Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] データレイク入門: AWSで様々な規模のデータレイクを分析する効率的な方法 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日 (2018/6/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「データレイク入門: AWSで様々な規模のデータレイクを分析する効率的な方法」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180619 AWS Black Belt Online Seminar データレイク入門: AWSで様々な規模のデータレイクを分析する効率的な方法 from Amazon Web Services Japan PDF Q. RDSからGlueでData Catalogを作成する際、負荷などかかるのでしょうか?分析用にユーザ操作から切り離したほうが良いのか?気にしなくて良いのかを知りたいです。 A. RDS をクロールする際、スキーマ取得のため Connection を使用します。瞬間的な処理にはなりますが、Connection が使用される点に留意いただき、検証の実施と実行タイミングの検討をお願いいたします。 Q. ベストプラクティス 2/5, 3/5 で説明されていた Parquetを使用した場合のメトリクスはRedshift Spectrum ではなく、Athenaを使用している場合に同様の情報を知ることは可能でしょうか。 A. Athena では同様の情報を確認いただくことができません。 以上です。 今後の AWS Black Belt Online Seminar のスケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Cloud9 入門 資料及び QA 公開

先日 (2018/6/13) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Cloud9 入門」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180613 AWS Black Belt Online Seminar AWS Cloud9 入門 from Amazon Web Services Japan PDF Q. Express Setupした環境を後からTeam Setupに変更することはできますか? A. Express Setupで環境を作成したIAMユーザーを任意のIAMグループに登録することでTeam Setupと同様の管理が可能です。 Q. Cloud9はフェデレーションユーザーで利用できますでしょうか? A. はい、利用可能です。AWS Microsoft AD ディレクトリサービスを作成し、オンプレミスのADと信頼関係を結ぶことで、Microsoft ADの機能を利用してマネジメントコンソールへのアクセスとCloud9の利用権限をADのグループやユーザーに簡単に割り当てることができます。こちらのBlogが参考になります。 Q. Cloud9の環境バックアップは必要でしょうか?必要であればバックアップの方法を教えてください A. AWS Cloud9のFileメニューでDownload Projectを選択してtar.gz形式でプロジェクト全体をローカルPC環境へダウンロードすることができます。またEC2インスタンスのスナップショットを取得することもできます。 Q. Cloud9に対応しているブラウザ、対応していないブラウザやバージョンはありますか? A. こちらをご参照ください。 Q. Direct […]

Read More

AWS Service Update 動画 (2018/06/21) が公開されました

AWS Service Update 動画が更新されましたのでお知らせします。今回は一般利用可能となったサービスを含む、約 14 の主要なサービスアップデート情報をお届けしています。また、一般利用可能となりました Amazon Neptune や Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS) の詳細を知りたい方は 7 月のオンラインセミナーもご活用ください。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS で実現するライブ動画配信とリアルタイムチャットのアーキテクチャパターン 資料及び QA 公開

先日 (2018/6/12) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS で実現するライブ動画配信とリアルタイムチャットのアーキテクチャパターン」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS 認定取得に向けて 資料及び QA 公開

先日 (2018/6/6) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS 認定取得に向けて」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180606 AWS Black Belt Online Seminar AWS 認定取得に向けて from Amazon Web Services Japan PDF Q. APNのビジネスプロフェッショナルやテクニカルプロフェッショナルはどの位置づけになりますか? A. eラーニングの内容は、クラウドコンセプトやAWSサービスの基本的なことを学習できる コンテンツです。AWS認定の「クラウドプラクティショナー」の学習コンテンツとして 最適な位置づけであり、AWSとしても強く推奨しています。 Q. アソシエイト新旧の違いを再度フォローしていただけると助かります。 A. 新しいバージョンの「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」は、旧バージョンのリリースから 4 年間のソリューションアーキテクトの変更に対応した、新しい試験ガイドに基づいた試験です。過去数年にわたって開発された、適切に設計されたプログラムを反映しています。詳細につきましては、こちらをご参照ください。 Q. Eメールによる合格通知が来るまでにはどれくらいかかりますか。 A. 通常、試験終了から3日以内にメールでの試験結果が通知されます。ただし、以下 3 試験につきましては、メール内に試験結果の詳細は記載されず、アカウントに試験結果のアップロードが完了した時点(5営業日以内)で通知メールが送信されます。 AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト (新版) AWS 認定クラウドプラクティショナー AWS 認定セキュリティ […]

Read More

2018 年 7 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。マーケティングの鬼形です。7 月の AWS Black Belt オンラインセミナーの配信についてご案内させて頂きます。 !!オンラインセミナーお申し込み方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 【一般提供開始!】Amazon Neptune 2018 年 7 月 3 日 | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ 2018年6月に Amazon Neptune の一般提供が開始されました。この Webinar ではグラフデータベースの概念、および Amazon Neptune の基本的なアーキテクチャーを説明し、どのようなシーンで利用するのか、Amazon Neptune 利用時に押さえておくべきポイントについてご紹介致します。 対象者 グラフデータベースについて知りたい方 既にグラフデータベースを使用されている/検討されている方 本セミナーで学習できること Amazon Neptune の基礎、利用シーン、活用のポイントを学ぶことができます スピーカー 五十嵐 建平 Solutions Architect   【東京リージョン一般提供開始!】Amazon Elastic File System (Amazon EFS) 2018 年 7 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] 失敗例を成功に変える AWS アンチパターン 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 本日 (2018/5/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「失敗例を成功に変える AWS アンチパターン」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More