Amazon Web Services ブログ

Category: Quantum Technologies

Amazon Braket Hybrid Jobs のご紹介 – 量子/古典ハイブリッドアルゴリズムのワークロードを設定およびモニタリングし、効率的に実行する

量子コンピューティングは魅力的です! 端的に言えば、量子コンピューティングは、0 または 1 の値を持つビットの概念を、2 つの異なる (量子) 状態の組み合わせを持つことができる量子ビットに拡張するものです。 2 つの特性により、量子ビットは非常に興味深いものとなっています。 量子ビットの値を見ると、2 つの状態のうち 1 つの状態のみを、その独自の状態がどのように組み合わせられているかに応じて異なる確率とともに確認できます。 ある量子ビットの状態を変えることで、あるいはその値を読み取るだけでも、他の量子ビットの状態を変えることができるように、複数の量子ビットを「つなぐ」(量子もつれと呼ばれます) ことができます。 これらの特性は、量子力学 (原子および亜原子のレベルで自然の物理的性質を説明する物理学の基礎理論) によって説明される低レベルの性質から得られます。幸いなことに、普通のコンピュータを使うのに半導体のエキスパートである必要がないのと同じように、量子コンピューティングを使うのに量子力学の学位は必要ありません。

Read More

大阪大学が主導する量子ソフトウェア研究拠点を AWS が支援

AWS の量子コンピューティングサービスである  Amazon Braket  が発表されて以来、量子技術の基礎を学び、量子コンピューティングの可能性を探索し、ユースケースについてコミュニティの専門家と議論したいというお客様からの声を多く頂いています。 AWS は量子ソフトウェア研究拠点を通じて大阪大学と協力し、企業やアカデミアのお客様へ教育的なコンテンツを提供し、量子技術の潜在的なユースケースを探るお手伝いをしています。 このブログ記事では、AWS が支援している量子ソフトウェア研究拠点など、大阪大学における量子コンピューティングの取り組み概要を紹介します。 2021年9月21日、AWS は量子ソフトウェア研究拠点の量子ソフトウェア勉強会で講義・ハンズオン「Amazon Braket を用いた実機・シミュレータでの開発」 を開催します。 量子ソフトウェア勉強会では、一連の講義を通して量子計算の基礎や量子機械学習、量子化学、数理ファイナンスなどの応用について学ぶことができます。 AWS の講義・ハンズオンには、Amazon Braket で量子コンピュータ実機とシミュレータを使用して量子ゲートとアルゴリズムを実装する方法に関する実践的なワークショップが含まれています。

Read More

PennyLane on Braket + フォールトトレラントな量子コンピューティングに向けた進歩 + テンソルネットワークシミュレータ

昨年、初めて Amazon Braket について書き、量子コンピューティングの使用を開始するように皆さんをご招待しました! そのリリース以降、当社は前進を続け、Amazon Braket にいくつかの重要で強力な新機能を追加しました。 2020 年 8 月 – D-Wave、IonQ、および Rigetti から量子コンピューティングハードウェアへのアクセスを備えた Amazon Braket の一般提供。 2020 年 9 月 – D-Wave の Advantage 量子処理装置 (QPU) へのアクセス。これには、5,000 を超える量子ビットと 15-way 接続が含まれています。 2020 年 11 月 – リソースのタグ付け、AWS PrivateLink、量子ビットの手動割り当てのサポート。最初の 2 つの機能を使用すると、既存の AWS アプリケーションを Amazon Braket で構築した新しいアプリケーションに簡単に接続できます。また、本稼働クラスのクラウドベースの量子コンピューティングアプリケーションの将来像を思い描くのに役立つはずです。最後の機能は、研究者にとって特に興味深いものです。私が理解しているところによれば、量子コンピューティングハードウェアの特定の部分内にある特定の量子ビットは、量子回路の一部として使用される際にそれらがいくらか優れた性能を発揮する可能性のある個別の物理的特性および接続特性を有する可能性があります。詳細については、QPU デバイスでの量子ビットの割り当てで確認できます (これは、コンパイラが頻繁に使用する変数に CPU レジスタを割り当てる方法とある程度類似しています)。 私の最初のブログ記事では、Caltech に隣接する AWS 量子コンピューティングセンターの設立も発表しました。 これを書いている時点では、私たちは、Noisy […]

Read More

エバンジェリストが選ぶ AWS re:Invent 2019 の注目ローンチ Top 5

re:Invent 2019 はかなり前に終わったように感じられるかもしれませんが、私はまだその週に発表されたローンチに高揚感と好奇心を覚えています。それは私だけでしょうか、それとも新しい機能の発表は、私たちが子供の頃に思い描いた未来の SF の世界 (つまり AWS WaveLength 誰ですか?Amazon Braket の話はまだしません) に私たちを近づけてくれるように思いましたか? その未来が、まさにここにあるかもしれません。あなたはそれに対処できますか? もしできるのであれば、次の 5 つの re:Invent 2019 のローンチで最も興奮した理由を説明したいと思います。 [ご注意:親愛なる読者の皆さんへの配慮から、これらの記事には最善の詳細を盛り込むよう努めています。とにかく、勤務時間中にキーボードを枕に眠ってほしくないのです! 悲しいことに、それでは素敵な新しい数々のローンチを共有するだけに私自身が制限してしまうことにもなります。これらすべてについて読みたい場合は、re:Invent 2019 で発表された製品・機能一覧をご覧ください。]   1.Amazon Braket: 量子コンピューティングを調べる なぜこれを選択したのかをご説明します… まず、?タブー?に向き合い、私たちの 99.9% が量子コンピューティングとは何かを本当に理解しているわけではないことを認めましょう。でも、理解したいですね! とても素敵な未来像に思えるからです。では、掘り下げてみましょう… インターネット検索によると、量子コンピュータは、データ操作を実行するために、重ね合わせともつれの量子力学的現象を使用する計算デバイスです。量子コンピューティングの基本原理は、量子プロパティを使用してデータを表し、その上で操作を実行できることです。おもしろい話もあります…あなたのノートパソコンのような「普通の」コンピュータでは、データや情報はビットという名前のものに保存されます。しかし量子コンピュータでは、量子ビットとして保存されます。 量子コンピューティングはまだ初期段階にあります。どこへ向かうか気になりますか? そこでローンチしたのがこちらです。 Amazon Braket は、科学者、研究者、開発者が量子コンピューティングアルゴリズムを簡単に構築、テスト、実行できるようにする新しいサービスです。 面白そうに聞こえますが、これは実際に何を意味するのでしょうか? Amazon Braket が開発環境を提供することで、独自の量子アルゴリズムをゼロから設計したり、事前に構築されたアルゴリズムのセットから選択したりすることができ、それにより動作します。希望するアルゴリズムを選択すると、Amazon Braket はそのアルゴリズムの実装のトラブルシューティングと検証に役立つシミュレーションサービスを提供します。準備が整えば、量子ハードウェアプロバイダー (D-Wave、IonQ、Rigetti など) の 1 つから、実際の量子コンピュータでアルゴリズムを実行することもできます。 早速、始めましょう! Amazon Braket で量子コンピューティングの未来を探求してください! ??ドキュメントのチェックもお忘れなく: aws.amazon.com/braket […]

Read More