリケーションを構築することは、多くの場合、費用がかかり、複雑で、時間がかかります。Amazon Managed Blockchain を使用すると、インフラストラクチャを設定および管理する必要がなくなるため、スケーラブルなブロックチェーンアプリケーションを簡単に構築でき、ビジネス向けのアプリケーションの作成に集中できます。このテクニカルセッションでは、Managed Blockchain の機能、API、Hyperledger Fabric SDK、および新しいメンバーを追加してファブリックチャネルに参加する方法について詳しく説明します。また、デモアプリケーションとサンプルコードを使用して、Managed Blockchain でアプリケーションを構築する方法も示します。 セッションビデオ完全版 Workday へ直接スキップ BLC201 – Managed Blockchainを使用して初めてのブロックチェーンアプリケーションを構築する Amazon Managed Blockchain […]

Read More

“スケーラブルウェブサイト構築編” を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2019年12月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。もう今年も残すところあと僅か、いかがお過ごしでしょうか?私は年初に立てたプライベートの目標が全然達成できておらず焦る毎日で、あと1週間で少しでも挽回できるように頑張っていかねば!と考えています。 本日は、先日 12/24 に新たに公開したスケーラブルウェブサイト構築編ハンズオンの紹介を中心に、AWS Hands-on for Beginners のアップデート情報をお届けします。「年末年始で何かプロダクト開発をしたい!」「冬休みに何か新しい技術を学びたい!」という方のお役に立てれば嬉しいです。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: 実際に手を動かして学ぶ!AWS Hands-on for Beginners のご紹介   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら AWS サービスについて学んでいただくコンテンツです。名前の通り、初めて AWS サービスをご利用される方向けの内容ですので、学習の最初のステップとしてご活用いただけます。オンデマンド形式での配信となるので、移動時間などのスキマ時間での学習もできますし、分かりにくい部分を巻き戻して何度でもご覧いただくことができます。   [New] AWS Hands-on for Beginners スケーラブルウェブサイト構築編を公開しました AWS Hands-on for Beginners の第二弾として、スケーラブルなウェブサイトを構築しながら AWS サービスを学ぶ Webiner シリーズの配信を始めました。こちらのシリーズは、テクニカルソリューションアーキテクトの原田が担当しています。コンテンツの前半で、“Webサーバ、データベースともに冗長化がされていない” Web サイトを作成します。その後、この Web […]

Read More